高齢で出産すると障害児が生まれる確率ってっどのくらい?

障害児
生理があれば妊娠には年齢はないとも言われますが、やはり高齢出産による障害児の確率は気になるものです。健康な赤ちゃんを出産したくても、時には障害を持ったまま生まれてくる事もあります。高齢出産だから全ての女性が障害児を出産するわけではありません。若い女性よりも、高齢出産の方が確率は確かに高くなりますが、実際には若い女性でも障害児を出産しているのも事実なのです。

障害児とはどんな赤ちゃんの事を言うの?

先天性異常の中でももっとも多いのが、ダウン症です。

このダウン症は染色体異常原因で引き起こされる身体的な異常を言います。

染色体は23本が対になり46本持っているのですが、21本目が3本に増えてしまうと発症します。

心臓疾患や、知能や筋力の低下等がありますが、発症にも個人差があり1つの物事に高い能力を発揮し活躍したり、社会生活を健常者と同じように送っている人もいるのです。

なぜこの様に差がでるのか、はハッキリとは分かってはいませんが先天性異常による障害児は卵子の質の低下によるものではないかとの報告もあります。

高齢出産と障害児の関係性とは?

高齢出産リスクには、先天性異常が真っ先に挙げられますが、ダウン症による知的障害だけでなく自閉症や多動性障害のように赤ちゃんが発達するにつれて、何らかの行動や発達に障害が見られるものをまとめて発達障害と呼びます。

これには先天性異常のものだけでなく、後天性の要因も考えられる為に全てが高齢出産に関わるとは言えません。

高齢出産になると、妊娠力の低下や卵子の問題がピックアップされますが、適齢期の女性からも障害児は生まれているので、卵子だけの問題ではなく喫煙や飲酒、感染症などの色んなリスクが複雑に絡み合う事が原因ではないかと考えられるようになっています。

高年齢と、障害児の出生確率は比例する

高齢出産では障害児が生まれる確率が高いと言われています。
過去のデーターから見ても35歳からは確率が大幅に高くなり、40歳になると100人に1人の確率となります。

45歳を過ぎると、その1/3とどんどん確率が高くなっています。

ママの出産年齢と、障害児の出生確率は比例するように高くなるのです。

障害の確率が高くなる高齢出産となる(35歳以上)のみ


女性の高齢出産は年々増えているために、障害児の出生も過去の2倍になったとも言われています。

女性の卵子の老化だけでなく、男性の精子も老化するためにハイリスクになることも分かっています。その為に、高齢出産を予定する妊婦を対象にした「新出生診断」が日本でも行えるようになりました。

ママの血液から、赤ちゃんの遺伝子情報を検地し先天性異常を調べます。

この検査では、確率だけでなく実際に先天性異常が有るのか無いのかだけでなくダウン症かどうかまでを高い確率で調べられます。

この検査は、障害児確率が高くなる高齢出産となる妊婦(35歳以上)のみが受けられます。

この検査では、染色体異常のみで発達障害等の有無は調べられません。

高齢出産で障害児の確率が高くなれば、妊娠も不安になりますし妊娠の継続が出来るかも考えなくてはいけないかも知れません。

この新出産診断のメリットは、陰性であれば健やかに出産までを過ごすことができ、障害児として生まれてくる赤ちゃんを受け入れる心の準備ができます。

また治療が可能である場合には、早期から治療を受けることで障害児である赤ちゃんを少しでも元気にしてあげることもできるのです。
ただデメリットとして、先天性異常が発見された場合に、出産するかしないかの選択を自らしなくてはならない事もあります。

通常の出生前検査よりも流産の確率はないものの、精度が高いだけに診断されるとショックを隠せないママもいます。高齢出産だから、必ず受けるべきものではありませんし受けられる病院も少ないので、この検査については賛否が分かれています。

高齢出産ではなぜ障害児が生まれる確率が高くなるのか

女性の年齢が高くなると、卵子の老化による質の低下が起こります。生まれてから卵子の数は決まっているので、これを増やす事はできません。

原始卵胞は卵子を作る元になりますが、赤ちゃんの時には既に作られているのです。

毎月の排卵で作られた卵子は減少していき、加齢と共に質も下がっていくのです。

老化した卵子が受精卵となると、上手く細胞分裂が行われずに障害児確率が高くなるのです。

障害児の確率を少しでも低下させるには、高齢出産を避ける事ですが、高齢結婚妊娠するとそうもいきません。

やはり卵子の老化を食い止めて若返らせる事が、障害児の出産確率を低くする事に繋がります。


\卵子の老化を防ぐなら葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
ベビ待ち・妊娠中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

関連ページ:
流産を防ぐには葉酸が必要?

35歳以上の方で出産を控えている方は卵子を若返らせて障害児確率を低くしよう!


高齢出産ともなるとママの年齢が鍵になります。

実際に私も妊活を始めたのが遅かったので、高齢出産による障害児リスクについては神経質でした。

卵子の老化や質の低下は、人にもよるので一概にはいきませんが年々リスクが高くなると気が気ではならないわけです。

1日でも早く妊娠出来れば・・・高齢出産になる女性なら誰もがそう考えますが、焦りは身体にも良くありませんし追い詰めても卵子が若返るわけでもないのです。

年齢が若いと卵子も元気ではありますが、だからといって障害児が生まれないわけでもありません。

卵子は精子のように、新たにには作られないので、日頃から卵子の質の低下を防ぎながら、若返らせる事で障害のない元気な赤ちゃんを預かることができます。
老化が原因なら、卵子をアンチエイジングすれば障害児確率も減ると言うことです。

今では、卵子の若返りも夢ではなくなっていますし障害児確率だけでなく不妊にも卵子の若返りが関係しているのです。

高齢出産なんて怖くない!葉酸が障害児確率を低下させる

49e0d765b264aafe300412895eda742e-300x224
妊活に葉酸はもはや不可欠な栄養として浸透しています。
葉酸を摂取すると、障害児確率を低下させる事が可能で、実際のデーターでも葉酸によりダウン症リスクが減っています。

葉酸を日頃からサプリから摂取する事により、健康な赤ちゃんを授かり出産することができるのです。
高齢だから、障害児確率が高いから妊娠出産を諦めてしまうことは出来ないと思います。

女性の社会進出が増えている中、結婚年齢も高くなれば妊娠出産も当然高くなります。

そんな事で、赤ちゃんを授かりたい気持ちが無くなるものではありませんし、

卵子の若返りにより質を向上すれば障害児確率を少しでも減らせるなら頑張れるはずです。
赤ちゃんの為にも、自分の身体を健康にして出産後も子育てをしっかりとする為にも葉酸は十分に摂取しましょう。

高年齢の出産なら葉酸サプリで卵子の若返りを!

妊娠
葉酸は水溶性のビタミンですから、食事だけで摂取しようとしても不足してしまいます。

1日400ug必要な葉酸を食事で補う事は難しいので、サプリを利用するのが一番です。

私も色んな葉酸サプリを試してきましたが、食事では絶対に完璧とはいかない葉酸だけでなくビタミンやミネラル、カルシウムなどあらゆる栄養をバランス良く摂取出来るのが魅力です。

高齢出産では体力も、若いママより劣りますし卵子の問題だけでなく、代謝低下による冷え性ストレスも強くなります。

色な面で考えても、食事や生活習慣だけでは改善されないものはサプリに頼ることも大切です。

障害児の確率だけでなく、卵子の質の低下は不妊にも繋がります。トータルな事を視野に入れれば、葉酸はサプリで必要な分を摂取する事がどんなに大切であるか分かりますね。

不妊に悩み、諦めきれず高齢出産のリスクも覚悟で私は妊活にすべてを注いできました。

高齢出産だからと諦めなくて良かった、と本当に思っています。

ママがきちんと向き合うことが、赤ちゃんの為でもあるので、確率だけにとらわれずに前向きに妊活を進めましょう。

hr style=”border: 4px solid#fc797c;”>

\卵子の老化を防ぐなら葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
ベビ待ち・妊娠中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

関連ページ:
流産を防ぐには葉酸が必要?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->