黄体ホルモン(プロゲステロン)注射が必要な人は?副作用はない?

黄体ホルモン注射
女性ホルモンの1つ、黄体ホルモンは高温期に入ると排卵に関わる大切なホルモンです。

このホルモンが少ないと卵子が育たずに不妊にも繋がります。

それを補充するのが黄体ホルモン(プロゲステロン)注射です。

どの様な人に利用されるのか、また注射したいで黄体ホルモンを増やせないかなど、今回はこの黄体ホルモン(プロゲステロン)注射について説明していきます。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は妊娠する為に必要なもの?!

悩んでいる女性B
妊娠するには、排卵後の高温期が安定しなくてはいけません。

黄体ホルモン(プロゲステロン)注射は、子宮内膜を強化して受精卵が着床しやすいようにする為に使用します。

黄体不全であったり、低温期が長く高温期が短いような人は黄体ホルモン(プロゲステロン)注射で治療をしていきます。

通常は、排卵後に増えて着床に向けて身体が変化しますが、中には高温期に上手く入れず基礎体温がガタガタな人もいます。
不妊治療をしていると医師から指摘され、黄体ホルモン(プロゲステロン)注射でホルモン補充をする事になります。

ベビ待ち中に基礎体温を安定させる対策方法は?基礎体温ガタガタになる理由

着床率を高める黄体ホルモン(プロゲステロン)注射

着床する為には、子宮内膜が厚くやわらかくなっている事が条件です。

受精卵がたどり着くまでに細胞分裂が繰り返されており、根を張るための準備ができないと着床せずに流れてしまいます。

受精卵となる事も妊娠には大切ですが、着床ができない環境では妊娠は成立しません。
また、乳腺を発達させて母乳を作る為にも重要な意味があるので自力で黄体ホルモンが分泌されない場合には、注射で補っていきます。

黄体期の自覚症状があっても黄体ホルモン(プロゲステロン)注射は必要なもの?

流産は掻爬手術は必ず必要?費用・保険適応について
黄体ホルモンが分泌される期間には、むくみや腰痛、便秘が起こります。

ニキビも出来やすく、肌荒れも酷くなるのが特徴的です。
生理前に黄体ホルモンにより、体調も崩しやすく症状が辛くて寝込む人もいます。

だからといって、正常に分泌されているとは限りません。日常生活に支障がでる程に辛い時には、市販薬は控えて婦人科でホルモン検査を受けてみましょう。

黄体不全の人は黄体ホルモン(プロゲステロン)注射が必要です

黄体機能が働かないと、基礎体温も上がらず子宮内膜も厚くありません。

生理周期も不安定になり、排卵が出来なくなります。

生理不順の原因が、黄体不全だけではありませんが「生理周期が短い」のが特徴的で、量が安定しなくなることが生理周期をバラバラにしてしまいます。
以前は、生理前には腰痛や頭痛があったのにぴったりなくなった場合には、黄体ホルモンの分泌がうまく働いていないと考えられます。

そのままにすると、不育症にもなるので早期に黄体ホルモン(プロゲステロン)注射での治療が必要です。

黄体ホルモン(プロゲステロン)注射で妊娠しやすくなる?


黄体ホルモンは、子宮内膜の強化だけでなく受精卵が根付きやすいようしにし、妊娠を継続させます。

健康な女性であれば、血液の中には黄体期には5.0から28.0ng/ml分泌されています。

妊娠に必要な黄体ホルモンは、10ng/ml以上でこれ以下では妊娠しにくいだけでなく流産リスクを高めてしまいます。

黄体ホルモン(プロゲステロン)注射は妊娠しやすい身体にするだけでなく、妊娠後のサポートにも大切な意味があるのです。妊娠しやすい環境を作ることを目的としているので、不妊検査を受けて医師から必要とされないと打つことはできません。

黄体ホルモン(プロゲステロン)注射を利用できるはいつまで?

不妊治療を始めると、子宮や卵巣、卵管を検査すると同時にホルモン値の検査を行います。

生理不順がある人も、通常にある人も検査をするとホルモンが分泌されていない事が非常に多いようです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)注射には幾つか種類があり、黄体ホルモン(プロゲステロン)注射と、持続性黄体ホルモン製剤(プロゲステロン)注射を使い分けていきます。排卵を促すために黄体ホルモン(プロゲステロン)注射を使ったり、排卵後には子宮内膜の状態を維持する為にも使い、内服と併用する事もあります。

受精卵の着床が確認され妊娠すると、黄体ホルモンが分泌されていきますのですが、子宮内膜の状態で継続する事もあるようです。医師の判断となるので、疑問がある時はその場で聞くなどして解消してください。

黄体ホルモン(プロゲステロン)注射の副作用

黄体ホルモンは女性であれば、常に体内で生産されていますから副作用は少ないものです。

この黄体ホルモン注射を打つと、生理前のような頭痛や吐き気が起きる事がありますし、胸の張や眠け、むくみが起きやすくなります。

あまり強く仕事や家事に差し支える場合には、医師に相談してみましょう。

継続しなくては効果が出ないので、大変ではありますが妊娠する為のサポートとして絶大な効果があります。前向きな治療は、妊娠力を高めてくれますので医師としっかり話し合い進めていきましょう。

黄体ホルモン(プロゲステロン)注射だけでしか増やせない?自力で黄体ホルモンを高めよう!


黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が悪い人はビタミン不足。

日本人は野菜不足の為に、食事でビタミンがしっかりと摂取できていないことも挙げられますが、ダイエットや喫煙によりビタミンの消費が高くなり不足しがちです。

ビタミンEは抗酸化作用だけでなく、脳下垂体に働きかけてホルモン分泌を高めます。黄体ホルモンの原料にもなり、子宮内膜をふわふわにしたり流産防止にも欠かせません。ビタミンCはビタミンEの力を底上げするので、積極的に摂取しましょう。

  • 海藻類
  • ナッツ類
  • ほうれん草
  • アボガド
  • パプリカ
  • キウイ
  • カリフラワー
  • 青魚
  • <・ul>

    これらにはビタミンC、Eが豊富に含まれています。色んな料理に利用できて、気軽に食べられるものばかりです。

    これだけでなく、色んな栄養を食事で摂取する事で黄体ホルモンの分泌もスムーズになります。ストレスにも強い身体を作る為にも、ビタミン類は必要ですしバランスを考えた食事は妊娠しやすい身体を作るためには常に考えておきたいもの。

    黄体ホルモン(プロゲステロン)注射に頼ることも時には必要ですが、普段の食生活からも黄体ホルモン分泌されるようにしておきましょう。

    黄体ホルモン(プロゲステロン)注射だけでは妊娠しない?

    着床しやすい環境や、妊娠継続の為には黄体ホルモン(プロゲステロン)注射は非常に有効ですが、受精卵となり着床にたどり着く為には卵子の質が高くなくてはなりません。

    卵子の質・若返りさせるには?

    黄体ホルモン(プロゲステロン)注射で補充しても「受精卵が育つ力」がなくては意味がないのです。
    あくまでも着床を促し妊娠継続の為の治療薬であり、受精卵として成長するには健康な卵子である事が条件です。

    これをクリアする為には、葉酸の力が必要です。

    黄体ホルモン(プロゲステロン)注射と葉酸で確実な妊娠へ

    卵子の質が高ければ、子宮内膜にも着床しやすくなりますので葉酸の摂取を忘れずに受精卵が元気に細胞分裂を繰り返すようにしましょう。

    黄体ホルモン(プロゲステロン)注射を打つから、葉酸サプリを休む必要はないので飲み続けて構いません。
    むしろ不妊治療をしているのなら、葉酸はサプリで積極的に摂取すべきです。

    ホルモンバランスの安定にも、葉酸の効果は高いですし黄体ホルモン(プロゲステロン)注射と併用する事により、排卵、受精、着床、妊娠へ、そして出産までを長くサポートできます。

    長引くホルモン黄体ホルモン(プロゲステロン)注射は不安もあるかも知れませんが、葉酸と同じ妊娠サポートの為には必要なもの。納得できるような治療を行う事が、妊娠へと繋がりますので治療をしっかりとやりましょう。

    妊活中・妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

    産婦人科の女医

    赤ちゃんの先天性異常には脳の未発達によるものと脊髄の形成が不完全である障害があります。特に脳の形成が上手くいかずに成長すると多くの赤ちゃんが死産になってしまいます。出産しても1週間以内に死亡するケースが多いのです。

    葉酸は食事でも摂取されていますが、妊娠すると通常の倍の葉酸を必要とするので半分ぐらいが不足している事になります。脳の先天性異常は妊娠初期の14週のエコーで発見される事が多く、脊髄の奇形は妊娠中期のエコー及び血液検査で判明します。先天性異常の原因は、遺伝や妊娠までのママの生活習慣だけでなく「葉酸不足」が考えられます。

    特に葉酸を妊活中から摂取する事により、先天性異常リスクに有効であるとされています。葉酸は赤ちゃんが受精卵から胎児へと成長する為に脳や脊髄の形成にとても大切な働きをしてくれます。妊娠したい女性はサプリを利用して必要な葉酸量を摂取しまし、先天性異常予防をしていきましょう。

    失敗しない葉酸サプリの選び方!

-->