授乳の時に妊娠したい方必見!授乳中に妊娠は不可能?

授乳
授乳中に妊娠はできないと言われていますが、本当なのでしょうか?
初めての妊娠はびっくりする事もいっぱいですし、保育所問題で直ぐには次回の妊娠を考えられない人もいます。

同時に、復職や高齢出産で次子も早くに授かりたい人もいるようです。

授乳中には、乳腺炎のトラブルもあるので授乳中の妊娠は出来ないの?と考えたり・・・。

やっぱり早く妊娠したい!

でも授乳中でも平気?そんな疑問を解決します!

授乳中は妊娠できないって本当?

授乳の時に妊娠できないって本当?

「授乳中は妊娠しにくい」「妊娠できない」と聞いたと次の子は間隔を開ける人がいます。

出産すると、ママの身体は母乳を作り為のプロラクチンホルモンが増えていきます。

多産ではなき人間は、一度妊娠すると赤ちゃんを育てるような身体になっていきます。

この事で、授乳中は一時的に妊娠できないようになるのです。

ですが、中には授乳中に妊娠する女性も多く「年子」を持つ夫婦もいます。知り合いにも、全員が年子って人もいるので「絶対に妊娠は不可能」とは言い切れないようです。

授乳中の妊娠にはホルモンが関係している?

母乳を作るために、プロラクチンは母乳を作り、それがオキシトシンにより運ばれます。

赤ちゃんが母乳を飲む刺激で、更に母乳が作られていくので、排卵を抑制しながらゆっくりと子宮が回復していくのです。

この時点で、母乳がしっかり分泌されていると妊娠することはないのです。

基本的に、赤ちゃんがたくさん飲めばそれだけ作られるので、プロラクチンやオキシトシンは活発になります。

反対に、母乳が少ない・出にくい人はこれらのホルモン分泌が弱くなるので排卵再開も早くなります。

1日に何回授乳するか、またその授乳時間によりホルモン分泌に変化が現れるので、母乳育児で育てたいのであれば妊娠は暫くお預けとなります。

母乳育児からミルクに早くに切り替えたり、母乳を与える時間を減らしたりすればプロラクチン分泌も低下するので排卵が始まりやすくなります。

授乳中に妊娠したい!何に気をつければ良いの?

妊娠
妊娠するには排卵を再開させる必要があります。

産後は生理が始まるまで、自覚しにくいこともありますしプロラクチン分泌だけでなく体質的な問題もあるので、どうしても授乳中に妊娠を希望するのなら母乳からミルクへの切り替えを考えた方が良いと思います。

帝王切開で出産した人や、不妊治療で妊娠出産した女性の場合には、母乳育児からミルクに切り替えても妊娠しにくいとも言われています。

出産では思うよりも、子宮や身体を酷使しているので無理をしてしまうと妊娠しにくくなってしまう事も考えられます。

子宮の事を考えると、生理が開始してから妊娠した方がベストな状態と言えるでしょう。

授乳中に妊娠するために母乳育児をやめるのはおかしいこと?


出産したら自分の母乳で育てたい!誰もがそう思いますが、どんなに努力したりマッサージをしても母乳の出が悪い人はいるものです。私も出産直後は出たのですが、自宅に帰ってからはどんどん出なくなってしまいました。

母乳が出なくなる原因は、色々あるので何とも言えないようです。

確かに母乳の方が、免疫力アップ効果など色んな意味で優れていますが「ミルク育児が劣る」とも言えません。中には「妊娠したいからと母乳をやめるなんて」と回りから言われるのが嫌で、授乳中の妊娠を諦める人もいます。

あまり母乳育児にこだわらず、赤ちゃんが元気で成長する事や兄弟姉妹を作って明るい家庭を築く事を考えましょう。授乳しながらでも妊娠する事は可能ですが、母乳を減らす分はミルクで栄養を与える必要があります。

神経質に「授乳をやめるのは良くない」と考えすぎて、精神的にストレスを溜めてしまうと妊娠どころか育児が上手くいかなくなります。

出来るだけ、授乳中に妊娠をしたいのであれば「授乳回数を減らす」「授乳時間を短くする」「夜の授乳をやめる」事です。

夜はホルモン分泌が活発になるので、無理に飲まさなくても搾乳しておっぱいを刺激しておく事も必要です。次回の妊娠の事ばかり考えて、赤ちゃんの授乳がおろそかにならないように授乳リズムを作っていきましょう。

授乳中に妊娠したら?赤ちゃんへの授乳タイミングは

排卵は個人差があるのですが、早い人は出産して直ぐに排卵が始まります。

子宮の回復状態にもよりますが、排卵が起これば妊娠は可能です。

ただ、あまりに早く妊娠すると着床が上手くいかなかったり化学流産する事もあります。

産後の検診で、普通に生活をしても良いと診断されれば夫婦生活が送るようになります。

ですが母乳育児をしていると、ホルモンの関係で性欲が起きない事もあるので焦らないのが一番です。

母乳を作り出すプロラクチンは、子宮を収縮する働きがあり、大きくなった子宮を元に戻していきます。

授乳中にはプロラクチンが分泌されていますから、場合によっては流産に繋がる事も考えられます。病院で検診を受けてから、経過がどうであるかにより断乳するか授乳を判断します。

医師にもより授乳に関しては意見が分かれますが、子宮頸管無力症や子宮の戻りが悪い人は断乳をすすめられるようです。

授乳については、勝手な判断はしないことが大切です。授乳中に妊娠すると、体力が持たなくなる事がありますし、つわりが始まると授乳どこれではなくなる人もいます。

授乳の時期にもよりますが、ミルクに切り替えたり離乳食にするなど卒乳も考えていきましょう。

授乳中の妊娠に向けて母乳をやめる方法や注意点

母乳育児は、赤ちゃんの心を育てるとも言われていますから、出来るだけ長く授乳したいものです。ですが、授乳中に妊娠を希望するのであれば早めに断乳をしてミルクに切り替えましょう。

目安としては生後半年から、授乳しながらミルクに替えていきます。

赤ちゃんによっては、ミルクを中々飲んでくれない事もあるので、様子を見ながら始めていきます。

1歳を過ぎれば、離乳食やミルクを中心にして授乳回数を減らしていけばスムーズです。

母乳を与えないから、赤ちゃんの発育が遅くなったりストレスを溜めるとは思えません。妊娠すると体調も思わしくなくなるので、赤ちゃんとの時間が上手く作れなくなり「妊娠するんじゃなかった」と後悔する人もいます。

何時かは卒乳して、固形物を食べて成長するものです。あまり考えすぎて、自分の調子を悪くしてしまうとお腹の赤ちゃんに影響を与えてしまいます。

妊娠中のストレスは、赤ちゃんへあまり良いとは言えませんので、授乳中の妊娠を考えるのであれば自分一人で頑張らないことです。

家族のサポートを受けながら、次の出産に向けて心身を作っていきましょう。

授乳中の妊娠を卒乳に活かそう!

授乳中の妊娠は、生理が始まってからの人が多いのですが、その前に早ければ10ヶ月前後で妊娠する人もいます。この時期には、立っちが出来る子もいますし離乳食も始まります。

良く食べる子なら、自然に授乳回数が減りミルクを欲しがる事もあるので卒乳のタイミングとしてチャレンジしてはどうでしょうか。妊娠をきっかけに母乳の味が微妙に変化するので、赤ちゃんの方から授乳を拒否する事もあります。

授乳を控えたい、止めたいと思ってはいても、ちょっとショックですね。赤ちゃんの方から卒乳の意思を示すなら、ミルクや離乳食でしっかり栄養を与えてあげてください。

無理をせずに自然に任せるのも大切です

通常の妊娠と違い、授乳中の妊娠は身体だけでなく精神的な負担が大きくなります。

初めての育児でフラフラな時には「本当に今妊娠しても良いか」一度考えてみてはどうでしょうか。気力と体力のバランスが取れていれば、授乳中の妊娠もきっと楽しく嬉しいものになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->