オリモノが伸びない?伸びないと排卵はしていない?


排卵が近いと、オリモノは伸びると言われるのでオリモノの状態で排卵を予測しタイミングを計る妊活女性も多いと思います。オリモノは、女性の身体のバロメーターでもあるので排卵日チェック以外でも気になりますよね。個人でも簡単にチェックは出来ますが、「聞いている程伸びない」「いつも下着がベタベタする」など伸びるオリモノに不安を抱える人もいるようです。伸びるオリモノは本当に排卵日が近い証拠なのか、良いオリモノなのかを今回はしっかりと説明していきます。

オリモノが伸びるのはいつ?

オリモノは膣の中から分泌される粘液で、色んなものが混ざりあっています。伸びるオリモノが出るのは、子宮頸管から分泌される粘液で、これが多いと粘りが強くなります。

これは生理周期で変化するので、毎日粘りがあるものではありません。雑菌が入り込まないように、常に酸性の粘液が子宮頸管内を満たしているのですが、排卵するとアルカリ性の粘液を増やして精子を活動させやすくしていきます。

粘液の変化によりオリモノが白っぽく伸びるようになると排卵日が近いとのです。直前には、透明度が強く粘りもピークになるので指につけると伸びが強く現れます。

排卵日が近いのにオリモノが伸びない理由とは

一般的には排卵日近くには、伸びるオリモノがあると言いますが、下着にそんなオリモノが無かったり、膣内から取り出したものが伸びが少ないと感じる人もいます。私も排卵日近くにはチェックをしまいたが、聞くほどに伸びずに悩んだ事もありました。

オリモノは妊娠する為には大切なものですから、伸びがしっかりないと妊娠トラブルに繋がる事もあるので、早期にオリモノ検査を婦人科で受けてください。

子宮頸管粘液検査を受けてみましょう

生理が毎月きちんときていて、排卵がされているのにオリモノが伸びないとなると、粘液が少なかったり酸性からアルカリ性に変化していない事も考えられます。

不妊治療検査として、粘液の検査を受けることができるので気になるようであれば受けた方が良いと思います。

粘液が少ないと、オリモノが下りてこなかったり奥に留まったまま下着につかない事もあります。自分で取り出せないオリモノも、検査なら取り出し粘りを調べることができます。

オリモノだけが排卵日の予測にはなりませんが、量や伸びが気になるのなら検査してみましょう。

オリモノの伸びがない、出ない原因とは?

オリモノが増えたり伸びるのは、卵胞ホルモンによるものです。

ホルモンバランスの乱れは、オリモノ分泌を減少させてしまい酸性のままになるので、粘りもなくサラサラしたままになります。性感染が原因でオリモノに臭いが強く出たり、色が変化する事も不妊の原因になる事もあります。

不妊治療の排卵誘発剤にも注意が必要です

不妊治療は、子宮の状態や頸管粘液、卵管造影、ホルモン検査等を行い排卵日にタイミングを取る方法から始まります。上手く卵子が排卵しない、タイミング法では妊娠が出来ないようであると排卵誘発剤を使い外部から排卵を促していきます。

この排卵誘発剤には副作用があり、オリモノの量が減ることがあります。この他に、妊娠が成立しない、卵巣が腫れてしまう場合には種類を変えたりしながら様子を見ていきます。


\元気な赤ちゃんを産むために葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

伸びるオリモノを増やして妊娠しやすくするには?

排卵日にオリモノが増えない、伸びるオリモノが出ないのは卵胞ホルモンであるエストロゲンが正常に分泌しない事が考えられます。このエストロゲンは年齢と共に減少するので、35歳以上の妊娠では少しでも活性化させる事が大切です。

エストロゲンがしっかり分泌されないと、オリモノはいつまでも伸びないままで妊娠が成立しません。良いオリモノが分泌されるようにする為にも、エストロゲンを増やすようにしましょう。

食べ物でエストロゲンを増やす

サプリでもエストロゲンの補給はできますが、子宮筋腫等がある場合には食事での摂取がベストです。

エストロゲンが分泌される卵巣の老化を防ぎ、円滑にホルモン分泌が出来るようにする為には、イソフラボンだけでなくビタミンEが必要ですし代謝アップにはビタミンB6が重要です。

エストロゲンを増やす為には、バランスの良い栄養がしっかり吸収されることが大切ですから、ダイエットで食事を減らしたりせずに、色んな栄養が身体の隅々まで届くようにメニューを考えましょう。

糖質や脂質も、多少はエネルギー作りには必要なものです。なんでも控えれば良いものではなく、無駄な分を抑えるように心掛けると良いでしょう。

自分のオリモノをストレスケアで正常化しよう!

年齢的なものが関係すると、不妊治療で排卵を促す方法もありますが、自力でなんとか妊娠力を上げる場合にはホルモンバランスを安定させるのが一番です。更年期になるとオリモノは徐々に減少し閉経に向かいますが、そうでない間は女性ホルモンがきちんと分泌されていればオリモノも減ることはありません。

女性ホルモンは心と身体のバランスが取れていてこそ、スムーズに分泌されていきます。ストレスを強く感じると、交換神経が優位になってしまい女性ホルモンにも影響を与えてしまいます。

オリモノの伸びが少なくなったり、生理不順だけでなく冷え性もストレスにより起こります。良い伸びのあるオリモノが排卵日に出るようにするには、食事だけでなくストレスのケアも大切なのです。

伸びるオリモノを増やすにはマカが効果的!

私は不妊治療を行っていたのですが、ホルモン治療は行わずに体質改善をメインやっていきました。自分では、他の人が言うほどオリモノが伸びる感じもなかったので不安がなかったわけではありません。

タイミング法も最初は全然上手くいかずに「誘発剤しかないのかな?」と悩んだ事もあります。ですが子宮頸管粘液検査では、排卵日前から伸びるオリモノが奥にあったので問題は特にないとの診断でした。

この伸びるオリモノも体質により、量が多かったり少なかったりするので心配はないとの事。色もキレイで感染症もなく、後はホルモンバランスをしっかりキープするだけでした。

女性ホルモンが上手く分泌されないのは、アミノ酸が少ないかも知れないと思い、色々調べたのですがアルギニンがエストロゲンの分泌を助けるようです。アミノ酸は、黒酢やにんにくにも多くサプリでも有名ですが、妊活サプリとしてはマカの方が有効です。

アルギニン量が、植物の中では一番で免疫力をアップしたりホルモン分泌を促進します。

必須アミノ酸を多く含む、マカは妊活にはとても良い効果効能を持つので妊娠できるまではマカしかない!と思いました。

ツボが聞くとも聞いたのですが、それよりも栄養バランスをしっかりすることや、生活リズムを整えてストレスを溜めないようにすること。妊娠に大切な栄養である葉酸を忘れないことも頑張りました。

ベビ待ちにおすすめなマカとは!?マカとベビ待ちの関係とは?

マカと葉酸サプリをしっかり摂取したことが良かったのか、身体の調子もうなぎ上りで排卵もしっかり起こるようになっていきました。

オリモノは自分で確認出来るようにはなりませんでしたが、無事に妊娠も出来ました。「伸びるオリモノが無いと良くない」事はありませんし、心配することもありません。医師曰く「検査で問題ないなら、ちゃんと排卵されてます」でした。

心配はしないで!不安なら検査でオリモノを知ろう

オリモノの不足は、不妊の原因になるともされますが、あまりそればかりにとらわれずに、生活習慣をしっかりと改善する事でホルモンをしっかり分泌する事はできます。個人により、多く下着についてしまうこともありますが妊活をするのであればオリモノだけでなく子宮や卵巣の状態も検査で調べてもらうと良いですね。

妊娠しやすい体質作りに大切な妊活サプリメント

ベビ待ち中は諦めたら終わり

妊娠・出産は女性に生まれたなら、一度は必ず夢を見ること。

ですが多くの女性が望むときに赤ちゃんを授かることなく悩んでいます。

また、妊娠しても、流産されて悲しい経験をする人も多いのです。

「赤ちゃんはまだ?」相手は悪気はなくても、授からない人には傷つく一言でしかありません。私のように、妊娠を望みながら授かる機会に恵まれず、着床しても流産する人もたくさんいます。

でも「諦めたら終わり」なんです。

妊活に大切なのは「頑張る」ではなく「諦めないこと」

自分の身体を愛しみ、健康な赤ちゃんが授かるように作り変える事が大切なのです。

誰もが妊娠できるチャンスがあります。現在悩んでいる方に私(流産を2回し、妊活サプリのおかげ?で2014年に女の子を出産!現30代後半)が実際飲んだ商品を皆さんにも飲んで頂きたい妊活サプリを紹介したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->