切迫流産の兆候・症状を知りたい方必見!

切迫流産
妊婦なら頭に入れたい「流産」のリスク。

その中でも「切迫流産」は、流産未遂状態をそう呼びます。

適切な処置をすれば、妊娠継続も可能ですから、起こさないだけでなく「もしも」の時の為に知識を得ておくとこが大切です。

今回紹介するのは、切迫流産とは何か、その原因や兆候、自覚症状について知っておきたい事をまとめていきます。

切迫流産って赤ちゃんが危険な状態のことを言う?

切迫流産の状態って?
「切迫した状態」など、切羽詰まった時に表現するように「赤ちゃんが非常に危険ですぐに対処が必要」とされる状態を示します。

妊娠初期に赤ちゃんが死亡するのを流産と言い、妊娠22週目以降は死産とされます。

この22週以内に、子宮の収縮が始まり子宮口が開いたり、破水や出血が起こり「成長していない赤ちゃんが生まれてくる」状態になっているので非常に危険であると言えます。

まだ赤ちゃんとしての内臓も作られていませんから、ママのお腹の中でしか生きることができないからです。

切迫流産になる原因とは?

妊娠初期に起きる流産の原因は、染色体異常が半数を占めます。それ以外にママの身体の異常や生活習慣が原因になる事もあります。

子宮頸管無力症や子宮筋腫等の婦人系疾患

子宮頸管無力症
子宮筋腫の大きさや場所により、赤ちゃんが押し出されてしまったり、子宮頸管無力症の為に成長した赤ちゃんが下に下がってしまい切迫早期に繋がる事があります。

子宮頸管無力症は、先天的に筋肉が弱い人もいますが、喫煙により弱くなり赤ちゃんを抑えきれなくなるとも言われます。

冷え性やストレス

冷え性
血流が悪くなる事で、子宮内の赤ちゃんにも栄養が行き渡らず子宮環境も劣悪になる事で流産に繋がりやすくなります。冷えは万病の元と言われるように、流産に深く関係しているのです。この他に多胎妊娠や細菌感染が原因になる事もあるので注意が必要です。

切迫流産の兆候はどんなもの?自覚症状はどんなもの?

切迫流産は、早期に気づきけば気づく程に処置も早く行えます。ほんの少しの兆候を見逃さずに、自己判断で安心せずに病院に行ってください。

切迫流産の兆候・自覚症状1:一番多い出血

出血
妊娠中に不正出血がある場合、多くが流産兆候です。

出血の量や色で判断をせずに、おりものに混ざったようなものでも微量でも「もしかしたら出血かも」と感じたらかかりつけに連絡して対処を急いでください。

不正出血になると妊娠できない?妊娠できる?どっち?

切迫流産の兆候・自覚症状2:下腹部の痛みや腰痛

胃痛
お腹が張るようにチクチクしたり、急に腰痛が酷くなる。

妊娠初期には、現れやすいのですが出血が同時に現れた時は、切迫流産の兆候です。

危険でない場合もありますが、生理痛のように子宮がギュッとなる痛みが継続して起こっている自覚症状があるなら非常に危険です。

中には兆候が感じられず気づかない人もいるようですが、妊婦検診で医師からも何等かの問題があるために、慎重に観察をする事を指示されている人はできる限り身体を休ませるなどしておきましょう。

自覚症状がないままに、切迫早期を経験すると自分を責めてしまいますが、流産の多くは染色体異常によるものですし、生活習慣で防げるものもあります。あまり深刻に考えないようにしましょう。

切迫早産は自分で予防は出来ないの?対処法は?

切迫早産は、「安静」が一番の治療法です。特に収縮が規則的になると、いつ子宮口が開いてしまうか予測できないので心拍モニターで観察し、場合によっては入院して安定するまで安静を強いられます。

子宮頸管無力症の場合、切迫早期で発見される事も多く妊婦に多い膀胱炎の感染で切迫早期に繋がる事もあります。こ

のような場合には、感染症の治療を行い、治療後に子宮頸管が開かないように手術で一時的に止めてしまいます。

出産近くに抜糸をして自然出産もできるので、切迫早期さえ乗り越えられれば安心です。

ただ子宮頸管無力症の場合も、安定するまでは安静を強いられますので入院して経過を観察する事が多くなります。

子宮頸管は、週数と共に短くなり赤ちゃんが出やすいようになりますが妊娠22週以内に通常の35mmよりも短いと診察されると、切迫早期の疑いありとされ手術をすすめられる事もあるようです。

切迫流産の兆候があったら安静しかないの?

症状がなく、ママではなく赤ちゃん側に問題があると診断された場合は、成長が出来るように張り止めの薬を使用したり、黄体ホルモンを使いながら経過を観察します。

染色体異常が著しい場合、残念ですが流産になる確率はかなり高くなります。

中には、通常の生活を送りながら経過を観察して症状が強くなれば入院となる事もあります。

切迫早期の場合は、赤ちゃんが成長し安定するまでは予断を許さない状態ですが、大事をとり仕事を休んだり、家事は家族に協力して貰うなどして過ごすようにしましょう。

切迫流産を予防する為にやりたいこと

切迫流産だけでなく、流産の予防には完璧なものはありません。ですが、自分でできることをやっておく事で少なからず流産に繋がらないようにもできます。

ストレスは溜めない!

ストレス
妊娠自体が、ストレスに繋がりますので余分なストレスはできるだけ避けたいものです。

仕事や人間関係のストレスは、解決するのに時間が掛かります。相手があっての事ですから、自分だけが気楽に・・・とはいかないもの。ですが仕事を持つ以上は、上手く付き合いながら溜めないように円滑な人間関係を築くようにしていきましょう。

長時間同じ姿勢でいない

姿勢
切迫流産は、赤ちゃんが子宮口の近くまで降りてきてしまう状態です。だからこそ「安静第一」として指導されるのですから、長時間座っていたり、立っているなど負担が掛かるような事は避けましょう。

場合によっては、自宅安静や入院もあるので産休を早めたり辞めなくてはいけなくなる事もあります。

赤ちゃんの為にも、早くに仕事のスタイルを変えてもらえるように頼んだり、家族の協力を頼んでおきましょう。

適度な運動で冷えない身体にする

運動
流産が怖くて、ついつい引きこもりがちになる女性もいますが、かえって血行を悪くしたりストレスになります。

散歩や買い物に歩いて出掛ける事は、適度な運動にもなり流産予防に繋がります。

あまり身体を甘やかさない事も、赤ちゃんを元気に成長させる事に繋がるのです。

アルコールや喫煙はNG!

アルコールの女性
妊娠すれば、アルコールや喫煙は当然ですがやめるべき。ところが妊娠前から、飲酒や喫煙歴があると流産確率も高くなると言われています。血液を汚したり、冷えにも繋がり卵子の発育にも影響を与えます。妊活を考えたら、喫煙はすぐにやめるべき。アルコールも控えめにして、切迫流産に繋がる事のないように心がけましょう。

切迫流産にならない為にはに葉酸は必須!

産前から産後まで、葉酸の摂取は今や常識です。

葉酸を早くから摂取する事で、卵子の若返りや質の向上をする事ができ、胎児の染色体異常リスクを軽減できます。

これらは全て切迫流産予防にも繋がるので、葉酸を食事だけでなくサプリからも摂り入れていきましょう。

葉酸は子宮環境を整え、受精卵が元気に赤ちゃんへと育つのをサポートするだけでなく、血行を促し発育自体をしっかりと助けます。この2つの働きがしっかりする事により、切迫流産のリスクを低くして命を守ってくれます。

また、ママのストレスや冷え性にも抜群の力を発揮しますので、安全で飲みやすく継続できる葉酸サプリを選ぶことも大切です。

ベビ待ちタウンでは、数多くの葉酸サプリを紹介していますので、是非参考にしてベストなサプリを選んでください。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

産婦人科の女医

赤ちゃんの先天性異常には脳の未発達によるものと脊髄の形成が不完全である障害があります。特に脳の形成が上手くいかずに成長すると多くの赤ちゃんが死産になってしまいます。出産しても1週間以内に死亡するケースが多いのです。

葉酸は食事でも摂取されていますが、妊娠すると通常の倍の葉酸を必要とするので半分ぐらいが不足している事になります。脳の先天性異常は妊娠初期の14週のエコーで発見される事が多く、脊髄の奇形は妊娠中期のエコー及び血液検査で判明します。先天性異常の原因は、遺伝や妊娠までのママの生活習慣だけでなく「葉酸不足」が考えられます。

特に葉酸を妊娠前から摂取する事により、先天性異常リスクに有効であるとされています。葉酸は赤ちゃんが受精卵から胎児へと成長する為に脳や脊髄の形成にとても大切な働きをしてくれます。妊娠したい女性はサプリを利用して必要な葉酸量を摂取しまし、先天性異常予防をしていきましょう。

元気な赤ちゃんを産みたい方必見!今飲んでいる葉酸サプリは本当に安心できるものですか?

失敗しない葉酸サプリの選び方!

-->