子宮内膜症とは?〜放っておくと不妊の原因に?

shikyunaimaku

子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮の内側にある内膜がなんらかの原因で子宮の内側以外の部分にくっついてしまうことが原因で起こります。

子宮の筋層部分や卵巣・直腸・腹腔内、稀におへそや肺にまで、飛び込んで付着し、そこまで増殖してしまう病気です。

子宮内膜症の主な症状

子宮内膜症の症状は、ひどい月経痛、月経の時以外でもお腹が釣れるような痛みや、腰痛、性交痛などです。

通常、子宮内膜は女性ホルモンに反応して、月経の時に出血を起こします。
それと同様に、子宮の内側以外についてしまった内膜組織も出血。
周りの組織と反応をし、激しい痛みの原因になります。

子宮内膜症の症状は、放っておくと症状がますます悪化し、不妊の原因にもなりかねません。

小さな内膜組織でも、細い卵管に付着してしまえば、卵管障害を起こすこともあります。

また、卵巣に血液が貯留する子宮内膜症性嚢胞(チョコレート嚢胞)になることもあります。

宮内膜症性嚢胞(チョコレート嚢胞)とは内膜組織が一方または両側の卵巣内で増殖を繰り返し、出血した血液を普通の月経のように排出しないことから起こる卵巣が大きく腫れてしまう病気です。

卵巣内に溜まった血液がチョコレートのように黒くドロドロとして見えることから、チョコレート嚢胞と呼ばれています。
こうなると卵胞の発達が悪くなったり、薬だけでの治療が困難になり、手術ではないと治りません。

子宮内膜症は20代の若年でもなる

子宮内膜症は近年、20代の女性の間でも増加傾向があります。
不妊で悩む3人に1人が子宮内膜症を抱えている人がいるのでもし、自覚症状があるのであれば、念のため、すぐに婦人科で診断しましょう。

子宮や卵巣に異常があれば腹腔鏡検査を

まずは、内診、超音波検査、血液調査を行い、子宮や卵巣にはれがないかどうかを確かめ診断します。
ここで異常があればさらに腹腔鏡検査、CT、MRIなどを行って正確な診断をします。

腹腔鏡検査では、おへそのすぐ下を5cmほど切開し、そこからガスを送って内視鏡を入れます。

おへその横にも小さな穴を2つ開けて、かんしを使って、子宮や卵巣、卵管などの状態を見ます。
検査の結果、病巣の場所や大きさ、癒着の度合いから軽度が重度かといった症状を確定します。


\妊娠したい体を作るなら葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
ベビ待ち・妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->