妊娠超初期に葉酸サプリは必須!その理由とは?

女性のウエスト
妊娠初期には葉酸はなぜ必要なのでしょうか?
葉酸は妊娠を望む全ての人に必要な栄養です。

妊娠を考えた時に「禁煙・禁酒」をするのと同じ様に葉酸の摂取を考えるべき事です。

実際に不妊治療を始め、医師から「葉酸摂取は忘れずに」と言われました。

海外では、妊活=葉酸ですが日本ではまだ浸透されておらず「妊娠初期からでも間に合います」と言われているのが現状です。妊娠超初期は期間も短く、自分では意識しにくい時期ですが、この頃から赤ちゃんの成長の為に葉酸についてしっかり考えましょう。

今回は妊娠超初期から葉酸が必要な理由や、葉酸不足によるリスクについてまとめます。

妊娠超初期から葉酸はなぜ大切なの?


葉酸は水溶性のビタミンB群で「生まれ変わりのビタミン」とも言われています。

私達の身体の細胞を作ったり修復する為には欠かせないビタミンで、肌のターンオーバーや怪我を治す為にも働いています。

受精卵が分裂・増殖する働きを助け、身体の組織や内臓を作る、ママの貧血を予防し流産を防ぐなど素晴らしい働きをしてくれます。

また、ホルモンバランスを整える・妊娠力をアップさせる・卵子の質を高くするなど妊娠前からも身体に大きな役割を担います。

妊娠超初期は、受精し受精卵が着床する大切な時期です。

着床するのが妊娠3週目にあたりなのですが、生理前のような症状が起きるために気づきにくい事もあるようです。

妊娠超初期は、赤ちゃんを授かるスタート時期。
受精卵が細胞分裂を始める大切な時期ですから、それを助ける葉酸を十分に摂取することで赤ちゃんの神経管閉鎖障害リスクを軽減できます。

妊娠超初期に葉酸を摂取すると防げる神経管障害とは?


受精卵が分裂を繰り返し、最初に作られるのが脳や脊髄です。

妊娠超初期の、4週目から妊娠初期に入る5週目には、この部分が作られますが葉酸不足であると発育が上手くいかずに先天性異常を持ったまま成長してしまいます。

日本では「妊娠初期から葉酸を摂取してもリスクを低下させる」と言われていますが、海外では遅くても妊娠超初期からの摂取は当たり前だそうです。それだけ葉酸の必然性が浸透していないと言うことでしょう。

神経管閉鎖障害は脳と脊髄に障害が現れ、画像の赤ちゃんのように脳が上手く形成されないと「無脳症」となり殆どは死産です。

成長して出産しても、生後1週間で死亡する確率が非常に高いのです。

日本で多いのは「二分脊椎症」という障害で、発症部分により運動能力や知覚の麻痺、排泄障害を起こしてしまいます。

リハビリや治療は生涯続く事になるので、家族の負担も大きくなります。

この神経管閉鎖障害は、遺伝によるものよりも妊娠超初期からの葉酸不足が原因と考えられているのです。

日本の調査でも、妊娠超初期から葉酸を摂取していない妊婦の90%が神経管閉鎖障害の赤ちゃんを出産しています。

葉酸は妊娠すると必要ではなく、妊娠する為に必要な栄養であり健康な赤ちゃんを出産する為には必要条件であるのです。

妊娠超初期から葉酸を摂取するメリット

夫婦
神経管閉鎖障害リスクを低下させるだけでなく、妊娠超初期からの葉酸摂取は色んな意味で効能を発揮します。

ダウン症リスクの軽減


年々増加の傾向にあるダウン症は、高齢出産が増えた事が関係していると言われていますが、それ以外でも生まれるリスクはあります。

受精卵が分裂を繰り返す過程で、それが上手くいかないとダウン症になってしまうとも言われており、葉酸不足によるDNA異常が起きることも原因の1つなのです。

流産の防止

妊娠超初期から葉酸を摂取すると、化学流産・先天性奇形による流産・稽留流産の予防ができるとされています。

化学流産と葉酸

妊娠超初期は、着床から定着する大切な時期です。子宮内膜の強化を葉酸の働きがサポートする事で、着床がしっかりと行われ化学流産を防止してくれます。

先天性奇形の流産

葉酸不足により、妊娠超初期の細胞分裂がうまくいかなくなるとその後の妊娠初期に流産しやすくなるとされています。

妊娠初期に葉酸を摂取すると、先天性奇形による流産予防になると言われますが、着床から細胞分裂に繋がる妊娠超初期から葉酸を摂取しておけば、さらにリスクを軽減させられるのは間違いないでしょう。

稽流流産と葉酸

赤ちゃんの成長がうまくいかずに、子宮内部で死亡するのが稽流流産です。

妊娠初期に起きやすく、葉酸不足により発達ができなくなる・血行が悪く栄養が届かない事が原因とされています。私も経験していますが、妊娠中の葉酸不足だけでなく色んな原因が複雑に絡んでいます。ですが妊娠超初期から摂取しているとリスクが非常に低くなりますので、忘れずに摂取しましょう。


\元気な赤ちゃんを産むために葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2014年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
赤ちゃんの病気になる神経管閉鎖障害を防ぐ
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
流産を防ぐには葉酸が必要?

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

葉酸は妊娠超初期からでも間に合う?

悩んでいる女性
妊娠中に葉酸を摂取すると、先天性奇形やダウン症リスクを下げると強く言われますが、いつから葉酸が必要かは様々な意見があります。妊婦が必要とされる葉酸は480ugですが、これを食事で摂取するのは非常に難しいものです。

一番葉酸が必要とされるのは、妊娠4週から6週の妊娠超初期から妊娠初期です。

妊娠超初期は自分では妊娠しているか確定的ではないので、間違いなく葉酸を摂取するのは非常に難しいと思います。最低でも妊娠する1ヶ月前からの摂取が好ましいので、妊活を始めた時から葉酸を意識して摂りいれていきましょう。

妊娠超初期の葉酸摂取はサプリで!

食事でも葉酸を積極的に摂取したいのですが、確実に必要な分を摂取する為には葉酸サプリが一番です。

サプリの合成葉酸が実は大切

食事で摂取できるのは、ポリグルタミン酸の天然葉酸で、葉酸サプリは合成葉酸のモノグルタミン酸と呼ばれるものです。

合成と聞くと「添加物が含まれている」「身体に良くない」と勘違いする人が多いのですが、母子手帳にもあるように妊婦には合成葉酸の摂取が好ましいとされています。

合成葉酸は身体への吸収率が高いですし、添加物フリーの葉酸サプリを選べば安心です。

食事で葉酸が摂りづらい

野菜やレバーに含まれている葉酸ですが、加熱すると大切な栄養が失われたり吸収が悪いなどのデメリットもあるのです。

毎日葉酸の多い食材を必要なだけとなるとメニューを考えるだけでも一苦労です。妊娠超初期から、味覚も微妙に変化するので「食べられなくなる」事を考えると葉酸サプリからの摂取が好ましいでしょう。

貧血防止やつわりの軽減

妊娠すると血液が多く必要になるので、葉酸不足による貧血も懸念されます。

早い人は妊娠超初期の後半からつわりのような吐き気を感じやすかったり、胃腸の粘膜が弱り食事が思うように食べられなくなります。このような自体にそなえて、妊娠超初期からの葉酸はとても大切な事なのです。

妊娠超初期からの葉酸の選び方

1日に必要な葉酸が確実に摂取できるもの

妊娠超初期から飲み始め、出産後も授乳時に必要な葉酸です。十分な量の葉酸に、他の栄養も同時に摂れるサプリが良いでしょう。

安全な材料を使っていること

葉酸サプリだから安全で無添加であるとは限りません。甘味料や着色料が含まれていないものであることや、GMP基準を満たしているなどがポイントです。

赤ちゃんの成長と健康、そしてママの身体もサポートしてくれる葉酸。だからこそ、安全と安心の葉酸を選ぶべき。口コミの高さだけでなく、メーカーに問い合わせして材料について聞いてみても良いですよ。きちんとしたメーカーなら、自社商品の知識も高く明確な答えが返ってきます。


\元気な赤ちゃんを産むために葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2014年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
赤ちゃんの病気になる神経管閉鎖障害を防ぐ
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
流産を防ぐには葉酸が必要?

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

-->