立ち仕事は流産リスクを背負いやすい?

立ち仕事の女性は妊娠リスクを背負いやすい?

女性の仕事はデスクワークだけでなく、アパレル関係のような華やかな仕事ですが1日立っている事もあります。

妊娠初期は、無理はいけないし、疲れを溜めない等を病院からも言われるので「このまま仕事を続けて良いのか不安」になると思います。実際に、私は妊娠するまでは立ち仕事をしていましたし、

同僚でも出産した女性はたくさんいます。立ち仕事をしている女性が妊娠した時に、気をつけたいことなどをリアルにお話していきます。

仕事を続ける女性の悩み、立ち仕事をしながらの妊娠

立ち仕事と言えば、ファッションビルのアパレル店員や、看護師等色んな職業があります。また外勤で、オフィスの中にいるよりも外を歩き回る仕事の人も体力をかなり使います。

仕事をしていても、主婦として家庭を守っていても妊娠すれば必ずリスクを背負うものです。特に妊娠初期は、染色体異常による流産だけでなく「仕事のしすぎ」「疲れや冷え」によりリスクも高くなります。

立ち仕事は華やかな一面、体力を使う重労働です。女性でも重い荷物を持つこともあるので、事務職よりも疲労を感じやすく溜めやすくもなります。

座りっぱなしのデスクワークと同じで、ヒールを履いたままで立ち続けていることで血行が悪くなり、足がむくみやすく冷えも強くなります。
貧血も起こしやすく、倒れてしまったり普段と同じ様に仕事をしてしまい倒れてしまう人もいます。

妊娠初期を乗りきると、比較的楽と感じる人もいますが立ち仕事の現場では妊婦もそうでない人も同等に仕事を与えられるので「妊娠しているから」と甘えを出せない事もあります。
全ての妊娠に起こるわけではないのですが、立ち仕事の女性が出産すると低体重になりやすいとも言われています。

労働時間が、事務職よりも長かったり身体にかかる不可が大きいのでストレスが溜まりやすかったりする事も原因とされています。あまり神経質になる必要はないものの、立ち仕事の女性が妊娠した時には気をつけた方が良いでしょう。

立ち仕事の女性は流産リスクが高い?


妊娠して産休に入るにも、これを機械に退職を考えるにしても安全に働けて出産までこぎ着けたいものです。立ち仕事をしていると、お腹が張るようになり休むに休めないなんて話も聞きます。

特に妊娠初期には、子宮が成長していくので物を持ち上げたりお腹に力を入れると下腹部がピリッとしたり張りを感じるようになってきます。この張りは休めばすぐに治まるので、問題はありませんが、継続して張りや下腹部が痛むとなると切迫流産の危険性が高くなるのです。

無理は禁物ですから、病院に診察を受けにいけるように上司に申告しましょう。

このお腹の張りは妊娠中期には度々起こりますので、特に長時間の立ち仕事をしていると回数も増えることから、シフトを考えて貰うか座る仕事も増やして貰うなどの工夫をしてください。

切迫早産のリスクがないわけではありませんので、休めないからと無理をしないことが一番です。

立ち仕事はやめるべき?妊娠したら選択したい仕事のこと

妊娠を計画しているいないに関わらず、結婚すれば回りもいずれは妊娠するとは頭に入れていると思います。その上で、仕事を続けるのであれば妊活している事は上司に話しておくべきです。上司から仕事を続けるのか、仕事の部署を変える要望があるかなどを聞かれたら、ここはきちんと話し合いをすべきです。

特に産休を予定している場合には、抜けた分の穴を埋めるために会社も早くに考えなくてはいけません。安定期に入ってから報告すれば良いではなく、妊娠が確定したら万が一を考えて上司だけには話をすべきです。

つわりや体調が悪くなった時の対処など、知らずに倒れてから言われても困りますし、社会人としてのマナーでもあります。

立ち仕事が良くないわけではありませんし、動くことで体力もつき安産で済むメリットもあります。

スポーツで鍛えている人は、比較的疲労も感じにくいようですが「長時間同じ姿勢で立ち続ける」事はどうしてもお腹の張りに繋がります。何時間に1回、適度な休憩を入れさせて貰ったり、調子が悪いときには早退させて貰うなどの対処も話し合っておきます。
仕事を休職するか、産休を取るかについては結婚した時にきちんと考えて会社に伝えておきましょう。


\元気な赤ちゃんを産むために葉酸は常識です/

《流産予防・不妊解消に》
平成14年から国が
妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

妊娠で立ち仕事が辛い時、配置替えを頼んでも良いもの?

夫婦
体調がどうしても良くない、立ち仕事の継続が難しいと感じたらデスクワークに配置替えを頼めないのか?と頭をよぎると思います。これは個人の判断ではなく、医師の診断により会社に報告する義務が生じるので診断書を提出するなどして会社に妊婦の状態を伝えましょう。

妊娠中の配置換えについては、労働基準法に定められているので申請すれば受け入れてもらえます。会社としても安全に業務についてもらう方が良い筈ですし、総務に相談すればスムーズに話も進みます。

立ち仕事の妊娠は大変!だけどケアをすれば続けられます

妊娠したから、立ち仕事をすぐにやめなくてはいけない事はありません。キャリアを積んできた人にとっては、出産後も復帰して働きたい人もたくさんいます。回りに気を使ってしまい、休みたくても休めずに帰りはくたくたになってしまう人もいますし、立ち仕事が負担になり切迫早産となり入院を余儀なくされ、退職してしまった女性もいるでしょう。

ケアをしっかりしていれば、ある程度は防ぐ事は出来ますが完璧とはいかないものです。体重が増えると、腰痛も出ますし足のむくみもケアだけでは改善できないようになってきます。

安定期には、少し出掛けたりして気晴らしができると良いのですが、体力を仕事で使ってしまい休日はとにかく家で休んでいたいと思うようです。セルフケアでは、疲れが取れないようならマッサージを受けたりして身体の疲労をとってあげましょう。

お腹が大きいと、脚のむくみを自分で取るのも一苦労です。私はアロマバスで足湯をしたりと、毎日やっていましたが、その日の内に完璧には取りきれる事もなく歩くのも辛かった記憶があります。フットマッサージで妊婦でも受けてくれるところを探して、毎週通ったりマタニティヨガで腰痛や股関節の痛みを緩和したりと工夫はしました。

弾性ストッキングも履いたりしましたが、頑固なむくみにはまったく効果なしでしたね。脚のむくみは、立ち仕事にはつきものですが妊娠すると常にパンパンです。あまり気にしすぎてしまうと、仕事以外のストレスを溜め込むので休日は日頃の疲れをとる日と決めて行動すると良いですよ。

神経質にならない!立ち仕事でも妊娠出産しています


立ち仕事の中でも、看護師のように休む間がない人もいます。

やはり重い荷物は持ったりはしないようにはしているようですが、動くことで体力がつき安産な人も多いです。

立ち仕事も自分のペースを保てるようであれば問題はありませんし、急にデスクワークになって余計にむくみが強くなったり体力が無くなってしまい大変だったという話も聞きます。

本当に辛い、体力に自信がない、身体に幾度と異変が起きるようであれば早めの産休に入るように申請をするなど考えます。仕事が辛いからと、体力作りをサボる事のないように運動を心掛けたり、食事や葉酸摂取は忘れずにいたいですね。葉酸サプリに含まれるカリウムは、立ち仕事に多いむくみの改善にも効果的です。

食事でもカリウムの多い食事を心がけながら、不足分は葉酸サプリで補いましょう。妊婦はむくみが起きやすいのですが、立ち仕事は更にひどくむくみが出やすくなります。葉酸サプリだけでは、改善が難しいですが諦めず飲みつづけることも忘れずに。

どんな仕事も、妊娠中は色々と大変なものです立ち仕事だから妊娠するとリスクが高いとも言いきれませんし、日々の過ごし方やケアが問題である事もあります。

立ち仕事は体力も精神力も必要になるので、妊娠すると精根果ててしまいますが、それに負けない身体を日頃から作ることがやはり乗りきる為には必要だと思います。

無理は禁物ですが、栄養をしっかり取って体力の低下は防げるはずですから、立ち仕事だからと不安にならず過ごしてください。


\元気な赤ちゃんを産むために葉酸は常識です/

《流産予防・不妊解消に》
平成14年から国が
妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

-->