妊娠リスクは肥満!肥満は危険すぎる理由!?

肥満と出産
女性はいつまでも美しく若々しくいたいですね。

妊娠前からダイエットをしていた人も、赤ちゃんの為にしっかりと栄養を考えるようになると無理なダイエットも出来なくなります。

ところが過ぎた体重は、妊娠や出産に色んなリスクを増やしてしまう原因にもなるのです。

過激なダイエットは良くありませんが、だからと言って太りすぎてしまうと、妊娠して更に体重が増加し肥満となります。

妊娠は健康な女性でもリスクを抱えるものですから、肥満となると更にそれを高めてしまうます。標準のBMI数値を越えて25以上となると、健康被害も起きやすくなりますし、妊娠経過中の食事や運動も医師から指導管理されます。

肥満だから妊娠できないわけではありませんが、通常より高リスクを背負うことになる事は頭にいれておいてください。

肥満になると病院で出産を受け入れられない所もある?

病院
肥満の程度にもよりますが、明らかに妊娠リスクが高い超肥満体重やBMI35以上となると、出産受け入れ出来る病院が限られてしまいます。最初から大きな病院で決めているなら良いのですが、場合によっては自宅から離れた病院での出産になる事もあります。

妊娠すれば多少の体重増加は自然ですが、過ぎてしまうと色々と面倒です。太りやすい人は、妊娠計画したら体重管理もしっかりする必要があります。

肥満による妊娠リスクとは?

肥満・運動
妊娠すると赤ちゃんを育てやすいようにホルモンが出るので、脂肪もつきやすくなるのです。
妊娠前の体重から、6~10Kg前後が理想的ですが肥満の人は5Kg以内にするように食事や運動指導がされます。

出来ないとなると、入院して食事管理されることもあるようです。

体重だけでなく、肥満は血圧を高くしたり糖尿リスクを高くします。これが妊娠に大きなダメージを与えてしまう事にもなりかねません。

妊娠高血圧

妊娠高血圧
肥満により血液中にコレステロールや中性脂肪が増えてしまい、尿にタンパクが出たり高血圧になりやすくなります。

糖質や脂質、塩分過多にもより起きやすく、肥満でなくても起こりやすいので食事のバランスがとても重要です。

妊娠中はむくみが起きやすいので、見逃しやすいのですが検診で発見される事もあります。

糖尿病

糖尿病
生活習慣病は、肥満が引き金になりますが、普段の食事や運動習慣もない人の方がリスクが高いと言われています。

糖尿病予備軍を含めると、日本人の多くが糖尿病リスクを持っています。

妊娠前から肥満の人は勿論ですが、急激に体重が増えることによりインスリンの働きが悪くなり糖尿病になる妊婦も少なくありません。

軽度であれば、食事療法や運動プログラムで治療を行いますが、効果がないとインスリン投与も考えていきます。

妊婦が糖尿病になると、流産リスク、巨大児リスクも高くなります。障害児リスクも無いわけではありませんので、適度な体重だけでなく食事と運動習慣をつける事をおすすめします。

神経管閉鎖障害リスクもある


葉酸がこのリスクを低下させると言われていますが、肥満である限りその効果は期待は出来ません。

葉酸を摂取しているから大丈夫なわけでなく、肥満が胎児リスクを高くしてしまう事を忘れてはいけません。

葉酸は大切な栄養ですが、適正な体重をキープする事も健やかな妊婦を継続させる為には欠かせません。


\健康な赤ちゃんを産むためには葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
ベビ待ち・妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

関連ページ:
流産を防ぐには葉酸が必要?

肥満妊婦とは呼ばせない!リスク軽減にはダイエットあるのみ

妊娠中は「たくさん食べてよい」わけではなく、栄養をしっかりと摂取しながら体重管理をすること。運動量も妊娠すると低下しますから、無駄な脂肪は出来る限りつけないようにしたいもの。

食べなくても太る妊娠中の体重コントロールの為には 「妊婦のダイエット」が必要です。

妊婦リスクを下げるダイエットで肥満予防

痩せたいダイエットとは、違い妊婦中は「栄養を考えた食事」を毎日規則正しく食べる事を考えます。

糖質や脂質は摂りてもいけませんし、むくみを強くする塩分も控えめにするなどあらゆる面で厳しくコントロールします。

間食については果物やローカロリーのおやつを用意し、食べたものをメモで記録するなどしながら食べ過ぎを防ぐような工夫も良いと思います。

運動に関しては、無理な有酸素運動よりも散歩やマタニティヨガでストレス解消程度に。スイミングは冷えが強くなる事もあるので、医師から勧められたらの方が良いでしょう。

妊娠中期からの肥満に注意しましょう

妊娠前に肥満の人は、出来る限りその前から体重を管理する事が大切です。

つわりが始まると「食べられない」「吐いてしまう」等でダイエットできるのではないかと期待する人もいますが、つわりが終わり食欲が戻ると食べられなかった分の脂肪がつきやすくなります。

中期からの体重の増減は、あっという間に脂肪になってしまいます。特に「むくみ」が身体に出るか出ないかで、かなり体重に差が出ます。むくみの原因は「塩分コントロールが出来ない」事ですから、早めに減塩しておかないと大変です。

肥満を防ぎ、妊娠リスクを低下させる為にやったこと

誰も肥満になりたくてなっているわけではありませんが、日頃の生活習慣のつけが現れるのが妊娠時です。

妊娠してから体重を落とそうと思うと、ストレスは溜まる、イライラする、肥満の自分に嫌気がさして鬱になるなどメンタルリスクも増えていきます。

妊娠したい、赤ちゃんが欲しいと思った時から「健康的に体重を落としてキープする」事が大切です。

正直、肥満で妊娠してからダイエットする成功率はかなり低いので「適正な体重」で健康な妊婦になるために、今の食事内容をチェックする事、少しずつ運動習慣をつけてください。

私の場合には肥満ではありませんでしたが、友人から「妊娠すると回りが食べろ食べろと次々に差し入れるから太るよ」と言われました。確かに「もちを食べると良い」「食が細いと難産になる」等、食べろ食べろと毎日のように親戚があれこれ持ち込んできました。

出産は体力が必要なので「つわりが落ち着いたら体力をつける」事は大切ですが、やたらと食べていては間違いなく太りますよ。野菜は生よりも蒸して温野菜に、味噌や醤油は減塩。出汁をしっかり取ることで調味料は出来るだけ使わない。パンや白米より、玄米と食事の管理はかなりしっかりやりました。

出来るだけ買い物は歩いていき「持って歩ける分だけ買う」「何回かに分けて買い物する」事で歩く距離や時間をつくりました。マタニティヨガにも参加し、お腹が空いたと感じる時間をなるべく作らないようにも心がけましたね。

おやつはドライフルーツやナッツを少しとハーブティーと徹底しましたが、やはり「むくみ」は起きます。

これだけはカリウムの多い食品群を摂っても改善出来なかったのは悔しいです。赤ちゃんの分の水分を抱えるので、多少は仕方がないのですが、足のむくみは歩いていてもなくならなかったので、定期的に検診でチェックしておくと良いと思います。

肥満は早くから解消!妊娠リスクは背負わない

肥満を解消
妊娠前からの肥満は、早産リスクもあるとされていますが、ママが肥満の場合には赤ちゃんも肥満児になる危険性も少なくありません。自分の食生活を変えない限りは、赤ちゃんが生まれても同じような食事を成長すると食べることになります。

当然幼児に肥満であると肥満細胞が増えてしまい、将来的に赤ちゃんも肥満になるリスクも高くなります。

肥満だから出産までこぎ着けられないとは言えませんが、不健康であるのは間違いありません。

正しいダイエットで体重をコントロールし、必要な栄養は葉酸サプリを上手に使ってサポートしていくなど色んな方向からマタニティライフを楽しめるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->