ベビ待ちの心構えとは?

ベビ待ちと葉酸との関係とは?

ベビ待ちに摂取しておきたい葉酸って?

ベビ待ちの方は是非とも摂取してもらいたいのが葉酸です。
葉酸の「葉」は緑を連想させます。
それもそのはず、葉酸はほうれん草などに多く含まれる水溶性ビタミンB群の1種です。

葉酸は代謝に深く関わっています。
まず、葉酸が不足すると、たんぱく質のでき方が悪くなり、たんぱく質の新陳代謝がスムーズにいきません。

さらに、現在では葉酸は遺伝情報物質のDNA,RNAを構成する「核酸」の合成に深く関わっていることもわかってきました。
核酸とはベビ待ちのかたには是非覚えてもらいた言葉で、いわば命の源です。
その合成の一役を買って、細胞の生産や再生を助け、体の発達を促す働きをしています。


そのため、細胞を新しく作られる場に葉酸はベビ待ちの間には必要不可欠の栄養素として、私たちが毎日の食事から取るべき必須栄養素の1つに挙げれらます。

特に最近、葉酸はお腹の赤ちゃんの脳や、脊髄の発達に欠かすことができない必須栄養素として、葉酸が世界中で注目されています。


ベビ待ちの間の赤ちゃんはお腹の中で日1日と新しい細胞を作られて成長していくため、元気な赤ちゃんを産むためには十分な量の葉酸をベビ待ちの間に葉酸を摂ることがとても重要です。

葉酸が欠乏すると赤ちゃんに悪影響を及ぼす

ベビ待ちの間に葉酸のもう一つの重要な働きは、ビタミンB12と一緒に赤血球を作ることです。
体内を循環している血液中の赤血球はおおよそ4か月で新しい赤血球と入れ替わっていきますが、葉酸が欠乏すると、この代謝がうまくいかなくなり、巨赤芽球性貧血を引き起こし、赤ちゃんには無脳症や二分脊髄などといった重度の障害になってしまう可能性があります。



ビタミン12は、葉酸の働きを側面から助けていますので、二つを一緒に取ると、より効果が発揮できます。

ベビ待ちの期間中は赤ちゃんのことだけを考えてしまいますが、お腹の赤ちゃんのためだけではなく、生まれた後も、またお母さんの体にとっても葉酸が不足しないようにしなければなりません。

無脳症・二分脊髄とは?どんな病気?

無脳症と葉酸 画像は「Daily Pakistan」より引用

無脳症は脳が欠損したり、発育が不全だったりするもので。その多くが死産か生まれてすぐに死亡してしまいます。
二分脊髄は背骨に穴があき、中に収まっっているはずの脊髄が体表に飛び出してしまう先天性の疾患です。


お母さんの胎内で、赤ちゃんの脊髄は背中のあたりからファスナーを上下に閉じ込めるようにできていますが、これが途中で止まってしまうと上端では無脳症に、また腰の部分では二分脊髄になります。

二分脊髄をもって生まれてくる赤ちゃんは、出生後すぐに手術で体表に飛び出した脊髄を中に収めます。

しかし、歩行や排尿・排便機能に障害が残ることもあります。

日本では2倍以上に増加

神経管閉鎖障害の発生頻度

国内では年間約500人の二分脊髄の赤ちゃんが生まれています。

日本産婦人科医会の調査によると、1980年には1万人あたり2.2人でしたが、現在では4.8人と2倍以上になっているのです。

葉酸を摂取することで、リスクが72%も低くなることが判明

このきっかけになったのが、91年にイギリスなどの7か国33の施設が参加して前方視的に行われた大規模臨床試験で、妊娠前後に葉酸を摂取すると、生まれてくる赤ちゃんが二分脊髄になるリスクが72%も低くなると判明したことでした。


アメリカの調査でも同じ結果が出て、アメリカでは疾病対策センターにて、ベビ待ちや妊婦さんに1日400μgの葉酸を摂るように、勧告したのです。

日本でも厚生労働省がベビ待ちの女性に葉酸を摂取を推奨している

葉酸は日本でも2000年に厚生労働省が、ベビ待ちの女性は、妊娠の1か月前から葉酸をを1日400μg摂取するのが望ましいという呼びかけを自治体や関連団体に対して出しました。


また02年には「母子健康手帳」にも葉酸を摂取することの必要性に関する記述が盛り込まれています。

ただし、成人女性の1日の摂取必要量の基準は200μgのままで、妊娠の有無に関係なく400μgとしている欧米とは大きな隔たりがあります。

食事から葉酸は400μgを摂取するのは不可能?

葉酸には弱点があり、熱に弱く、水に溶けやすいのです。そのため、いろいろな食品を組み合わせて、葉酸をたくさん摂っているつもりでいても、400μgの葉酸を摂取するのが難しいためです。


こうしてみると、食事だけで1日340μg〜440μgの葉酸を摂るのはなかなか難しいな、と感じてしまう女性が多いのではないでしょうか?

実際、食事だけでベビ待ち・妊娠中・授乳後と継続して十分な量の葉酸は摂りずらいのが現実です。

ベビ待ちの方・妊娠初期の方にとって、精神的なリラックスすることが何よりも大切ですから「葉酸をとらなければ」と頑張り過ぎるより、葉酸をサプリを上手に活用するのも1つの方法です。

欧米先進諸国ではこうした対策がとられているのに比べ、日本での政策上での対策は著しく遅れています。
しかし、最近、日本でも新しい取り組みが始まっています。

民間企業が葉酸を強化した食品の開発販売に着手し始めました。

そこでベビ待ちの方に安心して飲めるおすすめの葉酸サプリをご紹介したいと思います。

ベビ待ちの方におすすめの葉酸サプリは?

ベルタ葉酸サプリは、ベビ待ちの方におすすめの葉酸サプリです。


ビタミンやミネラルなどの必要成分のほかにも、コラーゲンなどの美容成分が豊富にふくまれています。 妊娠中の女性にとっては、美容成分が含まれていることはうれしいことですね。

ベルタ葉酸サプリに含まれている成分

ベルタ葉酸サプリには葉酸が400μg含まれています。

400μgは妊婦さんが1日に必要とする摂取量です。

葉酸は食事ではなかなかとりにくい成分でもあるため、厚生労働省は葉酸の摂取を推奨しています。 母子手帳にも葉酸に関することがかかれています。

ベルタ葉酸サプリには、各種ビタミンや多くのミネラル成分が配合されています。
葉酸はビタミンの一種で、ビタミンMまたはビタミンB9ともよばれています。 葉酸の働きをたすける効果のあるビタミンB12や、カルシウムの吸収を高めるビタミンDも含まれています。
ベルタ葉酸サプリには、鉄分やカルシウムが豊富に含まれています。
体に必要なミネラルである鉄分やカルシウムは、女性が不足しがちな栄養素ですが、食事でとろうとするとかなりの量を摂取しなければなりません。
ベルタ葉酸サプリのサプリメント1粒の中には、1日に必要とされている量がつまっています。

ベルタ葉酸サプリには、野菜成分がたっぷりつまっています。
野菜から栄養をとるには、そうとうな量を食べなければならず、野菜だけでお腹がいっぱいになってしまいます。
ベルタ葉酸サプリは女性が不足しがちな野菜成分を補うことができます。
ベルタ葉酸サプリには、美容成分が配合されています。
妊娠中はホルモンバランスの変化により、肌荒れがおこることがあります。


ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分は、妊娠中の女性がきれいで健康的な肌でいることをサポートしてくれます。

ベルタ葉酸に含まれているビタミンB1やビタミンCの効果について

ビタミンB1が慢性的に不足すると脚気がおこることが知られていますが、妊婦さんの場合はつわりなどで嘔吐を繰り返して食事がうまくとれない状況が続くと、急性のビタミンB1不足になることがあります。 症状としては、目の動きがおかしくなったり、運動失調や意識障害がおこることがあります。 サプリメントをとっていれば、ビタミンB1が不足することはありません。 ビタミンB1は水溶性なので、過量に服用しても中毒の心配はありません。 ビタミンCはコラーゲンの働きを助けてくれます。 妊娠中の肌荒れを改善するほかにも、免疫力を高めたりするなど、さまざまな効果があります。 鉄分の吸収を促進する作用があるので、鉄分がはいっているサプリメントであれば吸収効果がさらに高まります。 ビタミンCも水溶性なので、過量に服用しても中毒の心配はありません。

ベビ待ち おすすめ記事