ベビ待ち中・ベビ待ちした芸能人とは?芸能人がベビ待ちを卒業できた理由

ベビ待ち 芸能人
ベビ待ちした芸能人や有名人はどんな不妊対策をしてたか気になる!

同じ女性として、ママブログでも人気のタレントや有名人。中には不妊に苦しみ長くベビ待ちしていた人もたくさんいます。海外では体外受精を含めて多くの女性がベビ待ちを体験している事もご存知でしょう。

日本ではまだまだ不妊治療や、体外受精に代理母等の法的なものがしっかりと受け止められていないことや、費用の面でも高額な治療の為に不妊治療にはまだ問題はたくさんあります。

芸能人も同じベビ待ちをした女性であり、辛い時期を乗り越えてきた先輩です。

不妊治療を乗り越えた芸能人

宇多田ヒカル・大島美幸・矢沢心・東尾理子・釈由美子・後藤真希・はしのえみ・永作博美・エドはるみ・松たか子・大黒摩季・井岡弘樹・ジャガー横田・インリンオブジョイトイさんなどたくさんの芸能人の方がベビ待ちでした。

今回は不妊治療を乗り越えた・ベビ待ちを卒業した芸能人をピックアップして紹介しましょう。

ベビ待ちした芸能人① 東尾理子さん


東尾理子さんは、元西武ライオンズで活躍した東尾監督の娘で石田純一さんと結婚された、元プロゴルファー。

高齢出産でも、健康な赤ちゃんを産むことができると言うことを、証明してくれました。

東尾理子さんは不妊治療をかなり長い間やっていたようで、心ない人からは『金があるから』『芸能人だから』とかなり叩かれていました。

晩婚であったことや、石田純一さんの再婚であったことで回りからかなりプレッシャーを受けていたようですし、精神的なストレスからベビ待ち期間もかなり長く不妊治療を始めたのではないでしょうか。

東尾さんの場合は、ありとあらゆる不妊治療にチャレンジしたそうで、病院で検査を受けては何度も辛い思いをしたようです。

結婚して直ぐに『タイミング療法』を試したそうですが、妊娠の兆候がまったくなく排卵誘発剤で妊娠率を高めていきました。
このタイミング療法は、女性の排卵機能が正常であることや子宮に問題がなく精子が子宮頸菅に入り込める状態である事が条件です。

全ての条件がそろわないと、誘発剤を使っても自然な妊娠が難しいと言われていますし、誘発剤を使うと排卵が促され、質のよい卵子が育てられますが、人工的に排卵を誘発する為に卵巣が耐えきれずに腫れてしまい酷い腹痛を起こすこともあります。

不妊治療は回りが簡単に言うほど楽なものではありません。

辛くて苦しい思いを何度も繰り返すので身も心もボロボロです。無事に2012年に男子を出産され、2015年8月には二人目を妊娠した事がニュースになりました。

東尾理子さん愛用のサプリはこれ!

美的ヌーボ
自信のブログでも紹介されていますが、東尾さんは『美的ヌーボー』を第一子妊娠から飲み続けているそうです。

高齢出産であったこともあるので『子供の為にも葉酸サプリを』と強い気持ちがあったのではないでしょうか。

美的ヌーボーは現在は藤本美貴さんがイメージモデルですが初代は東尾理子さんだったのです。

ベビ待ちした芸能人② 山本モナさん


東尾理子さんと同じ様に、長く不妊治療を行っていたのが山本モナさんです。

山本さんの場合には『多嚢胞卵巣症候群』であり、排卵障害を持つが為に子宝に恵まれずにいたようです。

多嚢胞卵巣症候群は、排卵障害の1つでベビ待ちになる原因でももっとも多い病気です。卵巣の中で卵胞が成長できない為に未成熟な卵胞が卵巣に残ってしまい排卵できないような状態になるそうです。

排卵誘発剤や腹腔鏡手術で、排卵しやすくする治療を行います。辛い治療を経て二児の母として元気に活躍していますが、現在も治療を受けながら第三子のベビ待ち中です。

治療の内容は、排卵誘発剤をメインにして排卵がきちんと促されるようにしていたようです。病院では超音波検査やホルモン検査で排卵の有無や卵巣や子宮頸管のチェックを行いました。

卵巣にネックレスサイン(未成熟な卵胞が繋がり排卵できない状態になっている)があったようで、それを処置して自然な排卵を促したようです。

また、カーヴィダンスでのトレーニングで骨盤の矯正をするなど、自宅でも運動を欠かさずに身体の維持をされていたようでベビ待ち期間にできる限りコンデションを整えていたのは脱帽です。

山本モナさんも葉酸サプリを愛用!


毎日青汁に加えて、葉酸サプリでベビ待ちに必要な栄養をサポートしていたそうです。

マカも同時に摂取していて、高齢出産を控え人一倍栄養には気をつけていた事も分かります。ベビ待ちの悩みは、皆同じで出来ることを積み重ねる事が大切だと考えさせられます。

山本モナさん愛用のサプリはこれ

山本モナさんが愛用していたのはベルタ葉酸サプリ!他にもshelaさん・斉藤夕香利さん・中島彩さんなども使用しているようです。

>>ベルタ葉酸サプリをもっと知りたい!そんな方はこちら

ベビ待ちした芸能人② 森三中の大島美幸さん

ベビ待ち 芸能人

明るくて元気な森三中の大島さんが『妊活』の為に芸能活動を休んでいたのは記憶に新しいと思います。大島さんの場合には、子宮筋腫があった為に妊娠しにくい身体になっていたそうです。

40代女性の4割り近くが持つと言われる子宮筋腫は良性ではあるものの、着床を邪魔してしまうだけでなく流産の危険性も考えられられます。

筋腫が発生する場所にもよるようですが、粘膜下子宮筋腫は子宮腔内まで筋腫が突き出てしまうので受精卵が着床しにくくなるのです。

私自身も子宮筋腫をもっていたので、良く分かりますが「良性だから安心」と思い込んでしまい、早くに筋腫と向き合うことがなかった為に不妊に苦しみ長い間治療を行ってきました。

>>ベビ待ちだった私が卒業できた理由

大島さんのように、妊娠を望む時に子宮筋腫である事に気づく人もいますし、どの場所にできると不妊になりやすいなどの知識がない人が多いと思います。

子宮筋腫は高齢になればなるほどに多くなる疾患で、冷えやストレスも原因と言われます。働く女性が発症しやすく、月経障害にも繋がりそれが不妊になる事もあります。

>>ベビ待ち中の冷え性は不妊の原因になる!?

大島さんが葉酸サプリを飲んでいたかは定かではありませんが、なかなか妊娠しない事をずっと悩んでいたそうですしタイミング療法にチャレンジされていたそうですが、結果がなかなか現れずに人工受精を決断されたそうです。

人工受精の確率は非常に低い上に、高齢出産となると着床率もかなり低くなります。長い不妊治療を経験されて元気な赤ちゃんを出産して復帰されたのは本当に喜ばしい事だと思います。

多くのベビ待ちだった芸能人がなぜ葉酸サプリを飲んでいる?

ママブログを書いている芸能人も非常に多く、他にも色んな人が色んな理由でベビ待ちで葉酸サプリを飲んでいます。

不妊治療だけでなく、健康や美容にも非常に効果が高い事や「早くから身体を整えてベビ待ちする」のはもはや常識。

葉酸はベビ待ちだから飲むのではなく、「いつか迎える赤ちゃんの為」に妊娠しやすい身体にする為にはとても大切な成分なのです。

妊娠しやすい身体と言うのは、ホルモンの分泌が正常に働き、骨盤内の臓器の機能が健康である事につながります。

早くから葉酸サプリを飲むことで「いつでもベビ待ちできる」ようにすることは、女性らしい身体を作ることと同じ意味をもっているので、結婚されてから葉酸サプリを飲む芸能人が増えているのではないでしょうか。

ベビ待ちで不妊治療をしているなら葉酸サプリを!!

葉酸サプリだけで、確実に妊娠するかは非常にデリケートなことですから1、00%とは言えないかもしれません。ですが、妊娠力を作ることを考えれば不妊治療の一つとして葉酸サプリの摂取は非常に大切なものです。

将来的な事も考え、多忙な芸能人の人達も積極的に葉酸サプリを飲んでいます。実際にベビ待ちで不妊治療を長くやってきた人たちが、健康な赤ちゃんを出産され自身も輝いて活躍されています。

今でも葉酸サプリを飲んでベビ待ち不妊治療されている芸能人もたくさんいます。同じ女性として、悩み苦しんでいる姿や励ましは何よりも力になるとは思いませんか?

ベビ待ちには健康であることが大切、葉酸サプリはその全てをサポートしてくれるものです。

妊娠しやすい体質作りに大切な妊活サプリメント

ベビ待ち中は諦めたら終わり

妊娠・出産は女性に生まれたなら、一度は必ず夢を見ること。

ですが多くの女性が望むときに赤ちゃんを授かることなく悩んでいます。

また、妊娠しても、流産されて悲しい経験をする人も多いのです。

「赤ちゃんはまだ?」相手は悪気はなくても、授からない人には傷つく一言でしかありません。私のように、妊娠を望みながら授かる機会に恵まれず、着床しても流産する人もたくさんいます。

でも「諦めたら終わり」なんです。

妊活に大切なのは「頑張る」ではなく「諦めないこと」

自分の身体を愛しみ、健康な赤ちゃんが授かるように作り変える事が大切なのです。

誰もが妊娠できるチャンスがあります。現在悩んでいる方に私(流産を2回し、妊活サプリのおかげ?で2014年に女の子を出産!現30代後半)が実際飲んだ商品を皆さんにも飲んで頂きたい妊活サプリを紹介したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->