流産は掻爬手術は必ず必要?費用・保険適応について

流産は掻爬手術は必ず必要?費用・保険適応について
女性にとって流産するのは、産みの苦しみよりも深刻な問題です。流産にも種類があり、自然に赤ちゃんが流れてしまう事もありますが、ママのお腹に留まっている場合には手術で取り出す必要があります。

不妊治療を行っていると、手術の費用も気になるところ。掻爬手術というものを行うのですが、保険の適応となるのか生命保険は?など気がかりも多いでしょう。今回は掻爬手術やその費用等について詳しく解説していきます。

掻爬手術の必要な流産とは

流産した後は、ママの身体のケアをして次の妊娠に適したように処置をする必要があります。

受精卵が流れたり、未発達な赤ちゃんが自然に流れてしまえば子宮のダメージは少ないのですが、赤ちゃんが死亡したままお腹にいる場合や胎嚢の一部が残されていると、感染症を予防する為にも内容物を除去しなくてはなりません。

掻爬手術は、このように子宮に不必要なものが残された流産の処置をするために行い、次回のチャンスを早く作るためのケア方法です。

不全流産のように一部が流れても、子宮内に絨毛組織が残されていたり稽留流産で赤ちゃんが亡くなったままに取り残されていると、ホルモン分泌が妊娠したままの状態にもなるので、排卵や妊娠ができなくなります。

適切な処置をする事で、次のチャンスをつかめます。辛い事ですが掻爬手術を受けなくてはならないのです。

流産後の処置はすべて掻爬手術しかないの?

子宮を妊娠前の状態にするには、自然に子宮内のものが排出するのを待つ「待機療法」があります。子宮の状態を見ながら、自然に排出できるようであれば、様子を観察していきます。

掻爬手術よりも身体への負担が少ないので、次の妊娠へとスムーズにいきやすいようです。

私の場合は、自然な排出が出来なければ掻爬手術をする予定でしたが、診察後に全てが排出されたので手術は行いませんでした。自然排出が可能にも関わらず、上手く出来ない場合には子宮収縮剤で子宮の内部が流れるようにする事もあります。

流産になった場合掻爬手術以外には方法はないの?

世界的にはWHO(世界保険機構)で安全性の高いと推奨される、吸引方が行われていますが、日本では長くから掻爬手術を行っていたので病院によっても意見が異なり、多くは掻爬手術での処置を行っています。

掻爬手術は入院が必要?

早期流産の場合は、子宮自体がまだ大きくはなっていないために、半日で帰宅できる事もありますが多くの病院では手術自体を午後から行うので、最低でも1日は入院しなくてはならないようです。

周期が進み、12週を越えてしまうと出産と同じ様な処置をしなくてはならなくなるので入院日数も長くなります。

気になる流産の掻爬手術の費用は?

掻爬手術は中絶と同じ処置となりますが、健康保険の適応となるので自己負担は3割ですみます。掻爬手術の費用自体は、3万から5万で検査や通院費用を入れるとおおむね10万程度のようです。

病院によっても、費用に誤差があるので予め確認しておくと良いでしょう。生命保険に入っている人は、医療保険であれば申請すると保険金も支払われますので、こちらは生命保険会社に問い合わせてください。

術後に保険手続きをすれば、健康保険も使えていますから費用はかなり安くなると思います。日帰りになるのか、安静入院になるかで、費用も多少は異なりますが、保険適応の手術ですから経済的には安心できます。

掻爬手術の流れについて

流産兆候があれば、先ずはエコーで胎児の心音を確認します。

出血がある場合にも、子宮内の状態を確認して流産がどこまで進んだかを診断します。子宮の内部が残されていると、待機するか掻爬手術するかを決めますが、感染症リスクの軽減の為に早くに手術がすすめられる事もあります。

流産と診察されて1週間以内に、自然排出ができないと判断されると手術適応として手続きを行います。

麻酔は局部麻酔か全身麻酔

子宮内のものを除去するので、大がかり以外は局部麻酔で行われます。麻酔から手術終了までは約30分程度となるので、かなり早くに処置が完了します。静脈注射で完全に眠って行うこともあるようですが、体質により麻酔の副作用が起きるので注意書にはしっかりと目を通しましょう。

子宮頸部の拡張

内容物を取り出す為に、子宮の入口を拡張しスムーズに掻爬手術が行えるようにしていきます。器具を挿入すると、粘液で自然に膨脹するので危険性もありません。
出産軽減のない人は、この子宮頸管が開きにくいので時間が掛かることがあります。必要となれば、全身麻酔に切り替わる事もあるようです。

掻爬手術開始

鉗子を使い、胎児や絨毛等の内容物を全て取り出します。場合よっては、病理で検査を行うこともあるようですが、これで手術は終了です。手術自体は、簡単なのですが子宮内に器具を入れて掻き出さなくてはならないので子宮を傷つけないように安全に行うためには、医師の腕も確かである必要があります。大きな病院だけでなく、個人病院でも行えますが安全を考えて掻爬手術の病院選びも慎重にしなくてはなりません。

掻爬手術後の流れ

費用や入院期日については、手術前に説明があります。術後に麻酔が切れても、開腹手術のような違和感も少なく生理痛のような鈍痛を感じるようです。痛みが強くて起き上がれないような場合には、鎮痛剤を処方し自力でトイレが出来るようなら退院帰宅が許されます。

自宅での過ごし方や次回の妊娠までの過ごし方

自宅に帰っても、1週間は安静にしなくてはなりません。仕事復帰は、早くて翌日からで当日は身体を休めることが先月です。掻爬手術は、子宮の内部を掃除するので出血と痛みが暫く続きます。

動けなかったり、吐いてしまう程に症状が重い場合には感染症や癒着を起こしている可能性も考えられます。また、ホルモン分泌がすぐには戻りませんから、つわりのように吐き気が続くこともあるようです。

掻爬手術後は、1週間を回復期としているので「どうにも我慢ができない」「日常生活が送れない」ようであれば、迷わずに診察を受けてください。

掻爬手術後は、身体の回復や保険の手続き等でバタバタしてしまいまうので体調もすぐれないものです。出血が治まるまでは、シャワー以外の入浴はできませんので「気晴らしに温泉」などに出掛けないでください。

セックスも子宮の状態が完治してからであったり、感染症を防ぐために避妊を指導されます。流産後には、少しでも早く妊娠したいものですが医師の判断を仰ぎながら計画を立てましょう。

辛い流産を乗り越えて、妊娠を望みたい!掻爬手術後いつから可能?

排卵があれば妊娠する事は出来ますが、子宮の状態が良くなければ流産を繰り返す事になります。人によっては半年間避妊をしなくてはならない事もあるので、経過観察をしながら医師に相談していきましょう。

身体を元気にする為にも葉酸を忘れずに

流産で掻爬手術まで受けるとなれば、肉体的にも精神的にも疲労感でいっぱいです。費用は保険が使えますから、経済的な負担は少ないですが心の傷は早くに癒えないもの。それでも次回の妊娠に向けて、身心共に充実した毎日を送りたいですね。

流産はママだけの問題ではありませんし、できる限りの事を自分がやっていたなら恥じる事もありません。新しい命を、再び宿すために気持ちを新たに過ごしたいもの。その為には、葉酸を毎日摂取して疲れた身体を元気にしてあげましょう。

以前よりもっと元気なママになって赤ちゃんを迎えてあげてください。

-->