不正出血になると妊娠できない?妊娠できる?どっち?

不正出血
妊娠を希望する人にとっては、生理はきてしまうとガックリするものです。妊娠しやすいように、頑張っているのに生理以外の不正出血があると「病気?」と心配になります。

この原因は、病気やホルモンバランスの乱れなど色んな原因があります。
不正出血があると妊娠できないと不安になるもの。

この不正出血を改善し、妊娠しやすくなるためにはどうすれば良いのかについて今回は解説していきます。

妊娠できないか不安・・・不正出血の原因は何?

不正出血 妊娠できない
月に一度の生理は、古い子宮内膜が剥がれ落ちる事で起こるので子宮内膜からの分泌物が血液に混ざり排出されています。

ですから、正常な状態であれば生理以外では出血する事はありません。

生理以外は不正出血と呼ばれますが、排卵時に卵巣の毛細血管が切れてしまう排卵出血や、婦人系の疾患による出血、ホルモンバランスの乱れなど原因は様々です。

排卵日に出血すると妊娠できない?

生理が始まり、約1週間程度で終わると新しく卵胞が作られ排卵が始まります。

この時に卵子が卵巣の表面を傷つけてしまい、毛細血管が切れたり、子宮内膜が剥がれると出血していまいます。

病気ではないので、排卵出血は問題はないのですがホルモンバランスの乱れが著しいと起こりやすくなります。

生理が終わって、次の生理の真ん中辺りに起こるので、驚いてしまいますが毎月起こらなものですから不安に思う必要はありません。

もしも毎月排卵出血が起きるようなら、一度病院を受診しておきましょう。

排卵日後の不正出血は着床してる?

排卵日を過ぎてら不正出血をした場合には、着床出血かもしれません。
受精卵が着床するときに、子宮内膜が一部はがれてしまう事があります。

この不正出血後に生理が来ないと、妊娠している可能性が高くなります。

婦人系の病気で不正出血すると、妊娠できない?

子宮筋腫子宮内膜症等の疾患があると不正出血が時々見られます。グラジミア頸管症は、妊娠初期に感染すると流産の危険性もあります。

排卵出血以外に、度々出血が起きるようであれば直ぐに婦人科を受診してください。

がん検診等を受けていれば、早期に異常を発見できますが一度も検診を受けたことがない人は、おりものが薄いピンクになったぐらいでも直ぐに受診してください。
特に子宮がんや子宮頸がんは出血があるのは、あるていど進行した状態です。

最悪は子宮を摘出する事になり、妊娠出来なくなってしまうのでがん検診はしっかり受ける事をおすすめします。

妊娠したいなら気をつけたい!ホルモンバランスの乱れによる不正出血


婦人系の病気や排卵出血は、子宮が傷ついてしまうために出血してしまいます。

ところがホルモンバランスが乱れて、どうして不正出血が起きるのか詳しい仕組みはご存じないのではないでしようか。

妊娠に適した身体になる為には、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が分泌され卵胞が卵子を育成し子宮内膜を新しく作る事から始まります。排卵すると今度はプロゲステロン(黄体ホルモン)が増え子宮内膜を更に厚くし受精卵が着床しやすいようにしていきます。

その後は妊娠が成立しないと生理で排出するを毎月繰り返しているのは、2つのホルモンが順番に子宮内膜に働きかけて妊娠しやすい身体をつねに作り上げる為です。

ところがホルモンの分泌は脳の下垂体で信号が出されるために、ストレスを感じたり不規則な生活、ダイエットにより上手くこのホルモン分泌されなくなると、このサイクルが崩れてしまい子宮内膜に異常が起こります。

ストレスが不妊の原因になる影響とは?

子宮内膜が上手く作れない、厚くなりすぎて生理前にはがれてしまうと不正出血として表れます。月経異常が原因ですから、これをしっかり改善しないと子宮内膜がキープ出来ずに妊娠しにくくなる・着床しても流産しやすくなるのです。

不正出血の改善には葉酸が効果的!


婦人系の病気が原因であれば病院での治療が必要ですが、ホルモンバランスが原因の不正出血は、日頃の生活を見直せば改善できるものばかりです。その中でも、冷えストレスを解消するには葉酸が非常に役立ちます。葉酸は造血効果があり、ビタミンB12と摂取する事で血液の元になる赤血球を作り冷えを改善してくれます。

血行が良くなれば、基礎代謝もぐんぐん高まり全身に栄養が運ばれます。

もちろん脳にも、キレイな血液が流れますからホルモンバランスの乱れを改善して不正出血を防いでくれるのです。

血液が循環する事で卵巣機能も回復し、卵胞の発育を助け、子宮内膜を強くします。

この事が妊娠できなくなる可能性を0にして、妊娠しやすい身体にしてくれるわけです。

葉酸は、胎児の成長を助けるだけでなく妊娠が出来る身体を作り、気になる不正出血を終わらせます。

私も子宮筋腫をもっていますので、排卵出血が何度か起こったことがあります。決まって仕事が忙しい時や、疲れが溜まっているな・・・と自覚がある時期でした。特に寝不足が続いた月などは、不正出血だけでなく生理痛も酷かったですね。

心配になって、婦人科で診察を受けたときに「癖になると良くないし、あまり続くようならホルモン治療した方がいいです」と言われ慌てました。

葉酸が不正出血の改善にも効果があると聞いたので、さっそくサプリで飲み始めました。最初は、よくある「葉酸」だけのサプリだったのですが、栄養のバランスを考えると色んなサプリを飲まなくてはならないことに気が付いたんです。

妊活中・妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

産婦人科の女医

赤ちゃんの先天性異常には脳の未発達によるものと脊髄の形成が不完全である障害があります。特に脳の形成が上手くいかずに成長すると多くの赤ちゃんが死産になってしまいます。出産しても1週間以内に死亡するケースが多いのです。

葉酸は食事でも摂取されていますが、妊娠すると通常の倍の葉酸を必要とするので半分ぐらいが不足している事になります。脳の先天性異常は妊娠初期の14週のエコーで発見される事が多く、脊髄の奇形は妊娠中期のエコー及び血液検査で判明します。先天性異常の原因は、遺伝や妊娠までのママの生活習慣だけでなく「葉酸不足」が考えられます。

特に葉酸を妊活中から摂取する事により、先天性異常リスクに有効であるとされています。葉酸は赤ちゃんが受精卵から胎児へと成長する為に脳や脊髄の形成にとても大切な働きをしてくれます。妊娠したい女性はサプリを利用して必要な葉酸量を摂取しまし、先天性異常予防をしていきましょう。

失敗しない葉酸サプリの選び方はこちら

そこで調べると妊活女性に必要な栄養がバランス良く含まれている、葉酸サプリがたくさんあり葉酸だけを摂取するよりも身体の不調を改善してくれることが分かりました。

すぐに不正出血が改善されるものではありませんが、葉酸サプリを飲みながら食事のバランスとストレスの改善、ヨガで心身のバランスが上手く働くようにしたことで次第におさまっていきました。

不正出血を妊娠できない身体の原因にしない為にも葉酸サプリを飲もう!

生理と生理の中間に起きる不正出血は、ホルモンバランスの乱れが原因です。病気ではないのですが、何回も繰り返してしまうと排卵が上手く出来なくなり妊娠できない事にも繋がります。

定期的な検診で、不正出血の原因を突き止める事は勿論ですが、自分の身体を守るためにも葉酸をしっかり摂取しましょう。

食事では足りない葉酸は、サプリを利用してしっかりと身体に吸収させる事が大切です。
妊活を始めたいけれど、不正出血があり「妊娠出来ないのではないか」悩むよりも、自分で出来る事をしっかりとやっていくのも大切です。

葉酸は、妊娠後の栄養補給にも必要な成分ですから不正出血改善だけでなく長く飲み続けたいもの。自分が飲みやすく、栄養バランスが優れているものを選びましょう。

葉酸は全ての女性の身体を正常にするだけでなく、健やかな精神を作り出すための大切な栄養です。色んなサプリがあるので、選ぶのは大変かも知れませんが自分の身体を守る為にも一番良いものを選びたいもの。

色んなサプリを飲むよりも、効率が良く多くの栄養をサポートできるものを飲みましよう。またサプリだけでなく、サプリの栄養を吸収しやすくするために生活リズムの見直しも同時に行い妊娠しやすい身体作りを目指してください。

不正出血は誰もが経験するので、初めてに時には驚いてしまい自分の身体は妊娠できないのかも知れないと思い込んでしまいます。

不正出血におすすめのベルタ葉酸サプリはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->