赤ちゃんの夜泣きを止めるやり方はあるの?

赤ちゃん夜泣き
ママを悩ませる赤ちゃんの夜泣き。

急に始まるために、寝不足で昼間はイライラしてしまうこともあるでしょう。

長期に続くと、ノイローゼになってしまう人もいるようです。

赤ちゃんは泣くのが仕事と言われても、夜泣きは勘弁して欲しい・・・

そんな悩みを解決する為の対策や赤ちゃんが何故泣くのか?等をまとめてみます。
赤ちゃんは何故あんなに夜泣くの?

赤ちゃんは言葉が話せないので、夜泣く事で色んな事を訴えています。
夜泣きの原因はハッキリしませんが、生活リズムのサイクルが狂ったりストレスだと考えられています。

昼間に遊びすぎたり、眠りすぎる事で身体のリズムが上手く取れないようになると、ストレスになり夜中に泣き始めてしまいます。

赤ちゃんと大人のリズムは異なるので、親に合わせてしまうと夜泣きが始まります。
ストレスになるものを減らしてあげる事で徐々におさまりますから安心してください。

赤ちゃんの夜泣きはいつ頃から始まるの?

夜泣きの赤ちゃん
生後8ヶ月頃から始まる夜泣きは、生活リズムがある程度できる事で起きると考えられます。

早い赤ちゃんは生後3ヶ月から夜泣きをするので個人差もあるようです。

夜泣きをしない赤ちゃんもいますし、どれくらいの期間かは赤ちゃんによりきりです。
夜泣きしないからおかしいとか、夜泣きし過ぎるからおかしいわけではないので安心してください。

新生児は朝と夜の感覚がないので、昼夜関係なく眠っています。

お母さんの心音を聞くと比較的安心して眠るので、添い寝をしている赤ちゃんの方が夜泣きの期間は少ないとも言われています。

生後8ヶ月から夜泣きが始まりやすいのは、昼間は起きていて夜は眠るリズムが出来上がる時期なので、ちょっとした時間の乱れがストレスになり鳴き始めるとも考えられるそうです。
睡眠リズムが浅いために、眠りが浅く夜中に目が覚めてしまい泣き出すと朝まで泣いている事もあるようです。

赤ちゃんの夜泣きは成長の証拠!ママが原因ではありません

どんどん赤ちゃんから子供へと身体が成長するからこそ起きるのが夜泣きで、生理現象の1つです。

あまりにも泣くと「自分の接し方に問題があるのではないか」と自分を責めてしまうママがいますが、赤ちゃんはママが大好きですから困らせようと泣いているわけではありません。

私も子供の夜泣きでは苦労したので、本当に大変でした。

ただ夜泣きの期間は短く、直ぐに眠るようになったので、かなり楽だったと思います。

夜泣きをしない赤ちゃんもいると聞いていたので、楽観的に考えていた時のいきなりの夜泣きでで睡眠不足にもなり、げっそりと痩せてしまいました。

休める時には、家事も放り投げて赤ちゃんとお昼寝をする事で睡眠時間をキープ。
主人にも協力してもらい、難を乗りきりました。

夜泣きが始まると「何とかしよう」と一人で頑張ってしまうママが多いのですが、一人で夜泣きに立ち向かうのは無理があります。

頑張り過ぎると、ストレスが溜まり赤ちゃんにあたってしまう事になりかねません。。そんな事になると、今度は自分を責めてしまい「うつ」やノイローゼ状態にもなってしまうので頑張り過ぎないようにしてください。

赤ちゃんの夜泣きはご近所にも理解をしてもらいましょう

アパートやマンションの場合には、お隣さんだけでなく上下や大家さんにも「暫くご迷惑をおかけします」と挨拶をすること。

これだけで、夜泣き情報を教えて貰ったり何かとお世話をして頂ける恩恵にもあずかる事ができます。

大家さんに一言挨拶をしておけば、万が一苦情がいっても取り成して貰えるので忘れずに。

夜泣きしないように自分で対策を考えよう

夜泣きを早くに終わらせる為には、赤ちゃんの睡眠リズムや生活リズムを整えてあげること。大人に合わせるのではなく、これからの成長に合わせた早寝早起きをしっかりさせてあげましょう。

決まった時間にリズムを作ってあげる

朝が遅い赤ちゃんは夜泣きもしやすくなります。

1日の始まりである目覚めは、その日を元気に過ごすためのリズム作りに一番大切な事です。

休日はゆっくりと眠りたい気持ちを抑えて、一緒に早起きしましょう。太陽をしっかり浴びておけば、夜もぐっすり眠れます。

お昼寝は、長すぎないように気をつけましょう。

夜泣きが始まる頃には、1時間を目安にして起きたらお散歩に出掛けるなど外の空気も吸わせてあげることです。

出来るだけ、朝昼晩を身体で覚えさせるようにしてあげるのが一番ですから、天気が良い日は積極的にお散歩に出掛けましょう。

ベランダや縁側でも日光浴は出来るので、しっかり忘れずに。

夜は早めに電気を消して「暗くなったら眠る」リズムを作れば夜泣きも時期におさまります。
生活習慣乱れているママも、これを機会に赤ちゃんとしっかり改善していきましょう。

赤ちゃんの夜泣きは入浴で終わらせる

大人と同じで身体が冷えると夜中に目が覚めやすくなります。

入浴で身体をしっかりと温めてリラックスさせてあげる事に加えて、お腹や足を冷やさないように長いズボンやスパッツを履かせてあげましょう。
特に夏は冷房で身体が冷えやすくなります。

飲み物は常温が基本、冷えやすいジュースは控えめにしてお茶や白湯を飲ませてあげます。夜は眠りにつきやすいように、身体をさすったり歌を歌ってあげましょう。

赤ちゃんの夜泣き対策にハーブティーが使える!

ハーブティー
母乳以外の水分も時には必要になります。

基本は白湯か麦茶のようなノンカフェインである事が大切!

私も子供には麦茶を用意していましたが、友人から「赤ちゃんでも飲めるハーブティーがあるよ」と勧められたのが「すやねむカモミール」です。妊娠から出産まで私もハーブティーにはお世話になりましたが、中には苦味や香りが強いものもあるので「本当に赤ちゃんが飲めるの!?」と半信半疑でした。

海外では夜泣きに効果的とカモミールティーを飲ませているそうです。

すやねむカモミールは、独特なカモミールの香りや苦味を赤ちゃんも美味しく飲めるようにブレンド。

オーガニック認定された、ジャーマンカモミールとハニーブッシュにルイボスを原材料に安全品質で作っています。

夜泣きが酷い時に教えて貰ったので、早速飲ませてみましたが徐々に夜泣きの時間が短くなり、何時しかグッスリと眠るようになりました。

こんな良いものがあるとは知らなかったので驚きです。夜泣きは何時かは終わると言われているので、我慢しているママが多いと思います。

その何時かが読めない夜泣きだからこそ、赤ちゃんと自分の為飲み物でリラックス&グッスリしたいですよね。

すやねむカモミールは本当に夜泣きに効くの?

すやねむカモミール
離乳食が始まる前後には、母乳以外の飲み物も哺乳瓶やストローで赤ちゃんも飲み始めます。

私の子供は、10ヶ月でつたい歩きも始めたくらいに成長が早かったので、夜泣きには間に合いませんでしたがお散歩の水分補給に利用しています。

公式でも離乳食を食べる1歳前後からの飲用を勧めているので、この時期から夜泣きを始めてしまう赤ちゃんに効果があるようです。

ちょっとした事でぐずりがちだった子も、すやねむカモミールを飲み始めてから、ぐずらなくなりました。

ティーパックで簡単に作れるので、自分用にカップに1杯と冷めたら子供の食事後のお茶として飲ませていました。赤ちゃんには薄めて飲ませるので、ママもリラックスできるだけのお茶がしっかり飲めます。

普通のカモミールティーよりマイルドで飲みやすいので、妊娠中の女性にもお勧めです。
赤ちゃんの夜泣きは自然に終わるもの。あまり気にしすぎて、自分が疲れないようにしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->