妊娠初期のインフルエンザについて知識がないと大変!

インフルエンザ

毎年強力になり、予防接種をしても感染する人も増えています。

予防接種は必要ない!と摂取しない人もいるようですが、子供のいる家庭や新米ママには深刻な問題です。
妊娠初期から出産までは、健康な人に比べて免疫力も体力も低下しています。

その為に感染しやすく、時には重症となりお腹の赤ちゃんに影響を与える事にもなります。妊娠初期の予防接種や、感染したらどうするか?等をしっかり頭に入れましょう。

妊娠初期にインフルエンザになると重症化してしまう?

毎年年末から春まで猛威を奮うインフルエンザ。

特に乳幼児や高齢者が重症になりやすいのですが、妊婦も例外ではありません。

妊娠初期には、つわりが起きる為に食事が出来ない、偏りがでる事で免疫力がさらに低下しやすくなっています。

体力自慢の人も、この妊娠初期だけは病気になりやすくインフルエンザ以外にも注意する必要があります。

赤ちゃんへのリスクが高い?インフルエンザに感染したらどうする?

妊婦を希望している場合には、インフルエンザ予防がなによりも大切です。

万が一、インフルエンザに感染したらタミフル等の薬を服用します。

妊婦初期だけでなく、インフルエンザに感染すると赤ちゃんの双極性障害のリスクが高くなります。

また、酸素量が赤ちゃんの分を含めて増えることから回復が一般より遅くなるので、しっかりした治療が必要になるのです。

妊娠初期にインフルエンザ予防としての薬の投与の危険性は?

インフルエンザ 注射
インフルエンザシーズンには、産婦人科から予防的な意味での薬の服用の説明があります。

パートナーや上の子が、インフルエンザに感染した場合のみ、予防目的でタミフル等を服用する事が良いと日本産婦人科学会で推奨されているのです。

会社や保育所のように、不特定多数の人がいるような場では感染率が高いので、ママは平気でももらってきてしまう事が多くなります。子供の看病を家族に頼めないようであれば、薬の服用を検討してください。

>>妊娠初期に必ず摂取しなくてはいけない葉酸とは?

妊婦初期にインフルエンザに感染したら!産婦人科で薬は貰える?

インフルエンザらしい症状が表れた時には、現在通う産婦人科ではなく内科を受診します。

産婦人科には、妊婦だけでなく赤ちゃんや子供がいるので感染を拡大する可能性があります。

上の子がいて小児科にかかっていても、内科の方が安全でしょう。span class=”yellow”>検診の予定日であっても、先ずは内科を受診するのが先決ですから焦らずに行動してください。

インフルエンザの予防摂取はいつから出来る?

妊婦を希望している人は、シーズン前には予防摂取を済ませておきましょう。

一般的には10月からワクチン摂取が出来るので、かかりつけの病院で確認しておくと良いと思います。

妊娠初期の予防接種については、赤ちゃんの成長を加味して避けるべきと言われていますが、インフルエンザワクチンでの奇形発生率も増えていないことから、妊娠中の予防摂取は安全とされています。

ママに抗体がある方が、むしろ安全でもありますので積極的に受けた方が良いでしょう。


\妊娠初期にこそ葉酸の摂取が大切/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
ベビ待ち・妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

妊娠中のインフルエンザ感染の治療は?

頭痛
妊娠初期から後期まで、シーズン中は感染する事も考えられます。

予防摂取で重篤にはならないものの、発熱などがあるとやはり薬の服用も検討しなくてはいけません。

タミフルやリレンザの妊娠中の服用は安全とされているので、医師の判断で処方されます。基本は内科で診察と処方となるので、かかりつけの病院で処方された薬を飲んで良いかを確認してから服用してください。

妊娠初期のインフルエンザには薬の服用は絶対?薬以外で治せる?

妊娠初期のタミフル等の服用は問題はないものの、やはり薬は飲みたくないママもいると思います。

症状が表れて48時間以内に服用すれば、発熱を抑えたりウイルスを早くに追い出すことも出来るので、子育て中の感染には利用したいと考える人もいると思います。

予防摂取をしっかり受けていれば、かなりの確率でインフルエンザは予防できますが、万が一感染した時に薬を飲まずに治したママもいるようです。インフルエンザは風邪と違い、自然治癒はしないものです。

薬を飲まずに、治ったという人もいますが39℃以上の高熱になると胎児の心拍数が上がるために入院措置を取られることもあります。自己判断で薬を飲まないのではなく、医師と話し合って最良の方法を考えましょう。

アレルギーのある妊婦はインフルエンザワクチンの摂取より薬を!

アレルギー
インフルエンザワクチンは、卵アレルギーがあると摂取できなくなっています。

妊娠初期にワクチン摂取をしたくても、アレルギーで毎年予防接種が出来ないママは、感染してすぐか家族に発症者がでて接触した場合すぐにタミフルかリレンザの服用をお勧めします。

薬にはアレルゲンとなるものは含まれていないので、安全かつ効果的です。

インフルエンザから赤ちゃんと自分を守るためにやりたいこと!

赤ちゃんとお母さん
予防接種だけでなく、あらゆる予防はやっておきたいもの。シーズン前からの、予防に優るものはありませんので妊婦予定や初期の人は積極的に予防をやっていきましょう。

必要以外の人混みへの外出は控える

買い物などはパートナーにお願いしたり、宅配ネットスーパーを利用するなど出来るだけ人が多い場所には行かないようにしましょう。子供が小さいと休日に外出しなくてはいけない事も増えますが、家族に頼んで連れていって貰うなどして控えるのが良いでしょう。

マスクは必須アイテム

マスク女性
インフルエンザに感染しない為には、空気中の細菌を吸い込まない事です。やむ得ず外出しなくてはならない時には、必ずマスクを着用しましょう。紙の使い捨てタイプの方がインフルエンザには効果的です。しっかりしたものを用意すると良いですね。

手荒いとうがいは必須

うがい
これは毎日の事ですが、インフルエンザシーズンには特に気をつけたいものです。外出先でも、しっかりとする事でウイルスから自分を守りましょう。

加湿器で部屋の湿度を一定にすること

加湿器
インフルエンザウイルスは乾燥した空気を好むので、適度な湿度にしておくのが大切です。

高すぎても良くないので、加湿し過ぎないようにしてください。

妊娠初期に一番大切な予防は睡眠と栄養のバランス

感染を避けるだけでなく、免疫力の低下を食い止める為にも質の高い睡眠と栄養は不可欠です。

特に栄養に関しては、妊娠初期から考えておかないとスルズルトとしてしまい体力面で問題が起きてしまいます。

つわりで食べ物の好みも出やすい、妊娠初期は栄養が偏りがちになります。意識しても食事だけでは、栄養バランスを考えることは難しいものです。こんな時に便利なのは葉酸サプリです。

葉酸だけでなく、身体に必要なミネラルやビタミン、カルシウム等がバランスよく含まれています。妊娠初期から葉酸を積極的に摂取する事は、赤ちゃんの染色体異常のリスクを下げるだけでなく、体力をつける為にも必要なもの。

つわりも軽減する効果もありますので、利用してみてください。抵抗力をアップして、感染しない為にも栄養に優れた葉酸サプリは大切なのです。


\妊娠初期にこそ葉酸の摂取が大切/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
ベビ待ち・妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->