年齢別受精確率【まとめ】

年齢別 受精の確率
受精確率は年齢別、自然妊娠とそうでない場合でも異なってきます。

どんな妊娠にしても、受精確率はどう変化していくのかを把握しておく事は妊活の基本です。

芸能人の中でも、35歳を過ぎの妊娠出産をされている事から出産には年齢は関係ないのでは?と思われるようになりました。

ただ、多くの女性は不妊治療での出産である事から、年齢と共に受精確率が低くなっていることも理解できます。
そこで年齢別の受精率について詳しくご説明したいと思います。

受精確率は年齢と共に低下する

ベビ待ち 芸能人

ベビ待ち中・ベビ待ちした芸能人とは?芸能人がベビ待ちを卒業できた理由

妊娠を望む人は、基礎体温から排卵日を特定しタイミングで性交したり、妊活サプリで妊娠力を高めるなどの努力をしているでしょう。

閉経までの期間は生理がれば、誰もが受精する事が可能です。

ところが40歳を越えてしまうと、受精率が一気に下がります。

閉経の平均が50歳とすると、40歳は閉経に向けホルモン分泌がどんどん低下していくので受精率も低くなるのです。

受精確率を上げるには、生殖機能が正常に機能している事、卵子の質が高いくなくてはなりません。

残念ながら、生殖機能の衰えは必ずあるので、20代を境に受精率は低下の傾向にあるので、28~40歳で妊娠を希望するのであれば受精のタイミングだけでなく妊娠力を高める事もやっていかなくてはいけないのです。

28~40歳の年代別受精確率は?

夫婦の健康状態が良好で、妊娠を希望している場合、28~30代の前半までが約30%、35歳で20%、40歳になると5%と年齢が上がるとどんどん確率が低くなります。

これは、卵子の数が高齢になると急激に減少することで、受精しにくくなってしまうからです。

受精しても、染色体異常のリスクが上がり、流産や早産確率が高くなるのは卵子の老化とその卵子自体が減ってしまうことが原因と言われています。

単に受精確率だけを考えれば、排卵日前後の性交で8割なのですが、着床率となるとさらに低くなり受精率の50%です。

ここから受精卵となり妊娠継続する確率は10%前後なので受精しても100%が妊娠出産には繋がらない事が分かります。

この確率からすると、年齢が高くなれば更に妊娠出産までの道程が大変であることも理解していただけるでしょう。


\妊娠したい体を作るなら葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
ベビ待ち・妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

年齢別の受精確率は、人口受精で高く出来る?

体外受精
28~40歳までの受精確率は、それ以前の年齢から見ると高いとは言えません。
中には不妊症や生殖器官に問題があり、治療や人口受精を選択しなくてはならない事もあります。

人工受精はパートナーの精子を、子宮に人工的に戻して受精させる不妊治療の1つです。女性側に問題がなく、男性に問題がある場合に選択されますが人工受精よりも体外受精が増えているのが実情です。

女性の年齢や生殖機能が若いと、受精確率は高くなりますが、子宮や卵巣に問題があったり高齢妊娠となると、受精確率が高くなるとは言えないようです。

体外受精は年齢別の受精確率を高く出来る?

生殖機能が上手く機能していない事で、受精出来ない場合には体外受精が選択されます。

取り出した卵子に精子を受精させ、受精卵となったものを子宮に戻して着床させていくので人口受精より確率は格段に高くなります。

体外受精は子宮外で受精させるので、妊娠確率は20~40%になりますが、病院や年齢別にこの確率も差があり着床確率は半分以下です。
体外受精の確率は、28~30代前半で35%前後、35~40歳になると30%を下回っていきます。

体外受精であっても、卵子の質が良くないと受精率も同様に低くなってしまいます。

受精率の高い顕微鏡受精では年齢別のリスクは軽減できる?

人工受精や体外受精でも、上手くいかない場合には顕微鏡受精となる事があります。

卵子の質が低く受精が出来なくても、卵子に精子を注入していきますので受精率は高くなります。

1つの卵子に1つの精子を、顕微鏡で注入していくので受精卵が出来上がるまでに時間が掛かり高額になるのがデメリットです。受精率は非常に高いので、体外受精でも良い結果がでないのなら検討してみるのも方法です。

自然妊娠以外の受精率は、比較的高いのですが、受精卵が子宮に戻して着床妊娠する確率はやはり年齢で左右されます。

年齢ごとに受精確率アップの為に何をすれば良いの?

受精が上手くいかないのは、卵子や精子の受精力が働いていないとも言えます。
これは、年齢別でも異なり、若いから受精が確実とも限りません。

受精卵は、精子が卵子を突き破り融合して始めて出来上がります。
どちらかに問題があっても、受精は成り立ちません。

この問題には、老化が深く関わっていますが身体年齢だけでなく、生殖器官の年齢が問題であるのも事実です。

40歳以上でも問題なく自然妊娠出来る人がいるように、年齢が若いと生殖器が若いとも言えなくなっています。
生活習慣やストレス、栄養不足だけでなく活性酸素が増えることで、年齢以上に生殖機能が老化している事もあります。

受精率を高くするには、出来るだけ早い時期の妊娠が良いと言われていますが、それだけでなく自分の卵巣や子宮の年齢がどうであるかを確認しておく事も必要ですし、
妊活サプリの利用や生活習慣の改善で妊娠力を培っておくことが必要ではないでしょうか。

妊娠しやすい体質にするための妊活サプリ!ベビ待ちの男女は必ず摂取すべき?

受精確率は年齢別よりも卵巣年齢で決まる?


実年齢が若くても、卵巣年齢が高いと受精確率は低くなります。

卵胞から分泌される、アンチミューラリアンホルモン検査で卵巣機能が働いているかを調べることが出来ます。

今までは、卵胞刺激ホルモンの数値で卵巣機能の働きを調べていましたが、最新の検査の方が、ホルモン値の方が安定して調べられると言われています。

成長している卵胞から分泌されるので、卵子の数を知ることや「着床可能な卵子がどれくらい排卵されるか」予測も出来ます。

数値が高いと卵巣が元気に働いていますが、だからといって卵子の質が高いわけではありません。

卵巣機能が若ければ、受精しやすくはなりますが、質が悪ければ流産にも繋がります。

卵巣機能の若さと卵子の質が良くなってこそ、受精確率がアップが可能なのです。

28~40歳の受精確率を高くするには葉酸サプリ

美的ヌーボ
受精を確実にするには、排卵日の特定が必要です。

きちんとした排卵があれば、受精しやすい時期を確認できますが、その期間に性交したから確実に受精するとは限りません。

精子と卵子が出会っても、お互いの質が低下してしては細胞分裂が働かずに受精卵になることなく生理が始まってしまいます。

確実に受精させるためには、性交のタイミングだけでなく強い卵子を作ることが大切です。

その為には、葉酸サプリをお勧めします。
葉酸は赤血球を作り、造血することで冷えを改善したり貧血の予防にも働きます。

それだけでなく細胞を生まれ変わらせる働きもするので、卵子を常に健康な状態にしてくれます。

弱った細胞を生まれ変わらせる力もあるので、老化していく卵子を健康な状態に保つ事もできるのです。

葉酸は赤ちゃんの成長に欠かせない栄養ですが、それ以前に卵子を健康にして受精しやすいようにしてくれます。

加齢で受精しにくくなる卵子を元気にし、その後の着床にも働きかけ赤ちゃんの成長にも必要な葉酸は、妊活を始めたら摂取を始めていきましょう。28~40歳は、身体が徐々に変化を遂げる世代です。

妊娠を望むのであれば、早くから葉酸を摂取して受精しやすい卵子を作っていきましょう。

天然成分で作られたベルタ葉酸サプリはこちら

受精確率だけに翻弄されない

早くに妊娠した方が受精確率が高くなるとは理解してはいても、経済的な問題や病気ですぐには妊娠を望めない人もいるでしよう。

確かに、年齢別にみると、年々低下はしていきますが、あくまでデーター上の事。自分の妊娠力を少しずつ高くしていくことが赤ちゃんとの出会いを高めてくれるのです。

妊娠しやすい体質作りに大切な妊活サプリメント

ベビ待ち中は諦めたら終わり

妊娠・出産は女性に生まれたなら、一度は必ず夢を見ること。

ですが多くの女性が望むときに赤ちゃんを授かることなく悩んでいます。

また、妊娠しても、流産されて悲しい経験をする人も多いのです。

「赤ちゃんはまだ?」相手は悪気はなくても、授からない人には傷つく一言でしかありません。私のように、妊娠を望みながら授かる機会に恵まれず、着床しても流産する人もたくさんいます。

でも「諦めたら終わり」なんです。

妊活に大切なのは「頑張る」ではなく「諦めないこと」

自分の身体を愛しみ、健康な赤ちゃんが授かるように作り変える事が大切なのです。

誰もが妊娠できるチャンスがあります。現在悩んでいる方に私(流産を2回し、妊活サプリのおかげ?で2014年に女の子を出産!現30代後半)が実際飲んだ商品を皆さんにも飲んで頂きたい妊活サプリを紹介したいと思います。

-->