オリモノは排卵のサイン?どんな特徴から読み取れば良いの?

女性の子宮頸管から排出される粘液であるオリモノは、身体の健康や異変を表すもの。

特にベビ待ちの女性にとっては、毎日変化は見逃せません。

排卵日や妊娠兆候だけでなく、性病のチェックにもオリモノの特徴をしるべき。
排卵日のオリモノと、それ以外のオリモノはどう違うのでしょうか。

オリモノがなぜ分泌されるか知ってますか?


生理が始まる頃から、オリモノの分泌が始まります。生理や妊娠の仕組みは、学校や親から教えられてもオリモノがなぜ分泌され、どのような意味があるのか大人になっても理解していない人も多いようです。

オリモノは年齢により変化もしますし、排卵日や妊娠でも異なります。

子宮頸部や膣からの分泌物に、生理では排出されなかった細胞の残りが混ざりあい排出されます。

細菌が繁殖しないように、常に弱酸性でキープされカンジダ菌等が増殖しないように働いてくれているのです。

排卵日後には、精子を包み込み子宮に運んでくれたりと毎日忙しく働いています。

生理の周期で変化するので、排卵日をチェックする為にも、色や臭い等をしっかり把握しましょう。

通常は排卵日が近くなると、量が多くなり透明なゼリー状のおりものになります。この時期に、色が黄色になったり量が以上に増えているようであれば、免疫が低下して細菌感染している事も考えられます。

妊娠を希望するのであれば、排卵日だけでなく、普段のおりものがどのように変化しているのか頭に入れておきましょう。

排卵日直前から排卵日までのオリモノの変化


体調や病気でも、オリモノの量や色は異なります。

ベビ待ちの人にとっても、排卵日とオリモノの変化を知ることはとても大切なのです。

生理が終わってからは、卵胞が成長し子宮内膜が胎児を受け入れやすく作られていきます。
1ヶ月の中でも、量は少なくサラサラして乳白色が基本です。

生理の終りは、薄い茶色ですが次第にこの色になります。生理後にオリモノが少なくならないようなら、ホルモンバランスの乱れがあるかも知れません。しっかりと生活習慣を見直して、卵胞を成長させていきましょう。

卵胞期が終わると、排卵が始まります。
オリモノは粘りがあり、量も一番多い時期です。

精子を受け入れる準備を行うので、基礎体温が低温期から高温期に入る前後から徐々にオリモノの変化を感じるようになる筈です。

この排卵期には、多少の血液が混ざる事がありますが、異常ではありませんので基礎体温をしっかりと計測しましょう。排卵日が終わると、一気に量が減って粘りがなくなります。この黄体期に受精卵が着床すると妊娠となります。

着床が無いと生理が始まるので、オリモノの臭いが強くなり増えていきます。

多少の血液がオリモノに混ざる事もあり、着床サインと間違えやすい事もあるようです。排卵自体はピークより後に、オリモノが減少した時に起こります。着床確率を高めるなら、粘りがあるオリモノのピークからセックスを行うとタイミングも抜群に高くなります。

オリモノだけで排卵日を調べられる?


オリモノの色や変化は、個人差もありますし体調の変化にも左右されます。

常に自分のオリモノの変化や特性をチェックしておけば排卵日も特定は出来るようにはなります。
ですが、オリモノのみで排卵日を特定するのは難しいもの。

オリモノに変化が表れてから排卵までは、個人により期間が異なるからです。

オリモノはあくまでも、排卵日の目安として基礎体温や排卵日検査薬を併用し確実な予定日を計測しましょう。

不妊治療中であれば、排卵日近くに超音波検査で卵胞が育っているかを確認して貰えます。

妊娠を望むのであれば、自分の排卵が正しく行われているのか、卵子の質なども含めて病院で相談し検査をしてもらうと良いでしょう。

排卵日にはオリモノだけでなく身体の変化も見逃さない

女性のオリモノは排卵日を境いに変化していきます。
高温期に入ったオリモノの粘度が強くなればなるほどに排卵は近く、伸びるようになると排卵検査薬も陽性反応が出始めます。

指についたオリモノを水を張ったコップに落としてみてください。溶けずに固まりが出来る・やや固まるようになれば排卵が始まっています。この時期にタイミングを図ると、着床率もかなりアップするのです。

基礎体温グラフと併用しながら、粘りが出てきた頃から排卵検査薬で反応を見ていきましょう。

直前になるとビックリするほど、糸を引くぐらいに粘りが強くなります。

この時期には、排卵痛や出血があるなど、オリモノ以外の変化を感じるようになります。女性ホルモンが増える為に起こるので、特に心配することはありません。

オリモノだけで排卵日を調べられる?その方法とは

排卵日がオリモノからも特定できるとなると、基礎体温や妊娠検査薬に加え状態をチェックしたいもの。下着についたものから調べるより、直に子宮口から粘液を摂取した方が確実です。

福さん式と言い、子宮入り口の柔らかさやオリモノの粘度を調べていきます。
指を使うので、手を綺麗に洗い除菌してから行う事と、爪は短くしておく事が必要です。

膣入り口から、人差し指と中指を入れていきます。
入り口は少し柔らかくなっているのか、固さや向きなどを確認しオリモノを取り出します。
盛り上がりがある場所が子宮口なのですが、なかなか見えないので分かりにくいです。

ここからオリモノが出てくるので、下着に付着したよりも確認しやすいようですが、私は固さなどはまったく分からずじまいでした。

排卵日が近いと、子宮頸管が下がるので比較的オリモノを取り出しやすいようです。

子宮頸管が元々開いていると、状態は分かりにくく感じるかも知れません。

あまり無理に取り出さなくても、下着についたものと基礎体温と検査薬でも排卵日は予測できます。
指からばい菌が入ると、大変なので必ず指を清潔にしてください。

自分で分からない、判断しにくいなら病院で調べて貰った方が確実だと思います。
オリモノチェックも、毎日同じ時間に調べる方がより正確に判断出来ますから、排卵日予定の3日前からオリモノを調べてみましょう。

ストレスでオリモノが変化する!?

ストレス
ベビ待ちの人は、体調ケアや生活習慣に食事、葉酸サプリの摂取と十分にやっていると思います。疲れやストレスで体調が崩れてしまうと、ホルモンバランスも乱れがちです。そうすると膣内の自浄化力が低下してしまい、菌が繁殖しやすくなります。

オリモノは無臭なのですが、臭いが強くなってくると細菌に感染しているかもしれません。その他にも、排卵日近くのオリモノの状態がおかしいようであれば、カンジダ腟炎やトリコモナス、ヘルペス、クラミジア等の疾患が隠れている事も考えれます。

そのままの状態で、着床してしまうと受精卵にも感染し流産のリスクが高くなりますので、粘りはあっても、臭いや色があるようなら排卵日の特定の前に病院を受診しましょう。

オリモノは排卵日予測の目安になります

いきなり調べても、オリモノも人それぞれ違います。

毎日オリモノは分泌されているので、排卵日だけでなく細かくチェックしておくこと。

自分の身体の調子を知るためにも、自分のオリモノを常に観察しながら妊娠しやすい身体つくりをしていきたいもの。

異変は早くに察知し改善する、基礎体温と照らし合わせながら1日でも早く妊娠に繋がるようにしていきましょう。

妊娠しやすい体質作りに大切な妊活サプリメント

ベビ待ち中は諦めたら終わり

妊娠・出産は女性に生まれたなら、一度は必ず夢を見ること。

ですが多くの女性が望むときに赤ちゃんを授かることなく悩んでいます。

また、妊娠しても、流産されて悲しい経験をする人も多いのです。

「赤ちゃんはまだ?」相手は悪気はなくても、授からない人には傷つく一言でしかありません。私のように、妊娠を望みながら授かる機会に恵まれず、着床しても流産する人もたくさんいます。

でも「諦めたら終わり」なんです。

妊活に大切なのは「頑張る」ではなく「諦めないこと」

自分の身体を愛しみ、健康な赤ちゃんが授かるように作り変える事が大切なのです。

誰もが妊娠できるチャンスがあります。現在悩んでいる方に私(流産を2回し、妊活サプリのおかげ?で2014年に女の子を出産!現30代後半)が実際飲んだ商品を皆さんにも飲んで頂きたい妊活サプリを紹介したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->