妊娠初期に鼻水やくしゃみが止まらない!鼻炎や風邪との違いや見分け方

妊娠初期に、くしゃみや鼻水が止まらなかった答えている先輩ママがたくさんいます。ホルモンが乱れることで、風邪のような症状があらわるのです。妊娠を意識していないと、気づかずに風邪薬を手にとってしまいますが妊娠初期なら薬は飲めませんし、安静にして乗りきりたいもの。

今回は妊娠初期に多い鼻水やくしゃみはなぜ起こるのか?風邪との見分け方、過ごし方や乗りきり方についてまとめます。

くしゃみや鼻水だけじゃない!妊娠初期には体調不良になりやすい

妊娠すると基礎体温は高温期のままになり、赤ちゃんを成長させるための準備に入ります。高温期が長くなると体が急に重くなり、ダルさや、熱っぽい、頭痛やめまい、鼻水やくしゃみなど風邪の引き始めのような症状が出ます。ホルモンの変化により体がついていけない事で不調を感じやすくなるのです。

つわりも始まるので、くしゃみ・鼻水と共に苦しむことになりますから気分もすぐれず食が細くなってしまう人もいるようです。妊娠初期から始まりますが、永遠に続くものではありませんので気楽に考えるのも大切です。

治らない!そんなくしゃみ・鼻水は妊娠性鼻炎

妊娠してもシーズンには花粉症に悩まされる女性もいますが、そうでない場合は妊娠がきっかけで鼻炎を起こしていると考えられます。花粉症などのアレルギー性鼻炎の人は、症状が悪化して鼻が詰まってしまうことも。

妊娠中期にぴったり止まってしまう人もいますが、長期間症状の改善が見られない人は、妊娠性鼻炎と考えてよいでしょう。アレルギー性鼻炎と同じで、鼻水は透明で水のようにサラサラ、体質によっては出産まで鼻水に悩まされる事になるようです。

妊娠性鼻炎は予防できないの?

風邪と違い、予防してもおこりやすいものです。ただ悪化させない事で妊娠初期を少しでも快適にする事はできます。鼻炎は刺激を受けるとくしゃみが止まらなくなり鼻水が出てしまいますから、マスクを着用して外出し花粉やホコリを吸い込まないようにします。

自宅では、ハウスダストやホコリを吸い込まないように空気清浄機を利用したり、衣類についたものは玄関で落とす、手洗いとうがいを徹底するなどの工夫をしましょう。体調管理をしっかりし、食事のバランスを考えて少しでも早くに症状が治まるようにしておきたいですね。

妊娠初期の鼻水やくしゃみを風邪と区別するには?

風邪はウィルスにより症状が重くなりますから、くしゃみや鼻水以外に喉の痛みや関節痛があります。妊娠初期には、喉の痛みがないのが特徴的。全ての妊婦が鼻水やくしゃみをおこすわけではありませんが、自律神経のバランスが乱れることにより急に鼻がグズクズしてしまうのはよくあります。

普段は風邪もひかない、花粉症や鼻炎に縁のない人も妊娠すると何らかの変化があらわれます。このように症状だけで、妊娠性鼻炎か風邪の区別がしにくいのです。

仕事をしている、子育中であれば、風邪をひいてしまうと色々と大変ですから、早く薬を飲んで休みたいもの。妊娠初期の症状であれば、薬を飲まずに何とかやり過ごしたいですね。妊娠かな?と思ったら、水とくしゃみ以外に変化がないかを書き出してみましょう。

  • 妊活中である
  • 生理予定日を過ぎても始まらない
  • 生理のような出血が短期間で終わった
  • 胸が張るような気がする
  • 食事を食べるとムカムカする
  • 食欲がなくなってきた、強い匂いのものが食べられない

検査薬を使って判断する方法もありますが、調子が悪く不安であれば病院を受診しましょう。あまりに辛いようなら、漢方薬等を処方してもらえる事もあります。一人で悩んでいるよりも病院で「妊娠したかもしれない」事を伝えて診察を受けるのが一番です。

鼻水が止まらない!そんな時に自分でどう対処すべき?

妊娠初期はつわりもありますから、鼻水とのダブルパンチはなかなか辛いもの。そんな時には、少しでも楽にしたいもの。薬に頼らずに自宅で改善したいなら簡単な方法で対処しましょう。

ホットタオルやスチーマーを使う

鼻のつまりは、血流の悪さが原因です。お風呂に入ると、鼻づまりがなおるように温めると楽になります。レンジでタオルを温めて、目のきわから鼻の付け根に乗せてみましょう。特に眠れない時には、ホットタオルがおすすめです。加湿器で部屋に蒸気をプラスするなど工夫してください。

最近はコンパクトなアロマデュフューザーがあり、水を入れて香りを楽しむものがあります。妊娠中はアロマオイルの禁忌が多いので、アロマオイルを使った加湿はやめましょう。

このような香りを楽しむデュフューザーでは加湿器としての機能を発揮できません。加湿器は1台あると便利なものですし、赤ちゃんが生まれてからも活躍するもの。自宅に用意がない人は、この機会に購入してはどうでしょうか。

鼻の拡張テープを使う

鼻の通りを良くする拡張テープは、就寝時の口呼吸予防にも使えます。昼間には目立ちますのでマスクで隠したりするのも良いでしょう。ただ、肌も敏感になる妊娠初期に使いすぎるとかぶれてしまうこともあるかもしれません。鼻がかゆくなったり、赤くなったりしたら使用を中止すること。

就寝時のマスク

マスクの内側に濡れたガーゼを挟むと、若干鼻づまりがやわらぎます。マスクをすると眠れない人は、ホットタオルで鼻通りを良くしておきましょう。

枕を少し高くしてみる

いつもより枕を高くすると、少しですが鼻づまりが楽になることもあります。あまり首に合わないようにしてしまうと、筋違いしてしまいますので気をつけて。

どうしても辛い時には医師に相談する事

妊娠初期は精神的にも不安定になりますので、鼻づまりが悪化したりくしゃみが止まらない毎日が続くと気持が滅入ってしまい、それが原因で「眠れない」「情緒不安定になる」などの良くない状況に陥ってしまいます。

ましてや、何週間も苦しむと「本当に治まるんだろうか」とますます不安になってしまいお腹の赤ちゃんにも良い影響を与えません。妊娠中のマイナートラブルは、我慢すればいいというものでもありません。

日常生活に支障が出るような場合には、病院を受診し妊娠中でも飲める薬で症状を和らげることも考えるべき。一人で抱え込まずに、信頼関係のある医師に相談してみましょう。

妊娠初期のくしゃみは赤ちゃんに影響はないもの?

鼻水だけでなく、くしゃみが止まらないのも困ります。鼻水はかめば治まりますが、くしゃみはお腹に力が入るので赤ちゃんへの影響を心配する人もいます。くしゃみをすると腹筋に力が入るので、妊娠初期には激痛を感じたりお腹が張ってしまう妊婦もいるようです。

子宮が大きくなれば、支える靭帯も固くなるので痛みがでるのですが1日に何度もこれでは心配になります。くしゃみをしたから子宮収縮が起こるわけではありませんし、流産に繋がるわけではありません。あまり過敏に考えずにリラックスしていましょう。

ムズムズしたら鼻をつまんで息を飲むなどしてくしゃみが出ないように工夫してみるのも良いでしょう。

くしゃみをするとお腹が痛む!どうにかしてやわらげたい

くしゃみでお腹に圧力がかかるとお腹に張りがでてしまい、不安になるもの。かといって毎回くしゃみを抑えるのは大変です。くしゃみでお腹に痛みが出るのは、体が無防備で中心分に力が入るからです。

仕事中なら、机の端を掴んだり身近なものを掴むと上半身に力が入りお腹への衝撃がやわらぎます。リラックスしている時に、くしゃみが出ると体が前傾したり飛び上がったりしませんか?踏ん張る事で、体をぶれさせなければお腹への衝撃を少しは緩和する事もできるのです。

鼻水と同じで、マスクは外出時には必須。洗濯物は外に出さずにベランダや乾燥機を使い繊維にくしゃみの原因がつかないようにしましょう。

妊娠初期に鼻うがいをすると良いって本当?

くしゃみや鼻水は、妊娠による体の変化で起こりますが外部からのアレルゲンにより悪化しやすいもの。予防として、手洗い・うがい・鼻うがいをしている人もいるようです。鼻うがいは妊婦でもできますが、なかなか難しいもの。

自宅でやりたい場合には病院で正しいやり方を教えてもらいましょう。1日1回で十分な効果がありますが、うまくいかないなら耳鼻科でやってもらいコツを教えてもらうこと。市販のもので使いやすいものがあれば試してみると良いでしょう。

くしゃみで尿漏れしてしまう!妊娠初期だけなの?

加齢による尿失禁は骨盤底筋の弛みで起こります。妊娠初期はホルモンの影響で膀胱周辺の筋肉が弛んでいる・子宮が圧迫されてくしゃみで尿漏れする事が考えられます。

出産後には、骨盤矯正を鍛えることで尿漏れを予防することができますが、妊娠初期にはお腹に負担をかけるような運動は控えるべき。くしゃみが止まらずに、尿漏れするなら専用シートを利用してみると良いでしょう。

妊娠初期のマイナートラブル予防は妊活中から

妊娠初期にはどんな人なんらかのトラブルを感じるもの。つわりだけでなく、鼻水やくしゃみも多く感じられるものの一つです。この鼻水やくしゃみも、重症化する人もいれば、1週間くらいで治ってしまい難なく妊娠中期に入る人も。

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎を持病として持っている人は、粘膜がアレルゲンい敏感に反応するので妊娠によって起こるくしゃみ・鼻水を併発してしまうこともあるのです。このような人は日頃から、アレルギー対策をしっかりしておくことや体調管理をしておきましょう。

治療を受けている人は、妊娠を希望することを医師に伝えて薬を見直してもらったりしばらく休むなども考えるべき。妊娠しても飲める薬に変更してもらったり、薬に頼らない対策をしっかりしておくこと。

妊娠初期に起こる体調の変化は、くしゃみや鼻水、妊娠性鼻炎だけではありません。貧血や高血圧など、きりがないくらいに起こります。それを少しでも楽に過ごすためには、妊活中の生活習慣や食生活の見直しと葉酸摂取です。

妊娠初期のくしゃみ・鼻水はかならず止まります

急なくしゃみや鼻水に戸惑いを覚える妊婦はあなただけではありません。大したことはないと思っていても、妊娠したことで体が思うように動かずに不快感を増してしまうこともあります。

誰でも経験することですが、軽い人は早くに回復し、出産まで鼻の調子が悪いままに過ごす人も。体質だけではなく、免疫力が高いのか低いのかにもよって妊娠初期のマイナートラブルに対しての反応が異なるのです。

妊活中に葉酸を摂取するのは、元気な赤ちゃんを授かるためだけでなく、自分の体を健康にして妊娠した時の色んなトラブルを回避するためでもあります。葉酸をしっかり摂取することで、体調管理もできますし気持ち的に不安を解消することができます。

くしゃみ・鼻水を葉酸で回避することはできませんが、自分の体に回復する力があれば、妊娠初期のマイナートラブルも比較的楽に乗り切ることができます。妊活から妊娠初期は特に葉酸が大切な時期です。

安心して赤ちゃんを授かり、成長を見守るためにも葉酸は早くから摂取しましょう。そして、辛い期間はすぐに終わるんだと気持を楽にしておくことも大切。一人で抱え込まずに、家族に支えてもらいながら妊娠ライフを楽しみましょう。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

産婦人科の女医

赤ちゃんの先天性異常には脳の未発達によるものと脊髄の形成が不完全である障害があります。特に脳の形成が上手くいかずに成長すると多くの赤ちゃんが死産になってしまいます。出産しても1週間以内に死亡するケースが多いのです。

葉酸は食事でも摂取されていますが、妊娠すると通常の倍の葉酸を必要とするので半分ぐらいが不足している事になります。脳の先天性異常は妊娠初期の14週のエコーで発見される事が多く、脊髄の奇形は妊娠中期のエコー及び血液検査で判明します。先天性異常の原因は、遺伝や妊娠までのママの生活習慣だけでなく「葉酸不足」が考えられます。

特に葉酸を妊娠前から摂取する事により、先天性異常リスクに有効であるとされています。葉酸は赤ちゃんが受精卵から胎児へと成長する為に脳や脊髄の形成にとても大切な働きをしてくれます。妊娠したい女性はサプリを利用して必要な葉酸量を摂取しまし、先天性異常予防をしていきましょう。

元気な赤ちゃんを産みたい方必見!今飲んでいる葉酸サプリは本当に安心できるものですか?

失敗しない葉酸サプリの選び方!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->