妊娠5ヶ月(安定期)で流産する可能性が?5ヶ月流産の兆候や自覚症状

妊娠5ヶ月(安定期)で流産
妊娠した喜びも束の間、残念な事に妊婦の1割が流産を経験します。
私も流産経験が2度あるので、流産された人の苦しみは痛いほどに分かります。

流産の多くは、妊娠3ヶ月の初期に起こりますが、安定期と言われる妊娠5ヶ月でも流産する事もあるのです。

私の流産経験を踏まえて、早期だけでなく、なぜ5ヶ月目に流産してしまうのか。その兆候はどのように表れるか、また自覚症状などまとめました。

早期流産について

早期流産
妊娠初期は流産リスクも高いので、人一倍注意が必要です。
流産の多くがこの初期に起こるので、これを過ぎれば安心とも言われてきました。
初期流産の原因は、受精卵の染色体異常である事が多いようです。

初期の流産は、検診時に心拍数が感じられずに発覚しやすいようです。

出血や下腹部の痛みがある場合には、進行流産と呼ばれ、子宮頸管が開いてしまう事で赤ちゃんが出てきてしまうのです。

こうなると妊娠は望めないので、子宮内から胎盤と赤ちゃんを取り出す処置をとります。
この初期の流産は、受精卵の細胞分裂が上手くいかない為に成長が出来なくなる事が原因である事が多いようです。

お腹のハリや痛みが起こって、病院を受診すると流産兆候がみられる事が殆どです。始めて流産を経験すると、ショックで夜も眠れず、自分が悪いのだと思いつめてノイローゼになってしまうもの。

初期の流産は母体が原因ではなく、受精卵が上手く成長することが出来なくなってしまった事にあります。

ここまできての流産は、本当に辛い事です。母親として抱くことが叶わない、そんな苦しみに押しつぶされそうな気持ちを抱えて過ごさなくてはならないのです。

誰が悪いわけではなく、赤ちゃんが弱いわけでもありません。
一度は宿った命に感謝をしても、悲しむ事は天国の赤ちゃんも望んではいないと思いますから早く元気になって笑顔で過ごすようにしたいですね。

安定期である妊娠5ヶ月の流産はどうして起こる!?

後期流産
妊娠5ヶ月の流産は『後期流産』と言われ、成長過程での流産です。

染色体異常の早期流産と違い、母体に何らかの原因や問題が起きる事で起きるケースが多いです。

私も妊娠5ヶ月での流産を経験しました。

ここまで育ってからの流産は、本当に辛いです。『自分が悪い』と、責めて責めて責めまくりショックで引きこもりにもなったくらいです。

原因は、子宮に何らかの異変がある、子宮筋腫、子宮頸管無力症により胎児が成長途中で流れてしまうなど様々。感染症やストレスが原因や引き金にもなりうる為、安定期といっても安心はできません。

不妊治療を行ったり、事前に自分の身体の異常に気づいていれば治療を行い防ぐ事も可能になりますが、そうでない場合には、流産してから原因が発覚する場合もあります。

悔しい事ですが、自分ではどうしようもない憤りを感じるもの。悔やんでも悔やみきれないのが、この安定期に起こりうる流産なのです。


\元気な赤ちゃんを産むために葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

関連ページ:
流産を防ぐには葉酸は必須!葉酸サプリで摂取した方が良い理由とは?

妊娠5ヶ月での流産してしまう理由1:子宮筋腫


子宮には平滑筋という筋肉があり、子宮筋肉はこの筋肉に出来てしまう良性の腫瘍です。30代から40代女性に多く、働き盛りになればその確率も高くなります。

私の1回目の流産の原因は、この子宮筋腫でした。筋腫が子宮内にあると、胎児の成長と共に栄養を運ぶ血管が圧迫を受けます。ホルモン分泌によって、筋腫も同時に大きくなっていくので、胎盤に運ばれる栄養が上手く届けられなくなってしまうのです。

血行が悪くなれば子宮の収縮も引き起こされ、同時に胎児の成長に合わせて子宮が大きさを保てなくなります。狭い布団では、胎児は窮屈で成長が出来ない状態になるので、流産しやすくなるのです。

子宮筋腫を持っている人で、妊娠希望であるならきちんと対策を取ることが必要ではないでしょうか。筋腫はサイズによっては温存となるので、常に検診で子宮の状態を確認しておくことも、流産を防ぐことにもなるでしょう。

女性の3人に1人が子宮筋腫?子宮筋腫を詳しくはこちら

妊娠5ヶ月での流産してしまう理由2:子宮奇形

子宮が先天的に奇形であると、不妊にもなりやすいと言われています。

通常は西洋なしなような形状の子宮ですが、これがされ以外の形であると子宮奇形と判断されます。

形状によっては妊娠も可能ですが、着床しにくくなったり発育不全が起きると流産リスクが高くなります。

妊娠5ヶ月での流産してしまう理由3:子宮頸管無力症

2回目の流産の原因は、この無力症によるものでした。

子宮頸管が弱いと、胎児の成長で頸管が開いてしまい、流産しやすくなってしまいます。場合によっては早産にも繋がるので、胎児の成長を見ながらこの子宮頸管を一時的に開かないような手術が行われます。

予定日が近づけば、子宮頸管を開き通常分娩が出来るので必ずしも子宮頸管無力症だから流産するとは限りません。

体質的なものですから、予防は難しく手術で子宮頸管を止めてしまうのが一般的です。過去に喫煙歴があるとなりやすいとも言われますが、因果関係は不明です。

妊娠5ヶ月での流産してしまう理由4:絨毛膜羊膜炎

赤ちゃんは卵膜で包まれ子宮で育ちます。

この卵膜は3枚の膜で作られていますが、そのうちの絨毛膜と羊膜に細菌感染してしまうと炎症起こし流産リスクが高くなります。
妊娠中は免疫力が低下する為、細菌に感染しやすく膀胱炎などにもなりやすいです。

妊娠5ヶ月(安定期)の流産確率はどれくらい?


安定期である5ヶ月は妊娠21週目にあたり、22週目からは流産とは言わず、早産や死産に区分けされます。

1週の事ですが、22週に入れば最新の医療技術で生存確率が断然高いのですが、後遺症リスクも高く、先天性異常がある赤ちゃんが生まれる確率が上がります。

妊娠初期の流産がもっとも高く約13%、妊娠5ヶ月には1.6%にまで落ちます。

赤ちゃんが危険な切迫流産に稽留流産を合わせても妊娠初期と比べると確率は非常に低いのですが、安定期は気持ちも緩みがちになるので身体の原因だけでなく行動にも流産の原因が増えてきます。

仕事や家事をつい頑張りすぎたり、お洒落をしたいからと露出が多いファッションやヒールを履いて転んだりとリスクはあちこちにあります。適度な運動や仕事に家事は必要ですが、安定期を過信せずに慎重になる事が流産確率を下げる事にもなるのです。

妊娠5ヶ月(安定期)に起きる流産の兆候や症状について

一番心配なのは不正出血です。
不安定な妊娠初期には、多少は出血があるようですが妊娠5ヶ月に入っての不正出血はありません。ほんの少量でも出血があったら直ぐに病院にいってください。

私は周期的な腹部の張り、出血がありました。陰部にかゆみがあったり、おりものが増えたなどの小さな変化は見逃さない事です。頻尿やおしっこをした時の痛みなど、膀胱炎も危険なサイン。

流産しない為には、無理をした生活をしないことや冷えない、清潔にするなど注意しなくてはならないことがたくさんあります。

予防は難しくないですし、子宮筋腫を大きくしないためにも食生活冷えないケアも出来ます。定期的な検診で、身体の変化もチェックしましょう。

お腹が大きくなると自覚も強くなるので、心を落ち着ける生活が送れるように意識をする事で出産まで安全に過ごせるはず。自分だけの身体ではないのだと常に心にとめておいてください。

流産を乗り越えて妊娠したい!必ず妊娠出来る!

流産すると自分の生活態度を振り返り、ネガティブな思考に陥ります。

耐えがたい苦しみと悲しみに日々の中で、どうしてなんだろうと自問自答を繰り返しても、赤ちゃんが戻る事はありません。生まれて来ることは出来なくても、大切な自分の赤ちゃんである事は変わらないはず。

心の中にいつまでも存在する子供と共に新しい命の誕生を待とうではありませんか。

妊娠しやすい体質作りに大切な妊活サプリメント

ベビ待ち中は諦めたら終わり

妊娠・出産は女性に生まれたなら、一度は必ず夢を見ること。

ですが多くの女性が望むときに赤ちゃんを授かることなく悩んでいます。

また、妊娠しても、流産されて悲しい経験をする人も多いのです。

「赤ちゃんはまだ?」相手は悪気はなくても、授からない人には傷つく一言でしかありません。私のように、妊娠を望みながら授かる機会に恵まれず、着床しても流産する人もたくさんいます。

でも「諦めたら終わり」なんです。

妊活に大切なのは「頑張る」ではなく「諦めないこと」

自分の身体を愛しみ、健康な赤ちゃんが授かるように作り変える事が大切なのです。

誰もが妊娠できるチャンスがあります。現在悩んでいる方に私(流産を2回し、妊活サプリのおかげ?で2014年に女の子を出産!現30代後半)が実際飲んだ商品を皆さんにも飲んで頂きたい妊活サプリを紹介したいと思います。


\元気な赤ちゃんを産むために葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

関連ページ:
流産を防ぐには葉酸は必須!葉酸サプリで摂取した方が良い理由とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->