妊娠中に夫婦喧嘩すると赤ちゃんに影響する?

夫婦喧嘩
妊娠中はストレスは良くないと言われますから、できる限りのケアを行うものです。

ところが夫婦喧嘩は、自分だけの問題でなく相手がいるからこそ勃発すると大変な事になってしまいます。

出産までは、できれば穏やかに過ごしたいのですが、一度始まると絶えなくなってしまいます。
妊娠中の夫婦喧嘩は、赤ちゃんにどんな影響を与えてしまうのでしょうか。

妊娠中はストレスも多く溜まりやすい

妊娠前と比べると、身体の変化が著しくそれに精神がついていかなくなってしまいます。肉体的だけでなく、精神的にもイライラしやするなるので小さな事にも神経質になります。

またお腹が大きくなれば、出産後の事や赤ちゃんの成長を含めて経済的な面でも考えなくてはいけません。ママのストレスは、家事や育児、経済面などどんどん膨れ上がるので、小さな事から夫婦喧嘩に発展する事もあるのです。

妊娠中に夫婦喧嘩が増えるのはどうして?

140704yuhara-600x452

育った環境が全く違う二人が結婚して、同じ屋根の下で暮らせば多少なりとも意見の食い違いはあります。これを乗り越えていくのが夫婦なので、お互いに折り合いがついていけば喧嘩も少なくなり、思いやりを持ってよい関係を築いていけます。

ところが妊娠すると、女性の身体の中では急激にホルモン変化が起こり、今までは何も感じなかった小さな事が気になったり敏感になりやすいのです。特に「臭い」に過敏になるので、旦那の体臭や口臭が気になり始めますし、情緒不安定になると小さな事でもイライラするようになります。

食べ方が汚い、言い方が気に入らないなど「冷静さ」が掛けてしまうために、ついそれを口に出してしまい喧嘩が始まる事があります。

親としての自覚の芽生えのズレによる夫婦喧嘩が増える


妊娠したと感じた時から、女性は母性が強くなり「母親としての自覚」が芽生えます。お腹が大きくなればなるほどに、それが強くなるのですが男性はお腹が大きいのを見ていても「父親になる自覚」な芽生えにくいのです。

男性の脳は、目に見えて触れられる形のあるものに対して執着しますが「見えないもの」はふわふわとした夢のようなものです。その為に、つわりが酷くても、家事が大変でも「ちゃんと出来てるじゃないか」くらいにしか認識できない事が多くなります。

肉体的にも精神的にも、妊婦は大変だとは聞いてはいても認識できないので「それぐらいで」など愛情を感じられない言葉を聞くこともあるかもしれません。

妊婦だから甘やかすのは良くないと、昔の考えをそのままに何も手伝わない旦那にキレてしまう妊婦も多いのですよ。これが毎日のように繰り返されると、顔を合わせる度に喧嘩が始まる・・・なんて事にもなるのです。

夫婦喧嘩が赤ちゃんに及ぼす影響とは?ストレスで流産することってある?

夫婦喧嘩は、お互いのストレスになりますが妊娠中に増えることで、体内の血行が悪くなり赤ちゃんの成長を妨げてしまいます。

身体の発育だけでなく、脳の発達に影響を与えてしまうと、アレルギー体質の赤ちゃんが生まれやすいとも報告があります。夫婦喧嘩を含む、妊娠中のストレスは赤ちゃんは良くないことばかりなのです。

赤ちゃんは全部聞いている?夫婦喧嘩はうんざり

喧嘩をすると脳のアドレナリンが増えるので、心拍数や血圧も高くなります。そうなると、赤ちゃんに運ばれる血液中の酸素も薄くなり成長が上手くできなくなります。それだけでなく、パパやママの声は、赤ちゃんには全て聞こえているので、喧嘩のようなマイナスな波長を感じとると、情緒不安定になったり夜泣きが酷くなるとも言われています。

お腹の中では新しい命がスクスク成長し、ママの鼓動や波長を敏感に感じ取っているのです。夫婦喧嘩はお互いに気まずくなるだけでなく、生まれてくる赤ちゃんにも良くない影響を与えてしまうもの。できるだけ喧嘩を避ける事や、早く仲直りするようにしましょう。


\夫婦喧嘩の仲直りしたら葉酸の摂取を!/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
厚生労働省がの方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の若返り・発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
流産を防ぐには葉酸が必要?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

夫婦喧嘩をしないために!これはやっておきたいこと

妊娠中に夫婦喧嘩をすると、離婚率も高くなるという結果もあります。
ちょっとビックリしてしまいますが、母親になる女性の方が出産後にはメンタルが強くなり「思いやりのない旦那」と暮らすより、実家のサポートを受けて自立する事を選びやすいとか。

本気で「離婚しようか」考える女性も非常に増えています。一時的な感情に任せるより、落ち着いて赤ちゃんの為にも夫婦関係を修復できるようにしていきましょう。

暫く一人になってみる

実家に帰れるなら、休日に帰って旦那との距離を取るなど相手と少し離れてみましょう。短時間でも一人でぼんやりする事で、気持ちが楽になることがあります。

美しい映画や音楽に触れる

感情が高ぶっている妊娠中は、涙脆くなっているので感動的な映画や美しい音楽で泣けてきます。泣く事で、心のデトックスができるので気分も爽快になります。

家事は適度に

掃除や洗濯も、きちきちにせずにクリーニングを利用したりして「やらなきゃ」感を自分から追い出しましょう。

余程神経質な男性でない限りは、ある程度片付いていれば「掃除してある」と思うものです。デリバリー食材も、盛り付けで見た目に良くすれば食事の用意にイラつく事もありません。

楽しい事を考える

ベビー用品を下見しにいったりするだけでも、テンションが上がります。非日常的な世界を覗く事で、喧嘩がつまらないものだと思えばしめたもの。ベビー服を見ているだけでも、癒し効果は高いです。

とにかく話し合いが大切

男性は妊娠中の女性にどう接して良いか分かっていないものです。つわりが辛くても「何もできない自分」に苛立ちを感じている事もあるので「私が辛いのに」と言われるとカチンとくるのです。自分以外の変化には鈍感ですから、感情的にならずに「こうすると助かる」「こんな時には助けて欲しい」と意見を出していきましょう。

私も妊娠中は、体調がすぐれずに横になる時間も多かったですが、あらかじめ「調子が悪かったら家事は休むね」と言っておきました。

食事が作れないなら「ごめん!体調悪くて食事作れない!」と連絡して仕事帰りに惣菜を買ってきて貰ったり、デリバリーしたりと臨機応変に対処するようにしてましたね。

元気な時には「今日は腕を奮うからね~」とか、毎日メールで体調を教えていたので喧嘩も全くなしです。こちらから手を打てば「無理しなくて良いから」「休みは俺が主夫するよ」と提案もしてもらえます。

喧嘩をしない為には、歩み寄りと思いやりが大切ですし、夫婦が仲良しだと赤ちゃんも嬉しいもの。赤ちゃんが動くようになったら、積極的にお腹を触って貰ったり話しかけて貰うようにすると「父親になるんだな」の自覚も芽生えやすくなるものです。

相手に分かって欲しいのなら言葉にきちんと出すことや、求めすぎないこと。産休まで仕事を持てば大変ですが、こそはママの仕事として受け入れていきましょう。

夫婦喧嘩を避けるにはお互いが思いやりを持つこと

お互いに仕事を持っていても、主婦でも何かとストレスは溜まります。

共通の趣味も妊娠中には出来ないこともあるので、ストレスを溜めない、ストレスに負けない身体を作りましょう。

葉酸サプリは、夫婦でも飲めますしストレスの緩和にも働きを見せてくれます。

葉酸はビタミンと同時に摂取すると吸収が高くなり、脳の神経にも働きかけて精神を安定させます。

思いやりを心掛け、葉酸サプリでさらにストレスを緩和していけば、夫婦喧嘩も起こらなくなり笑顔で赤ちゃんを迎えることができるはず。

日々の暮らしに感謝し、お互いを支えあう素敵な夫婦でいたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
-->