男性不妊〜造精機能障害とは?

men_01

男性不妊原因〜

男性不妊外来を受診するカップルの1割は、性生活に問題のあるケースです。

それ以外は男性性器のトラブルです。
精子が精巣で作られた過程になんらかの問題があるのが「造精機能障害」。
男性不妊の9割以上が占めています。副性器(睾丸)にトラブルがあると精液が作られなかったり、精子の運動率が悪くなったりします。また精巣で精子が作られているのに精子が出てこない場合は、精路に問題があります。

造精機能障害とは?

精液検査を手始めに色々検査を進めていくと、男性性器のどこに問題があるかがわかってきます。
大多数は「精巣」に男性不妊の原因が生じている場合です。
造精機能障害は男性不妊の7割以上を占めています。

「おたふくかぜ」「停留精巣」が原因

そのほかの原因としては。ごく少数ですが「両側停留精巣放置」「耳下炎症精巣炎」などがあります。
胎児の精巣はまだ体内にあり、生まれてくることになると、自然におりてきます。

ところが稀に生後数ヶ月たっても精巣がおりてこないことがあり、これを「停留精巣」と呼びます。
精子を作るには体温よりもやや低い温度が適しており、そのため体からぶら下がっている形になっています、
精巣がお腹の中にあるとたためられて精子を作る力が衰えてしまいます。

「耳下炎症精巣炎」

おたふくかぜによって引き起越された精巣炎を言います、
おたふくかぜをひいた際にごく少数ですが、精巣炎を併発してしまい、精子を作る組織にダメージを与えてしまいます。

「無精子症」と言われても治療法はある

「造精機能障害」と言っても軽い乏精子症ならば、薬物療法で改善される場合もあります。
しかし、重度の乏精子症、薬物の効果はあまり期待できず、体外受精や顕微授精を検討する必要があります。
そのためには精巣生検を受けて、精子がどのくらい作られているのかも確認することが不可欠となります。

精子上体や精巣内の精子を探して顕微授精に用いたり、精巣内で精子が見つからなくても、こうき精子細胞を用いることも可能性ですし、将来的には前期精子細胞の適応も広く行われることになるでしょう。

h2 class=”post-title”>妊娠しやすい体質作りに大切な妊活サプリメント

ベビ待ち中は諦めたら終わり

妊娠・出産は女性に生まれたなら、一度は必ず夢を見ること。

ですが多くの女性が望むときに赤ちゃんを授かることなく悩んでいます。

また、妊娠しても、流産されて悲しい経験をする人も多いのです。

「赤ちゃんはまだ?」相手は悪気はなくても、授からない人には傷つく一言でしかありません。私のように、妊娠を望みながら授かる機会に恵まれず、着床しても流産する人もたくさんいます。

でも「諦めたら終わり」なんです。

妊活に大切なのは「頑張る」ではなく「諦めないこと」

自分の身体を愛しみ、健康な赤ちゃんが授かるように作り変える事が大切なのです。

誰もが妊娠できるチャンスがあります。現在悩んでいる方に私(流産を2回し、妊活サプリのおかげ?で2014年に女の子を出産!現30代後半)が実際飲んだ商品を皆さんにも飲んで頂きたい妊活サプリを紹介したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->