絨毛膜下血腫の流産のリスクは?出産には問題ない?

絨毛膜下血腫
妊娠初期に起こりやすい不正出血の中で「絨毛膜下血腫」は比較的多いものです。
不正出血の中には、流産に繋がる危険なものもありますが、比較的安心な症状でもあるので落ち着きましょう。

中には安静にするように医師から指導されたり、入院を勧められたりもするので流産リスクがあるのではないかと心配になる人もいるかも知れません。

絨毛膜下血腫は出産を阻害するのか、病気なのかについてまとめます。

絨毛膜下血腫って何?


受精卵が子宮にたどり着き着床すると、細胞分裂を始めて栄養を血液から摂り入れられるように、絨毛を子宮内膜に張り巡らせていきます。

ここで始めて妊娠が確定し、徐々に胎盤が出来上がりママから栄養を分けて貰うことになるのです。

その時に毛細血管を破ってしまい、微量ですが出血する事があります。

このような少量の出血は、直ぐに吸収されますが子宮内膜が薄かったり、しっかりと絨毯が伸びないと出血量が増え固まって血腫となり絨毛膜下に留まります。妊娠初期に多く、妊娠中期ではまれに発見されます。

絨毛膜下血腫の症状について


子宮入り口辺りに血腫が出来てしまうと、おりものに血液が混ざって排出されていきます。茶色であったりピンクであったり個人差はありますが、鮮血が増えてきた場合には絨毛膜下血腫である可能性は高くなります。

妊婦検査で発見されやすく、自分では不正出血を感じたり、下腹部痛やお腹が張るなどの自覚症状で確認される事があります。

妊婦中期には、子宮が大きく膨らむので胎盤ができあがると絨毛が浮き上がり持ち上がってしまうことで出血が起きるようです。

自然に消えず血腫が大きくなると、。流産のリスクが高くなるので自宅及び入院で安静にしなくてはなりません。

妊娠に影響はない?流産リスクは?切迫早産の危険性がある?

絨毛膜下血腫はよくあるものですが、不規則な生活や無理をして生活や仕事を続けると血腫が大きくなり赤ちゃんを押し出してしまったりする危険性は高くなります。

特に他に問題がなければ、安静を心掛け血腫が消えるのを待ちます。妊婦5ヶ月を過ぎると、多くの血腫は消えていきますが切迫早産の危険性もあるので入院措置を取ることもあるようです。

元気な赤ちゃんを産みたい方必見!今飲んでいる葉酸サプリは本当に安心できるものですか?こんな葉酸サプリは危険?

絨毛膜下血腫は治療できる?予防などはどうする?


新しい命がお腹に宿るわけですから、身体にも色んなトラブルが起こります。妊婦検診で発見される事も多いように、超音波検査でしか見ることが出来ません。
自覚症状がない、出血もないのに絨毛膜下血腫と診断されると、再検査を行い判断します。

それで消えていれば特に問題はありませんし、出血や腹痛があってもサイズが小さい時には特に何も治療は行いません。

血腫は必ず出来るとは限りませんし、サイズの上限のコントロールも出来ません。安静にして、血腫を大きくしない、早くに消えるようにするにかないのです。

血腫の場所や、大きさによっては自宅ではなく病院で生活管理をする事もあります。自宅で安静にする場合には、無理に家事をしないようにするしかないので家族のサポートが必要になります。

特に流産に繋がるとは言えませんが、血腫が消えずに残ったままでいると細菌感染する可能性も高くなります。これを防ぐためにも、無理なく過ごすようにしてください。

絨毛膜下血腫が安心とは言っても無理な生活や運動は控えるべき

絨毛が子宮内膜に入り込むと、血管が増えていくので出血はやむ得ずに起こりますが、エコーで心音が確認されている間は心配しなくて良いそうです。

通常は自然に消えていくものが、固まってしまうのが問題で、動きすぎたり無理がたたる事で出血したり大きくなってしまうようです。

絨毛と子宮内膜がしっかりとしていれば問題はないのですが、子宮内膜の厚みが足りなかったりすると起きやすいとも言われています。

妊婦初期から中期には、出血が起こりやすい時期でもあるので絨毛膜下血腫が安心とは言っても無理な生活や運動は控えるべきでしょう。

絨毛膜下血腫で流産するリスク・確率は?

病院
妊娠中の出血は、大事のないものからそうでないものを含めて流産リスクを高くします。
出血が多く、腹痛を伴うと大半が流産に進む可能性があるのです。

中には出血が長く多くても、経過が良好で出産できる人もいるようですが、出血の量だけで安心ではないのです。

絨毛膜下血腫が出血を伴うと切迫流産へも繋がるために、病院でも慎重な検査と診断がされます。基本は安静であるのは、出血を止めて赤ちゃんの生命を守るためで、止まらないと流産に繋がってしまうからです。

安静と言われても、家事などもこなさなくてはならない人は出血が止まらずに流産してしまう事もあるので、必ずしも安心とは言えません。この様な不安を取り去る為にも、少量の出血でも直ぐに診察を受けましょう。

絨毛膜下血腫から切迫流産に?!血腫だけでない原因も!

絨毛膜下血腫は、サイズが小さいものは問題なく消えますが、大きくても安静にしながら血腫が小さくなるのを待てば出産も出来ます。

問題は胎盤の状態で、前置胎盤常位胎盤早期剥離が起きてしまうと流産へと繋がりやすいのです。

絨毛膜下血腫が子宮の入り口あると出血も多いのですが、前置胎盤で血腫が圧迫されてしまうと流産リスクが高くなります。

このように絨毛膜下血腫だけでなく、胎盤に何等かの障害が起きると危険度が高くなるのです。

安静にすると絨毛膜下血腫は治まる?

絨毛膜下血腫と診断されると、医師からは安静にするように指導されます。血腫は次第に身体に吸収されていきますが、動く事で刺激を受けると大きくなっていきます。

小さなものを大きくしない、大きなものがこれ以上大きくならないような措置は安静しかないからです。血腫は取り出せないので、胎児を押し出さないように自然治癒するしか現在では方法がありません。

私の絨毛膜下血腫は最初は小さなものでしたが、検診の度に大きくなり最終的には入院による安静を強いられました。

まったく心配がないとは言い切れないので注意が必要です。

絨毛膜下血腫は甘く見ると危険?!

待望の妊娠で喜ぶも束の間、不正出血で病院を受診しました。

絨毛膜下血腫があると言うことで「自宅で安静にするように」と注意を受け、出来るだけ横になって休む時間を作りましたが家事ってかなりの重労働です。

安定期には、小さくなるだろうと思っていたら、検診の度に大きくなっていきます。5cm程になった時には「うーん、入院した方が良いね。赤ちゃんが下りてきてるから」と言われました。

頭が真っ白で「流産ですか?」と聞いたところ「心音が聞こえるから、今は安心だけど油断できません」とも。即入院でトイレも車椅子の完全体勢でした。お腹の張り止めを点滴しながら様子を見ていましたが改善されない為に、大きな病院に転院する事になりました。

絨毛膜下血腫から感染症になると流産しやすい事から、設備のしっかりした大病院の方が安心と言われたのです。安定期から出産直前まで、トイレ以外はどこにも行けないような状態で「安静の大切さ」を実感しました。血腫は完全な安静で消えたものの、子宮頸管無力症の手術後も自宅には帰れず、病院で過ごしました。

少しでも流産のリスクがあるのであれば「安静に過ごす」事は本当に大切な事です。ちょっとした疲労でお腹が張ってくると、流産や早産にも繋がってしまうのです。

絨毛膜下血腫リスクは誰もが持っています、だから毎日が大切

どんな健康な妊婦も、絨毛膜下血腫にはなります。それを早くに発見して、抑えていく事で健康な赤ちゃんを出産する事もできます。予防は何もないのですが、やはりストレスを溜めないよう過ごす事が大切だと思います。

安静中は、鬱々とした日々を送らなくてはなりませんが、そんな時こそ葉酸を忘れずに身体作りをしていきたいもの。血腫を早くに消してしまう為にも、自分の治癒力を高めていきましょう。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

産婦人科の女医

赤ちゃんの先天性異常には脳の未発達によるものと脊髄の形成が不完全である障害があります。特に脳の形成が上手くいかずに成長すると多くの赤ちゃんが死産になってしまいます。出産しても1週間以内に死亡するケースが多いのです。

葉酸は食事でも摂取されていますが、妊娠すると通常の倍の葉酸を必要とするので半分ぐらいが不足している事になります。脳の先天性異常は妊娠初期の14週のエコーで発見される事が多く、脊髄の奇形は妊娠中期のエコー及び血液検査で判明します。先天性異常の原因は、遺伝や妊娠までのママの生活習慣だけでなく「葉酸不足」が考えられます。

特に葉酸を妊娠前から摂取する事により、先天性異常リスクに有効であるとされています。葉酸は赤ちゃんが受精卵から胎児へと成長する為に脳や脊髄の形成にとても大切な働きをしてくれます。妊娠したい女性はサプリを利用して必要な葉酸量を摂取しまし、先天性異常予防をしていきましょう。

元気な赤ちゃんを産みたい方必見!今飲んでいる葉酸サプリは本当に安心できるものですか?

失敗しない葉酸サプリの選び方!

-->