妊娠したいベビ待ちTOWNについて

妊娠

妊娠したいべビ待ちの方・不妊でお悩みの方、赤ちゃんができるように何かしらの努力や工夫をしていますか?

元気で健康な赤ちゃんと、すぐに妊娠できるようになる体を作ることは妊娠したいべビ待ちの方にとってはとても大事です。

私は35歳からベビ待ちで、なかなか赤ちゃんと会うことはできず、不妊治療をしましたが、流産を2回しました。そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

今回は、私が早くするべきだったと後悔していることをベビ待ちTOWNにてべビ待ち中にしておきたい行動や考え方などの情報についてまとめましたので紹介したいと思います。

>>高齢でも自然妊娠したい!その為にやりたいことまとめました >>妊娠したい!と思ったらやるべきこと

絶対に妊娠したい!必ず妊娠できるできる方法

子供を連れて歩く夫婦を横目で見ながら「私達夫婦はなぜ赤ちゃんを授からないのだろう」そんな気持ちで落ち込んでいませんか?

私も遅くの結婚でしたから「妊娠したい」「赤ちゃんが欲しい」そればかりを考えていました。どうすれば、みんなのように赤ちゃんが授かるのか、とにかく手探りの毎日で「赤ちゃんが欲しい」気持ちだけが原動力だったと思います。
35歳からの妊娠はリスクも高いし大変だ、そうは言われてもどうしても赤ちゃんが欲しくて不妊治療も始めました。私と同じ様に不妊治療をしても結果が出ない人や、辛い流産をした人もいると思います。


自分の限界は人が決めるものではない、自分がやれる限りは必ずチャンスは訪れる!絶対に妊娠したいと強い気持ちだけで毎日を過ごしました。

自分が明るく元気でいることが、赤ちゃんを呼び込むはず。不妊治療に2回の流産を乗り越えて2014年12月に妊娠、そして翌年には可愛い女の子を授かりました。このサイトでは、妊娠したいすべての女性の為に私がやってきたすべてを見せていきます。また専門家の先生のコラムも掲載中です。

中には「もうやっている」事もあると思いますが、一度初心に戻って「妊娠したい」を「妊娠できた」にして頂ければと思っています。



\妊娠したい体を作るなら葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
ベビ待ち・妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。


\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ: 葉酸って?という方はこちら

関連ページ: ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ: ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら



絶対に妊娠したい!その為には基礎的な身体作りから始めよう

「えっ?そんな事で良いの?」なんて思わないでください。

妊娠だけでなく、赤ちゃんをお腹で育てて出産する為には何より体力が必要です。

自分では運動もしているし、仕事もバリバリこなして問題ないと思っている人もいると思います。ですが体力だけでなく、妊娠しやすい身体を作るのはとても大切です。簡単な事ですが、以外に出来ていないので先ずは自分を見直しましょう。

妊娠したい!べビ待ち中に大事にしたい3つの行動とは?

べビ待ちの方でいつまで経っても妊娠できない方というのは、おそらく、この卵巣機能の働きや妊娠するためのホルモンなどの分泌量に問題があると思われます。

年齢的な衰えも、もちろんありますが、その他にも、妊娠しにくい体質を日々の生活の中で作ってしまっている可能性もあるため、まずは、1日の生活習慣を見直すところからスタートしてみましょう。

私が実際にやった妊娠したい体作りをいくつかまとめましたので紹介していきます。

>>妊娠したいと思ったらやるべきこと >>高齢でも自然妊娠したい!そのためにやるべきこととは?

基礎体温は毎日チェック

妊娠したいのであれば基礎体温を毎日チェックすることにより、妊娠しやすい体質に近い状態かどうかを見極めることができます。
基礎体温の中で、大事なのが、低温期と高温期がバランスよくやってくること。

一般的に、正常な基礎体温の波形は、生理初日から約2週間は低温期。
この低温期ラストに排卵期があります。

そして、排卵期から約2週間が高温期となり、大体、低温期、排卵期、高温期のサイクルが1ヶ月の中でバランスよく収まり、毎月、同じ日にやってくるのが理想ということになります。

これが、低温期が異常に長い場合や、低温期と高温期のバランスがバラバラだったりすると、生殖機能の働きが低下したり、子宮内膜が冷えたり、排卵障害を起こしたりするなどの、症状が出てくるため、赤ちゃんができにくい体質となってくるのです。
妊娠したい べビ待ちの方は、低温期と高温期をバランスよく保つことが重要です。

冷え性の方は、血行の流れが悪くなっているため、低温期の期間が長いのが特徴ですが、マッサージやお風呂で血の巡りを良くすることもおすすめです。

基礎体温で妊娠しているのか見極める方法 >>妊娠しやすい体をつくるためには?

べビ待ち中は規則正しい生活習慣やストレスを溜め込まない環境を作る

べビ待ちの方には、睡眠不足やストレスを溜め込んでしまう環境も、あまり好ましいものではありません。

女性ホルモンの分泌バランスがバラバラになるため、生理不順や排卵にも影響を与えることになります。 厳密にいうと、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が、不規則な生活やストレスを受けると減少してきます。

>>ストレス解消なら漢方がおすすめ!その理由とは?

エストロゲンは、女性の妊娠・出産はもちろんのこと、自律神経機能や脳の働きまでもをコントロールするホルモンとなりますので、日々、正常に分泌させておく必要性が高いものです。


睡眠不足は、エストロゲンの分泌量が不足する代表的なNG生活習慣で、質の悪い睡眠や眠りが浅い睡眠は、エストロゲンの分泌量を低下させてしまう恐れも。

エストロゲンに代表されるように、女性ホルモンは、女性にしかない機能の働きを高めるものですので、当然、女性ホルモンの分泌が著しく低下すれば、質の良い卵子を作る機能の働きも低下し、妊娠したい体作りの一環の子宮内膜の肥厚も起こらなくなるのです。

質の良い睡眠をとるなら22時~2時までの間が重要

質の良い睡眠を毎日、継続することにより、女性ホルモンの分泌量が安定してきますので、ぜひ、試してください。
ポイントとしては、22時~2時までの間は、メラトニンと呼ばれる質の良い深い眠りを促すホルモンの分泌量が多くなっています。

この時間帯に眠りにつくことにより、女性ホルモンの分泌量も安定してくるため、妊娠したい体にグンと近づけることができるようになります。

また、ストレスも不妊の原因の中では多いパターンに入ります。
脳にある、視床下部が生殖ホルモンの分泌をコントロールしているのですが、この部分がストレスを受けると、生殖ホルモンの分泌バランスが崩れるため、生理周期や排卵機能の働きが低下することになってしまうのです。

生殖ホルモンの分泌が滞ることにより、女性ホルモンの分泌バランスがバラバラになり、生殖機能にも影響を与える形となります。

べビ待ちの期間はパートナーと協力して過ごすことは非常に大事

夫婦class=

上記のストレス対策の話に近いですが、妊娠したいべビ待ちの期間は、女性だけではなく、男性も協力してあげる必要があります。
女性は、妊娠しにくい体に悩むこともあり、これが、ストレスになっていることもあるのです。

このような時に、パートナーである男性は話を聞いてあげるなどの協力をできるだけしてあげましょう。

相談にのってあげることにより、ストレスはかなり軽減され、ホルモンバランスも安定する可能性もあります。

また、不妊で悩むのは、女性だけに限った話ではないので、男性側も、質の良い精子を作るために、規則正しい生活習慣を一緒に実行しましょう。

卵子と精子の質を高めることにより、元気で健康な赤ちゃんを産む可能性は大幅にアップします。
べビ待ちの期間は、夫婦で協力しあうことが大事です。



\妊娠したい体を作るなら葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
ベビ待ち・妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。


\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2014年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形(ダウン症など)を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果
卵子・精子の老化防止

関連ページ: 葉酸って?という方はこちら

関連ページ: ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?



ベビ待ちと葉酸との関係とは?

ベビ待ちに摂取しておきたい葉酸って?

妊娠したい方は是非とも摂取してもらいたいのが葉酸です。
葉酸の「葉」は緑を連想させます。
それもそのはず、葉酸はほうれん草などに多く含まれる水溶性ビタミンB群の1種です。

葉酸は代謝に深く関わっています。
まず、葉酸が不足すると、たんぱく質のでき方が悪くなり、たんぱく質の新陳代謝がスムーズにいきません。

さらに、現在では葉酸は遺伝情報物質のDNA,RNAを構成する「核酸」の合成に深く関わっていることもわかってきました。
核酸とは妊娠したい方には是非覚えてもらいた言葉で、いわば命の源です。
その合成の一役を買って、細胞の生産や再生を助け、体の発達を促す働きをしています。


そのため、細胞を新しく作られる場に葉酸はベビ待ちの間には必要不可欠の栄養素として、私たちが毎日の食事から取るべき必須栄養素の1つに挙げれらます。

特に最近、葉酸はお腹の赤ちゃんの脳や、脊髄の発達に欠かすことができない必須栄養素として、葉酸が世界中で注目されています。


ベビ待ちの間の赤ちゃんはお腹の中で日1日と新しい細胞を作られて成長していくため、元気な赤ちゃんを産むためには十分な量の葉酸をベビ待ちの間に葉酸を摂ることがとても重要です。

葉酸が欠乏すると赤ちゃんに悪影響を及ぼす

ベビ待ちの間に葉酸のもう一つの重要な働きは、ビタミンB12と一緒に赤血球を作ることです。
体内を循環している血液中の赤血球はおおよそ4か月で新しい赤血球と入れ替わっていきますが、葉酸が欠乏すると、この代謝がうまくいかなくなり、巨赤芽球性貧血を引き起こし、赤ちゃんには無脳症や二分脊髄などといった重度の障害になってしまう可能性があります。



ビタミン12は、葉酸の働きを側面から助けていますので、二つを一緒に取ると、より効果が発揮できます。

ベビ待ちの期間中は赤ちゃんのことだけを考えてしまいますが、お腹の赤ちゃんのためだけではなく、生まれた後も、またお母さんの体にとっても葉酸が不足しないようにしなければなりません。

赤ちゃんの先天性リスクを軽減する

平成14年から母子手帳にも葉酸摂取の必要性が記載されています。

葉酸が不足した夫婦では、先天性異常の発症リスクが高く、妊娠前や妊娠初期に葉酸摂取をしていた夫婦ではそのリスクが減少していると臨床報告もあります。脳や脊髄が発達する時期に、葉酸が不足してしまうと発育が出来ずに流産に繋がってしまう事も考えられるのです。
妊娠しやすい身体を作るためにも、妊娠してから赤ちゃんを元気に育てる為にも葉酸はなくてはならないもの。だからこそ、妊娠したいと思ったら葉酸を摂取していきましょう。

無脳症・二分脊髄とは?どんな病気?

無脳症と葉酸 画像は「Daily Pakistan」より引用

無脳症は脳が欠損したり、発育が不全だったりするもので。その多くが死産か生まれてすぐに死亡してしまいます。
二分脊髄は背骨に穴があき、中に収まっっているはずの脊髄が体表に飛び出してしまう先天性の疾患です。


お母さんの胎内で、赤ちゃんの脊髄は背中のあたりからファスナーを上下に閉じ込めるようにできていますが、これが途中で止まってしまうと上端では無脳症に、また腰の部分では二分脊髄になります。

二分脊髄をもって生まれてくる赤ちゃんは、出生後すぐに手術で体表に飛び出した脊髄を中に収めます。

しかし、歩行や排尿・排便機能に障害が残ることもあります。

日本では2倍以上に増加

神経管閉鎖障害の発生頻度

国内では年間約500人の二分脊髄の赤ちゃんが生まれています。

日本産婦人科医会の調査によると、1980年には1万人あたり2.2人でしたが、現在では4.8人と2倍以上になっているのです。

葉酸を摂取することで、リスクが72%も低くなることが判明

このきっかけになったのが、91年にイギリスなどの7か国33の施設が参加して前方視的に行われた大規模臨床試験で、妊娠前後に葉酸を摂取すると、生まれてくる赤ちゃんが二分脊髄になるリスクが72%も低くなると判明したことでした。


アメリカの調査でも同じ結果が出て、アメリカでは疾病対策センターにて、ベビ待ちや妊婦さんに1日400μgの葉酸を摂るように、勧告したのです。

日本でも厚生労働省がベビ待ちの女性に葉酸を摂取を推奨している

葉酸は日本でも2000年に厚生労働省が、ベビ待ちの女性は、妊娠の1か月前から葉酸をを1日400μg摂取するのが望ましいという呼びかけを自治体や関連団体に対して出しました。


また02年には「母子健康手帳」にも葉酸を摂取することの必要性に関する記述が盛り込まれています。

ただし、成人女性の1日の摂取必要量の基準は200μgのままで、妊娠の有無に関係なく400μgとしている欧米とは大きな隔たりがあります。

食事から葉酸は400μgを摂取するのは不可能?

葉酸には弱点があり、熱に弱く、水に溶けやすいのです。そのため、いろいろな食品を組み合わせて、葉酸をたくさん摂っているつもりでいても、400μgの葉酸を摂取するのが難しいためです。


こうしてみると、食事だけで1日340μg〜440μgの葉酸を摂るのはなかなか難しいな、と感じてしまう女性が多いのではないでしょうか?

実際、食事だけでベビ待ち・妊娠中・授乳後と継続して十分な量の葉酸は摂りずらいのが現実です。

ベビ待ちの方・妊娠初期の方にとって、精神的なリラックスすることが何よりも大切ですから「葉酸をとらなければ」と頑張り過ぎるより、葉酸をサプリを上手に活用するのも1つの方法です。

欧米先進諸国ではこうした対策がとられているのに比べ、日本での政策上での対策は著しく遅れています。
しかし、最近、日本でも新しい取り組みが始まっています。

民間企業が葉酸を強化した食品の開発販売に着手し始めました。

そこでベビ待ちの方に安心して飲めるおすすめの葉酸サプリをご紹介したいと思います。

葉酸サプリで妊娠したいを妊娠できたにしよう!

水溶性のビタミンである葉酸は毎日摂取しないと体内から流れていきます。

妊娠初期から必要な葉酸は食事以外に400ugですから、それを補うにはサプリがおすすめ。慌てて飲むよりも「妊娠したい」と考えた時から、葉酸サプリを利用する事で確実に妊娠力を高めることができます。
質の高い葉酸サプリを選ぶ事で、食事では不足する葉酸以外の栄養もしっかりと摂取できます。
夫婦での妊活こそが、妊娠への距離を縮めてくれるもの。妊娠したいと思ったら、今すぐに葉酸サプリを始めましょう。

赤ちゃんの為だけでなく、笑顔が溢れる家族になる為にも欠かせない栄養なのです。

ベビ待ちの方におすすめの葉酸サプリは?

ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリは、ベビ待ちの方におすすめの葉酸サプリです。


ビタミンやミネラルなどの必要成分のほかにも、コラーゲンなどの美容成分が豊富にふくまれています。 妊娠中の女性にとっては、美容成分が含まれていることはうれしいことですね。

ベルタ葉酸サプリに含まれている成分

ベルタ葉酸サプリには葉酸が400μg含まれています。

400μgは妊婦さんが1日に必要とする摂取量です。

葉酸は食事ではなかなかとりにくい成分でもあるため、厚生労働省は葉酸の摂取を推奨しています。 母子手帳にも葉酸に関することがかかれています。

ベルタ葉酸サプリには、各種ビタミンや多くのミネラル成分が配合されています。
葉酸はビタミンの一種で、ビタミンMまたはビタミンB9ともよばれています。 葉酸の働きをたすける効果のあるビタミンB12や、カルシウムの吸収を高めるビタミンDも含まれています。
ベルタ葉酸サプリには、鉄分やカルシウムが豊富に含まれています。
体に必要なミネラルである鉄分やカルシウムは、女性が不足しがちな栄養素ですが、食事でとろうとするとかなりの量を摂取しなければなりません。
ベルタ葉酸サプリのサプリメント1粒の中には、1日に必要とされている量がつまっています。

ベルタ葉酸サプリには、野菜成分がたっぷりつまっています。
野菜から栄養をとるには、そうとうな量を食べなければならず、野菜だけでお腹がいっぱいになってしまいます。
ベルタ葉酸サプリは女性が不足しがちな野菜成分を補うことができます。
ベルタ葉酸サプリには、美容成分が配合されています。
妊娠中はホルモンバランスの変化により、肌荒れがおこることがあります。


ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分は、妊娠中の女性がきれいで健康的な肌でいることをサポートしてくれます。

ベルタ葉酸に含まれているビタミンB1やビタミンCの効果について

ビタミンB1が慢性的に不足すると脚気がおこることが知られていますが、妊婦さんの場合はつわりなどで嘔吐を繰り返して食事がうまくとれない状況が続くと、急性のビタミンB1不足になることがあります。

症状としては、目の動きがおかしくなったり、運動失調や意識障害がおこることがあります。 サプリメントをとっていれば、ビタミンB1が不足することはありません。 ビタミンB1は水溶性なので、過量に服用しても中毒の心配はありません。
ビタミンCはコラーゲンの働きを助けてくれます。
妊娠中の肌荒れを改善するほかにも、免疫力を高めたりするなど、さまざまな効果があります。

鉄分の吸収を促進する作用があるので、鉄分がはいっているサプリメントであれば吸収効果がさらに高まります。
ビタミンCも水溶性なので、過量に服用しても中毒の心配はありません。

妊娠しやすい体質作りに大切な妊活サプリメント

ベビ待ち中は諦めたら終わり

妊娠・出産は女性に生まれたなら、一度は必ず夢を見ること。

ですが多くの女性が望むときに赤ちゃんを授かることなく悩んでいます。

また、妊娠しても、流産されて悲しい経験をする人も多いのです。

「赤ちゃんはまだ?」相手は悪気はなくても、授からない人には傷つく一言でしかありません。私のように、妊娠を望みながら授かる機会に恵まれず、着床しても流産する人もたくさんいます。

でも「諦めたら終わり」なんです。

妊活に大切なのは「頑張る」ではなく「諦めないこと」

自分の身体を愛しみ、健康な赤ちゃんが授かるように作り変える事が大切なのです。

誰もが妊娠できるチャンスがあります。現在悩んでいる方に私(流産を2回し、妊活サプリのおかげ?で2014年に女の子を出産!現30代後半)が実際飲んだ商品を皆さんにも飲んで頂きたい妊活サプリを紹介したいと思います。

妊娠したい方におすすめ記事