アンダゴニスト法って?排卵誘発剤の1つ?!

アンダゴニスト法はどう身体に効くの?
不妊治療では卵巣や子宮の状態をチェックするだけでなく、排卵がしっかりできているかもポイントになります。排卵障害がある場合、誘発剤を用い体外受精治療を行うことがあります。この排卵誘発剤の中には、アンダゴニスト法というものがあります。今回はこのアンダゴニスト法について詳しく説明します。

アンダゴニスト法はどう身体に効くの?刺激が強い?

排卵リズムが上手くいかない人や、排卵障害がある人には人工的に排卵を促す方法をとっていきます。

個人の状態により、排卵の刺激をどうするかを決めていきます。
刺激はできるだけ少ない方が良いのですが、受精確率を高めるためには刺激が強いものを選ぶ方向にあります。

アンダゴニスト法は、その中でも効果が高い方法で卵胞が正常に育っているようであれば、アンダゴニスト注射で良い卵子を採卵できます。

卵胞が成熟できない為に排卵が上手くできない人は、このアンダゴニスト法が妊娠に一役かってくれるわけです。
このアンダゴニスト法では、卵胞をしっかり成熟させられることで受精能力の高い卵子を選別する事ができます。排卵日の調節がしやすいことから体外受精で、行われやすい方法なのです。

アンダゴニスト法は誰でも受けられる?

不妊治療で排卵誘発剤を使うためには、ある程度の条件を満たしている事が必要です。誰でも受けられるものではありませんので気をつけましょう。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断された人

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
多嚢胞性卵巣症候群は、卵胞の数が通常よりも多くできてしまうので排卵が起きにくなっています。

このような人は、未熟な卵胞を抑える効果のあるアンダゴニスト法が適応されます。通常は排卵誘発剤を使うと、卵巣が刺激を受け卵胞が急激に成長してしまいますが、アンダゴニスト法は成熟した卵胞のみを排出させるので、多嚢胞性卵巣症候群でも安心して治療方法に取り入れられます。

多嚢胞性卵巣症はサプリで改善する?多嚢胞性卵巣症におすすめなサプリは?

排卵周期が早い人


排卵はできるけれど、早くに排卵し過ぎるために育たない卵胞までもが排出されてしまいます。アンダゴニスト法では、これが抑えられるので排卵が早く起きる人のリズムを整えられます。

他の排卵誘発剤では妊娠できなかった人

排卵誘発剤
排卵誘発剤にはアンダゴニスト法以外に、ロング法とショート法があります。
ロング法は、薬剤の量が多いので年齢が若く卵子の数をたくさん採卵したい場合に行ないます。

ショート法は、薬の投与期間が短く量も少ないので、排卵スケジュールはアンダゴニスト法より取りにくいのですが、通院期間は短くて済むので仕事の都合で通院が難しい人に向いています。

この方法で妊娠が上手く出来なかった場合には、アンダゴニスト法で排卵を促していく方法がとられます。

アンダゴニスト法と他の排卵誘発剤とは違うメリットとは

不妊治療で確実な排卵が起きるするように、排卵誘発剤は有効な治療です。

アンダゴニスト法は効果の持続が長いので、量を少なくでき身体への負担が非常に少ない事がメリットです。

ショートやロング法では点鼻薬で1日3回投与しなくてはいけないために時間を見計らう必要があります。

忙しく時間が取れない人には楽な方法で心身ともにストレスが少ないのが一番のメリットと言えます。
また他の排卵誘発剤よりも卵巣の刺激が少ないので、卵巣に対する負担が軽減できる事もメリットでしょう。

排卵の誘発だけでなく、未熟な卵胞の排卵の抑制もできるので確実に成熟したものだけが採卵できることが受精確率を高めてより妊娠確率を高くできるのが利用されている理由でもあります。

アンダゴニスト法にはリスクは全くない?

どんな人もアンダゴニスト法なら、妊娠確率を高める事ができますが、メリットだけでなく多少のリスクはあります。

アンダゴニスト法は、注射による投薬になるのでショートやロング法のように自宅でとはいきません。
通院だけでなく、1回の投薬の金額が高いために妊娠できるまで回数を重ねると費用がかさんでしまいます。非常に有効であると同時に、高額になる可能性も頭に入れておきましょう。

排卵誘発剤としては、最新の治療として多くの人がこれで妊娠にたどり着いています。

ただ不妊治療としては、従来のショートやロング方法から始めていくことが多く、効果がない場合にアンダゴニスト法に移ります。一度の採卵でより多くの卵子を取り出すことができれば、凍結保存で胚移植を何回も繰り返すこともできます。

体外受精にチャレンジする人で、できるだけ早くに妊娠を希望するのであれば医師としっかりと話し合い、アンダゴニスト法を選択してください。

体外受精の妊娠の成功確率とは?費用以外の体外受精のリスクとは?

体外受精に挑む!体外受精の着床率を上げるにはどうする?

アンダゴニスト法で採卵

体外受精を希望する場合、そのスケジュールに合わせて生理開始の3日目から排卵誘発剤を使用します。

その後は、卵胞の数や大きさを超音波検査で確認しながら卵胞が14mmに確認されたら、今度は排卵を抑えるGnRHアンダゴニスト注射をします。

ここで生理開始から約8日から10日となり卵胞サイズが18mmよりも大きくなれば採卵日を決めていきます。卵胞が採卵できる大きさになると、黄体ホルモン注射で補充をし36時間後に採卵をしていきます。

採卵後も黄体ホルモンの補充の為にhGC注射を続けていかなくてはなりません。採卵した卵子と精子が受精したら、体内に胚移植を行うのが大まかなスケジュールになります。

排卵誘発剤は身体への負担が大きいと言われるので、躊躇する人もいますが心身の負担は比較的少ないので安心できる方法です。この排卵誘発方法では、従来の方法よりも妊娠確率が非常に高いのですが経済的な負担が大きいために、実際に受けている人は多くはありません。

実績のある病院や医師との出会いが大切ですし、アンダゴニスト法だけが排卵誘発剤ではありません。夫婦だけでなく、回りの意見も参考にしながら納得いくまで話し合いをし治療方法を決めていくのも大切です。

高齢妊娠はアンダゴニスト法で妊娠確率アップ


排卵誘発剤は心身の負担が高い為に、20代はロング法、35歳以上の高齢出産となる人はショート法で妊娠率を高めたり負担を減らす基準が定められていました。

近年は、排卵障害を持っている女性が急増している為に一定期間、ショート法やロング法を行い効果がみられない時にはアンダゴニスト法をすすめているようです。

高齢になると、卵胞自体が少ないのでAMHホルモンも反応が低下するので、卵巣に刺激を与える期間が短いアンダゴニスト法をすすめているようです。妊娠確率は、個人や病院により差がでるのでずば抜けて高いわけではありません。

卵胞の数を増やすよりも、しっかりと育てたものを採卵することができるので高齢出産になる女性には、その後の負担も少なくて済む方法だと思います。不妊治療は、時間も掛かるので結果がでないと精神的にもかなりキツいものです。

採卵がしっかりできれば、胚移植の回数も増やすことができるので、妊娠を望む人にはなくてはならない方法です。良質の卵子をアダゴニスト法で採卵できるように、普段から葉酸の摂取は忘れずに行いましょう。

受精の為には、排卵はもちろんですが、卵子の質を高くする事も妊娠には大切な事です。

卵子を若返りさせる方法とは?

アンダゴニスト法で確実に妊娠する為にも、品質がよく安全性の高い葉酸サプリを利用してより良い卵子が出来るようにしていきましょう。
常に医師としっかり話し合いをして家族のサポートを受けて自分にあった方法を選んでください。

妊活中・妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

産婦人科の女医

赤ちゃんの先天性異常には脳の未発達によるものと脊髄の形成が不完全である障害があります。特に脳の形成が上手くいかずに成長すると多くの赤ちゃんが死産になってしまいます。出産しても1週間以内に死亡するケースが多いのです。

葉酸は食事でも摂取されていますが、妊娠すると通常の倍の葉酸を必要とするので半分ぐらいが不足している事になります。脳の先天性異常は妊娠初期の14週のエコーで発見される事が多く、脊髄の奇形は妊娠中期のエコー及び血液検査で判明します。先天性異常の原因は、遺伝や妊娠までのママの生活習慣だけでなく「葉酸不足」が考えられます。

特に葉酸を妊活中から摂取する事により、先天性異常リスクに有効であるとされています。葉酸は赤ちゃんが受精卵から胎児へと成長する為に脳や脊髄の形成にとても大切な働きをしてくれます。妊娠したい女性はサプリを利用して必要な葉酸量を摂取しまし、先天性異常予防をしていきましょう。

失敗しない葉酸サプリの選び方はこちら

-->