母乳出なくなった・出ない、そんな時やるべき対処法

母乳
出産後は出来るだけ母乳育児を望んでも、仕事復帰の為にミルクと混合育児をしなくてはいけないこともあります。

完全に母乳育児をしたい人も、混合育児の人も「出産したのに母乳の出が悪い・出ない」と悩み産後うつになってしまう人もいるようです。

母乳が出ないのは自分が悪い・・・

そう責める前に「母乳のしくみ」や「出なくても赤ちゃんは育つ」事を考えてください。
まったく母乳が出ない人は少ないですし、思い込みにより出にくくしている事もあります。

「出ないな」と思ったら深呼吸して「出せるように」少しだけ工夫をしましょう。

母乳出なくなった・出ないっていうより最初から母乳が出る事は少ない

母乳が出るためには、オキシトシンホルモンが働き乳腺回りの筋肉を収縮させる事で、プロラクチンが分泌され、赤ちゃんに吸われる刺激が母乳を押し出していくのです。

確かに赤ちゃんにおっぱいを吸われなくては、乳腺の刺激はありませんが「吸えば出る」ものではないので、毎日出なくてもおっぱいを吸わせる事は必要です。

過剰に吸わせても、乳首が切れたりすることもあるので加減することも大切なのです。

母乳が出ない理由にはなにがあるの?

生まれたばかりの赤ちゃんは、本能でおっぱいを吸いますが、今までお腹の中で栄養を貰っていたのですから、吸う事も手探り状態です。

そうなると吸っても刺激とならずに、母乳が上手く作り出せず乳管から流れてことがあります。

母乳は体内で作られているので、これがしっかりと赤ちゃんが吸うとでるようにしなくてはいけません。

出産すぐに出る人は、本当に母乳はあまり出ないので産院で自分だけと落ち込まないでください。

母乳が出ない理由1:鉄分不足や水分不足

鉄分
出産では出血もあるので、貧血になりやすいもの。

出産前から、鉄分が少ないと余計に血液が不足してしまい母乳が作られにくくなります。

出産後は何かと食事も適度にしてしまうので水分も不足してしまいます。

母乳の出すためには、通常よりも水分を倍以上摂取しましょう。

1日平均2Lを、夏場には4L、冬には3L程を必要とするので常に水分を補給しなくてはいけません。

水分をしっかり飲む事で、血液の循環も良くなりますし鉄分補給と合わせて心がけていきましょう。

母乳が出ない理由2:睡眠不足やストレス

ストレス・疲れ
赤ちゃんは授乳を小まめにしなくてはならないので、母乳が少しでも出るなら与えたいもの。

混合の場合、ミルクは消化が遅いので授乳が夜中になる事は少ないのですが、夜泣きがあったりすると眠る時間もありません。

家事と育児の両立、仕事に復帰するとストレスもMAXレベルになります。睡眠が浅い、眠れない状態が続くとホルモン分泌が低下して出が悪くなります。身体と心を休める為にも、家族にも協力してもらうようにしてください。


\妊活・妊娠中だけじゃない/

\赤ちゃんのためにも葉酸を摂取して良質な母乳を/

《子宮の回復・貧血予防にも》
葉酸は母乳の原料になる血液を作り出してくれます。

母乳が出ない理由3:授乳の角度が悪く赤ちゃんがおっぱいを上手く吸えない

授乳
抱っこの角度で、赤ちゃんがおっぱいを上手に吸えずに母乳がなかなか出なくなっている事があります。

また、抱っこしやすい方向ばかりで授乳していると、片方だけ出るのに反対の母乳が出なくなってしまうこともあります。

バストの形も崩れてしまうので、左右均等にして赤ちゃんの吸いつきがよい角度を試してみてください。

この抱っこ角度を変えると、母乳の吸いつきが良くなる赤ちゃんもたくさんいます。

抱っこの仕方や、高さなど、母乳を出しやすくするために、ちょっと考えてみましょう。

母乳が出ない理由4:おっぱいマッサージで母乳が出るようになる!

おっぱいマッサージ

母乳が出ないのは、乳腺が詰まっている可能性もあります。
出なくても、搾乳は出来るだけやることやマッサージも効果的です。

母乳外来や、市では助産師さん派遣もあるので、プロに教えてもらうと嘘のように母乳が出る人もいるので利用しないのはもったいないですよ。

乳頭が小さいと赤ちゃんが吸いにくく、余計に母乳が出が悪くなることもあります。
乳首を吸いやすくすること、おっぱいをしっかり刺激してホルモン分泌が出来るようにふわふわでやわらかいおっぱいを作りましょう。

乳輪を指で軽く挟んで乳首をを軽く圧迫します。

軽くねじったりしながら、赤ちゃんの口に入りやすいようにしっかりと出るようにしましょう。

おっぱいマッサージは、産前からも出来るので出産をお願いする産院のマッサージ教室に参加しておくのも良いと思います。

私はこれに参加しなかったのを本気で後悔しているので、まだ出産していない女性は直ぐに産前のおっぱいマッサージを始めてください。

産後も正しいマッサージを教えて貰うと、断然母乳量が違います。

次は絶対におっぱいマッサージを受けるつもりですし、自己流では上手く母乳が出ないこともあるので気を付けてください。

「胸が張る・張らない」は母乳の出る・出ないとかあまり関係性はない

母乳が出ないママは「胸が張らない」事で自分は母乳が出ないのだと諦めている事もあります。

最初に出ないと、心が挫けてしまいミルクに切り替えてしまいますが「胸が張る・張らない」は母乳の出とはあまり関係性はないものです。

母乳を与えずにいると、新しい母乳も作られなくなるので、乳腺炎になってしまったり本当に母乳がでないままで終わってしまいます。
どんなに少量でも、赤ちゃんに吸わせて飲ませる事が大切なので「諦めない」ように時間を見ながら吸わせください。

足りない分は、ミルクを使ってカバーすればよいくらいの気持ちで楽に構えましょう。

母乳が出ない・出なくなった時に良い食べ物や飲み物

ママが食べた食事は、全てが母乳の原料になります。
その為に食事は抜かずにしっかり食べることや、脂質を控えて野菜やタンパク質をたっぷりと食べましょう。

白米やお餅

白米
昔から餅や白米は母乳がよく出ると言われています。
うどんや蕎麦も良いのですが、小麦は母乳を詰まらせてしまいますの控えた方がよいです。
一度に食べられないのなら、小分けにしておにぎりにしておくと便利ですよ。

豆腐や海藻類

豆腐
ミネラルが豊富な海藻類やひじきに納豆はヘルシーな上に栄養もたっぷり。酢の物にしたりスープや味噌汁がおすすめです。

野菜をバランス良く

サラダ
ほうれん草や小松菜の様な青菜は、血液サラサラ効果が高いので母乳の詰まりも改善してくれます。もちろん色んな野菜をバランス良く食べるのが一番ですから、3食しっかり食べてください。

和菓子

洋菓子は油を使うことや、小麦が原料ですから、甘いものが食べたいのなら和菓子。疲労の回復にも、母乳の出が悪いときにも効果的です。

「和食」は栄養価も高く、母乳の出を良くするものであるのが分かります。洋食が良くないわけではありませんが、脂質は血液にコレステロールを増やすので母乳の出が悪くなります。食事を和食中心にする事で、身体の機能が回復して母乳が良く出るようになりますから、食事の内容を見直して見ると良いですよ。

母乳の原料になる血液を作り出してくれる葉酸サプリの摂取を

赤ちゃんにとっては母乳は栄養の宝庫です。

出産後には出なくても、3~4ヶ月には授乳の量が増えるので焦りも出てくると思います。
母乳の出方はそれぞれですから、深く考えすぎずにマッサージや食事、生活習慣を含めて色んな事を試していきたいもの。

なかでも葉酸は母乳の原料になる血液を作り出してくれます。
貧血の予防にもなるので、授乳時にも継続して飲み続けたいですね。

母乳を与えているママは、葉酸自体が不足しやすくなるので340ugは毎日摂取をしていきましょう。

食事だけでは足りない葉酸に鉄分がしっかりと含まれているものを選ぶようにしてください。

授乳中も葉酸サプリを継続しながら、赤ちゃんに母乳を与え続ける事できっと良く出るようになります。
子宮の回復にも葉酸は大切ですから、心身共に元気なママになり母乳の悩みを解決していきましょう。


\妊活・妊娠中だけじゃない/

\赤ちゃんのためにも葉酸を摂取して良質な母乳を/

《子宮の回復・貧血予防にも》
葉酸は母乳の原料になる血液を作り出してくれます。

-->