hMG注射とはどんなもの?その効果や副作用について

hMG注射とはどんなもの?その効果や副作用について
hMG注射は排卵を誘発する薬剤の1つで不妊治療に用いられています。上手く排卵ができない人や、疾患があり卵胞が育たない人は、人工的に排卵を促すためにhMG注射とhCG注射の2種類を使用します。今回はhMG注射にスポットを当てて、効果や副作用についてまとめていきます。

不妊治療の1つであるゴナドトトロピン療法の1つがhMG注射です

排卵がうまく出来ないのは、卵胞の発育不足により卵子が成長できないからです。排卵しやすくなるには、卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンが分泌されなくてはなりません。このホルモンの働きを高めるためには、hMG注射で卵胞の成長を促して排卵しやすくするのです。

このhMG注射によりスムーズな排卵が期待できる事もあり、タイミング法や人工受精の成功率を高くする事ができるのです。一般的な不妊治療では、このhMG注射を用いる事が多く36時間以内に排卵が起きると言われています。

hMG注射で副作用が起きるって本当?

非常に効果の高いhMG注射の恩恵を受ける女性が多いと共に、薬で卵胞を刺激する為に身体に不快な症状がでる人も少なくありません。
この副作用を「卵巣過剰刺激症候群」と呼んでいます。

卵巣過剰刺激症候群だと妊娠できない?

hMG注射で卵巣過剰症候群が引き起こされてしまう?

妊娠率をアップする為には、hMG注射は非常に効果がありますが副作用があるので治療する前にしっかりと知識として覚えておきましょう。卵胞を薬で成長させるために、通常よりも刺激を受けてしまい卵巣が腫れ上がってしまいます。

多くの人は軽度の副作用で済みますが、重症化するとお腹に痛みが強くあらわれるだけでなく腹水の量が多くなり入院処置をする事にもなります。それだけでなく、腎不全や血栓症、呼吸困難により命の危険にも繋がります。

以下のような症状が現れたら、医師に相談するなど早めに処置を行いましょう。

  • 急激な腰痛や腹痛
  • 吐き気と下痢を繰り返す
  • お腹に水が溜まってきた
  • 体重の急激な増加
  • 尿の出が悪くなる

hMG注射は静脈注射ではなく、筋肉注射である事から治療もほぼ毎日行うのが効果的です。注射のみで飲み薬がない為に痛みが強く大変である事もあります。

hMG注射の副作用に多胎妊娠もあります

hMG注射の副作用に多胎妊娠も
多胎妊娠の確率は、hMG注射を打った人の1割程度です。

不妊で悩んでいる女性にすれば妊娠できて嬉しいかもしれませんが、多胎妊娠にはリスクもあるので喜ぶだけではいられません。

赤ちゃんが増えれば、血液も倍必要に必要になるので悪性貧血や妊娠高血圧症候群にもなりやすくなってしまいます。

赤ちゃんに血液が上手く運ばれなければ、成長が上手く出来ずに流産や発育不全のリスクも高くなります。

これを防ぐ為には、検診での細かいチェックや入院など色々と負担が掛かります。また自然分娩が難しくなり帝王切開になることなど、出産にも影響を与えることにもなります。

多嚢胞性卵巣症候群の人はhMG注射で副作用が起きやすくなります


排卵障害の1つである多嚢胞性卵巣症候群は、卵胞が多くできやすいためにhMG注射で卵胞を成長させると、1つの卵胞だけでなくたくさんの卵胞が一度に成長しやすくなるのです。

排卵しやすくなると同時に、副作用も非常に高いので治療する時には、医師とよく話し合いながらhMG注射を利用しましょう。

hMG注射が必要なら副作用はあってもやるべき!hMG注射の費用は?

不妊治療は高額と言われるので、hMG注射も回数が多いと出費が心配になります。
このhMG注射の費用はクリニックや病院により異なるのですが、大体は数千円程度です。

\今飲んでいる葉酸サプリは本当に安心できるものですか?

《一つでも当てはまるなら見直すべき》

安いだけで選んでしまった
葉酸の原料がなんであるのか記載されていない
添加物が多く含まれている
葉酸の必要な保有量が確保されていない
農薬や放射能チェックが行なわれていない
過剰摂取に注意したい成分が多い

hMG注射はどれくらいの間隔で打つの?

排卵障害の人には非常に効果的ですが、原因によっても注射を打つ期間は異なりますし、量も変わります。仕事を持っている場合には、1日おきであったり状態によっては毎日注射を打ちに病院に通わなくてはなりません。

病院によっても、hMG注射の量も異なりますので、治療を受ける時に説明をしっかりと受けましょう。量をどのようにするかは個人の身体に合わせますが、hMG注射を使うタイミングは決まっています。少しでもhMG注射効果を高める為に妊娠しやすい身体作りをしていきましょう。

hMG注射だけに頼らない!副作用を抑えて妊娠しやすくなる為に

不妊治療は排卵障害のある女性によっては、非常に効果が高くあらわれます。ただ卵胞をつくり排卵しやすくなる為に、そして妊娠確率を高くする為には質の良い卵子を作る事が必要です。それだけでなく精子の質も絶対条件の1つになるので夫婦共に生活習慣を高めておきましょう。

妊娠確率を高くするのは規則正しい生活習慣

運動
私達の身体は体内時計で管理されています。

朝日が登れば目覚め、日が落ちると自然に眠くなるようになっているのですが夜更かしの習慣をつけてしまとたりデジタル機械を寝る前に使うと「眠れない」「睡眠が浅い」事が癖になり生活リズムが狂ってしまいます。

またアルコールの摂取や喫煙、外食が多くなれば添加物や有害な物質を身体に溜め込むことになり妊娠力を低下させます。
ストレスを溜めやすく、発散が上手でない人も気をつけるべき。

睡眠はストレス解消にも効果的ですから、少し早めに眠るようにしてリズムを取り戻していきましょう。

ベビ待ちのストレスが身体に与える影響

運動は必須

卵子や精子が活発に生産される為には、細胞の核であるミトコンドリアの増加がとても大切です。

睡眠不足の人や運動不足の人はミトコンドリアの生産がよくありません。

筋肉をしっかりとつけて動かす事によりミトコンドリアが活性化し良い卵子や精子を作り出します。このミトコンドリアを活性化させる為には、バランスの良い食事が大切です。

食生活の改善

規則正しい生活の中には、この食の改善も含まれています。

特に添加物を多く含む食べ物はできる限り控えるようにしましょう。

着色料や甘味料、保存量は勿論です化学調味料にも気をつけたいもの。インスタント食品だけでなく、ファーストフードやコンビニ食品にも使われています。全てを0にする事は難しくても、減らしていく事を考えできるだけ摂取を控えるようにしていく事で身体に蓄積しないようにしていけます。

また、蓄積された添加物を排出する為に、白米を玄米にする食物繊維をたっぷりと摂取し排便をスムーズにする事、肝臓機能を高めるブロッコリーやキャベツの量を増やすなど工夫をしてください。

卵子の質をあげてhMG注射効果をアップさせるには葉酸を摂取しよう


葉酸には色んな効果があり、卵胞の発育をサポートする力があります。血液を作る力やDNAや細胞に関わる葉酸は、代謝や免疫力を高める力も備わっているのです。

卵子を若返りさせる方法とは?

妊娠力を高めるには、全ての栄養をしっかりとバランスよく摂取する事が大切ですが、特に葉酸は細胞レベルに働きかけて卵子の老化を防ぎ、育ててくれます。葉酸だけを摂取するのではなく、バランスよい栄養をしっかりと摂取する為にはサプリを利用すべきです。

hMG注射と葉酸サプリで妊娠力を高めよう

葉酸は食べ物の中にたくさん含まれていますが、熱に弱いために効率よく摂取をするのが非常に難しいのです。

特に妊娠初期には不足すると、赤ちゃんの成長を妨げてしまいます。妊娠前から葉酸を摂取する事により、卵子の成長を促して妊娠しやすくしてくれます。

食事だけでは摂取が難しい葉酸は良質のサプリを飲むことでカバーすることができるのです。

特に葉酸以外の鉄分やミネラル、ビタミン類などがバランスよく含まれている葉酸サプリを選べばhMG注射の効果をより高くして、排卵がしっかりおこなわれ妊娠しやすくなるのです。このように少しでも副作用を減らす為には、身体をしっかり作っておくこと。

その為には葉酸サプリの摂取を忘れないでください。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

産婦人科の女医

赤ちゃんの先天性異常には脳の未発達によるものと脊髄の形成が不完全である障害があります。特に脳の形成が上手くいかずに成長すると多くの赤ちゃんが死産になってしまいます。出産しても1週間以内に死亡するケースが多いのです。

葉酸は食事でも摂取されていますが、妊娠すると通常の倍の葉酸を必要とするので半分ぐらいが不足している事になります。脳の先天性異常は妊娠初期の14週のエコーで発見される事が多く、脊髄の奇形は妊娠中期のエコー及び血液検査で判明します。先天性異常の原因は、遺伝や妊娠までのママの生活習慣だけでなく「葉酸不足」が考えられます。

特に葉酸を妊娠前から摂取する事により、先天性異常リスクに有効であるとされています。葉酸は赤ちゃんが受精卵から胎児へと成長する為に脳や脊髄の形成にとても大切な働きをしてくれます。妊娠したい女性はサプリを利用して必要な葉酸量を摂取しまし、先天性異常予防をしていきましょう。

元気な赤ちゃんを産みたい方必見!今飲んでいる葉酸サプリは本当に安心できるものですか?

失敗しない葉酸サプリの選び方!

-->