不妊原因につながる子宮内膜症と子宮筋腫とは?

女性 腹痛

結婚年齢が近年高くなっているとともに子供を産む年齢が高くなっていることも要因がありますが、現代病とも言ってもいいほど、最近は子宮内膜症と子宮筋腫の女性が増えているようです。

例えば、若い頃から子宮内膜症のサインがあったからずっと放置してしまい、妊娠を希望した時にはひどい状況になっていたということも決して少なくないようです。

結婚して、赤ちゃんを授かりたいと思っている時に合わなくてすむよう早めに治療しておきたい代表格が子宮内膜症と子宮筋腫です。

小さなトラブルでも自己判断は禁物

また、最近は性感染症にかかる若い人が増えていまし。例えば、おりものが多いといった症状を見逃して、治療しなかった結果、卵管が詰まっていざ、赤ちゃんが欲しい時にできない可能性も。
月経困難症や月経過多、貧血などの症状もありがちなトラブルですが、見逃しは禁物です。

どんな小さなトラブルでも、自己判断をせず、いつもと違う症状があったら、婦人科を受診する習慣を身につけましょう。

結婚年齢が上がっているということは、子宮ガンのリスクも視野に入れるに越したことはありません。これからもきちんと意識し、トラブルをみのがさない生活をしていくことは、ベビ待ち・妊娠のためにも欠かせない大切なことです。

こんな症状があったら要注意

子宮内膜症

月経時以外に、下腹部痛や腰痛などを強い痛みを感じる方に子宮内膜症は多く、不妊に悩む人の多くに見られる病気です。

子宮内膜やそれに似た組織が、本来あるべき子宮の内側以外の部位に発生し、増殖する病気です。

体のどこかに子宮内膜が生育している場所があるということは、子宮内腔で起こるのと同様、月経周期に合わせて内膜の増殖と剥離出血を繰り返すことになり、症状が進むと激しい痛みが起こります。

子宮周辺あるいは、子宮筋層内に内膜があれば、月経痛になりますし、腹膜にあれば下腹部の痛みとして感じることもあります。

また、毎月出血を繰り返すことが原因で、その部位が炎症が起きたり、組織間の癒着を起こすこともあり、月経時以外にも月経時のような下腹部痛や腰痛、排卵痛なども感じることもあります。

子宮内膜症にかかる人は年々増加傾向にあり、晩婚化や少子化、初経年齢の若年化などにより、一人の女性が経験する月経回数が増加している一因になっていると言われています。

子宮筋腫

月経量が多く、頻尿や便秘が伴うなら子宮筋腫かも!?
子宮の筋層の中でできた筋腫の芽が女性ホルモンの影響で大きくなった女性の腫瘍のこともいい、近年では20代前半の若い女性にも発見される例が増えています。

これは初経年齢の若年化や、性成熟の低年齢化が一因であることが考えられていますが、子宮筋腫は成人女性の10人中2〜4人にあると言われているほど、ありふれた病気です。

< 筋腫は正常な筋層を押しのけながら、時間をかけて少しずつ成長し、顕微鏡でやっても確認できるほどのものから、数十cmのものまでありますが、多くの場合、自覚症状がないため婦人科の検診時や妊婦検診の時に偶然見つかることがほとんどです。 子宮筋腫の症状で最も多いのは月経の変化で、特に量が増えます。
経血量が増えることで貧血になったり、筋腫が成長すると、膀胱や直腸が圧迫され、頻尿や便秘になることもあります。

まとめ

ベビ待ちの間に子宮内膜症と子宮筋腫のことを知り、婦人科で受診するようにしましょう。
またこの病気は不妊の原因になる可能性があるので十分気をつけることが重要です。

h2 class=”post-title”>妊娠しやすい体質作りに大切な妊活サプリメント

ベビ待ち中は諦めたら終わり

妊娠・出産は女性に生まれたなら、一度は必ず夢を見ること。

ですが多くの女性が望むときに赤ちゃんを授かることなく悩んでいます。

また、妊娠しても、流産されて悲しい経験をする人も多いのです。

「赤ちゃんはまだ?」相手は悪気はなくても、授からない人には傷つく一言でしかありません。私のように、妊娠を望みながら授かる機会に恵まれず、着床しても流産する人もたくさんいます。

でも「諦めたら終わり」なんです。

妊活に大切なのは「頑張る」ではなく「諦めないこと」

自分の身体を愛しみ、健康な赤ちゃんが授かるように作り変える事が大切なのです。

誰もが妊娠できるチャンスがあります。現在悩んでいる方に私(流産を2回し、妊活サプリのおかげ?で2014年に女の子を出産!現30代後半)が実際飲んだ商品を皆さんにも飲んで頂きたい妊活サプリを紹介したいと思います。

-->