多嚢胞性卵巣症はサプリで改善する?多嚢胞性卵巣症におすすめなサプリは?

fig5
多嚢胞性卵巣症はそもそもサプリで治るのでしょうか?なぜ多嚢胞性卵巣症がサプリで治るのかを詳しく説明していきたいと思います。また、多嚢胞性卵巣症候群は年々、その存在が明らかになりタレントの告白により多くの女性が同じ悩みを抱えている事を知りました。

女性しか妊娠する事は出来ませんが、皆が妊娠出来るわけではありません。

各々に事情があり、妊娠したくても授からない人もいるのです。

少子化問題や待機児童問題と同時に「高齢化する結婚適齢期」が取り上げられ、女性は子供を生むべき等と論点のずれた話が出るたびに「あなたたちに何が分かるの!」とテレビの前で何度ども泣きました。

妊娠したくてもできない問題を抱えて、懸命に前に進もうとしている女性がたくさんいます。

多嚢胞性卵巣症候群は病気ではなく体質だとも考えられています。

だったらサプリで体質改善をしていこう!
多嚢胞性卵巣症候群の疑いありと診断された私が妊娠出来たのだから、皆さんも出来ない筈はありません。

どれだけの時間を掛けても、絶対に赤ちゃんを授かりたいならサプリで体質改善をしていきましょう。

多嚢胞性卵巣症候群はピニートル入りのサプリで解消しよう!

多嚢胞性卵巣症候群はサプリメントで!
ブーゲンビリアという花を知ってますか?

熱帯性の植物で、南アフリカや中央アメリカに分布する樹木です。

このブーゲンビリアから抽出されるビニトールが血糖値の正常化に有効な、天然のインスリン成分と言われています。

ピニートルは、イノシトールというビタミンBの一種類で、血糖値が高くなると体内から消えてしまう成分です。

これが無くなると、糖尿病の合併症を起こしてしまい自立神経の機能が乱れます。

これがホルモン分泌にも関係し、下痢や便秘に生理不順だけでなく、血糖値への悪影響も出るためにこれら全てが重なると卵巣機能が上手く働かずに多嚢胞性卵巣症候群へと進行します。

ピニートルは、血液中のブドウ糖代謝を促進する有効成分でもあり、インスリンと同じ働きをする事で過剰分泌を抑え結果的にホルモンバランスを整えてくれるのです。

サプリを飲む前にピニートルが身体で働く仕組みについて知っておきたい!

ブドウ糖をグリコーゲンとして、身体のエネルギーに変換するためには糖輸送担体と呼ばれるものが働かなくてはいけません。

ピニートルはこの働きをサポートして、細胞にブドウ糖を取り込む役目をします。

その後には、肝臓にブドウ糖が運ばれてグリコーゲンの元になりインスリンが働くと血液中のブドウ糖を細胞に送り出していきます。

この働きが低下すると、インスリンが上手く働かなくなるので細胞にブドウ糖が届かずに血糖値が高くなりエネルギーとして使われません。

この原因になるのが、脂肪細胞の肥大化であり肥満が糖尿病の原因とされる所以です。肥満は見た目だけでなく、内臓脂肪にもあるのす。

ピニートルを摂取する事は、インスリンの働きを正常化し卵巣内の感受性を高め、ホルモンバランスを正常にし卵胞の成長を促すだけでなく身体の機能を回復する力にも繋がります。

これが多嚢胞性卵巣症候群による不妊に有効だと考えられ、アメリカで治療に使われているのです。

ピニートルは不妊治療の救世主


欧米では婚活サプリとしてピニートルが広く利用されています。

脂質の多い食事で肥満大国と言われるアメリカの女性の不妊原因は、多くが多嚢胞性卵巣症候群と言われています。

その為に、ピニートルを処方し継続していく事で排卵障害が改善されたと臨床報告もされ、日本でも糖尿病治療だけでなく不妊治療にピニートルが注目されるようになりました。

多嚢胞性卵巣症候群は体質的な問題だった!

多嚢胞性卵巣症候群と診断された女性の多くが「男性ホルモンが多い」と言われています。

女性ホルモンと男性ホルモンは、お互いにバランスを取りながら身体の中で色んな働きをしているのですが、体質的に男性ホルモンが多いとインスリンの分泌過多と重なり排卵障害を起こしやすくなるのです。

多嚢胞性卵巣症候群の妊娠率ってどのくらい?

多嚢胞性卵巣症候群の妊娠率ってどのくらい?
多嚢胞性卵巣症候群と診断されると、妊娠出来ない確率の方が高いんじゃないのか?そう思うでしょう。確かにすぐに妊娠する事は難しいかも知れませんが、治療・多嚢胞性卵巣症候群に効果のあるサプリを飲めば妊娠できないとは限りません。

何をどうすれば、妊娠確率が上がるのか実際にはどれくらいの人が妊娠できているかを知りたいですね。

日本では多嚢胞性卵巣症候群の妊娠確率データーは発表されていませんが、海外では色々と研究がされていて希望のある妊娠確率です。健康な女性の妊娠確率が91.6%、多嚢胞性卵巣症候群である女性の妊娠確率は86.7%です。

これだけをみると可能性が0ではなく、不妊治療を含むとかなり高いといえます。

この中で自然妊娠の確率だけをみると少し低くなり、63%が自然妊娠。残りの20%近くは人工受精や体外受精により妊娠にいたった計算になります。

多嚢胞性卵巣症候群の特徴として、卵胞が自力で成熟することができずに妊娠しにくい状態になっているわけですから、何等かの治療なしで自然妊娠するのは難しいともいえます。

排卵誘発剤を使用して排卵を促しタイミング法がマッチすれば、人工的な受精に頼らずに自然妊娠できるのです。

これを見ると、多嚢胞性卵巣症候群は治療や改善なくしては、妊娠確率が非常に低いので健康な女性と同じ土俵で考えるのは難しいと言えるでしょう。この研究データーは最新のものではないのですが、どれくらいの期間を多嚢胞性卵巣症候群と戦っていけば妊娠出来るかが問題です。

タレントの山本モナさんや矢沢心さんも、多嚢胞性卵巣症候群と診断され不妊治療を長く経験されています。

矢沢心さんは6年間、山本モナさんは高齢出産のリスクを背負いながらも治療を続けて三人のお子さんを授かっています。

排卵誘発剤とタイミング療法を続けていても、即座に妊娠確率が高くなるものではありません。排卵ができても、卵管が詰まり受精が出来なくなってしまう卵管閉塞を併発すると、これの治療もしなくてはならないのです。

排卵誘発剤の使用も長期的にすると、自力で排卵が出来なくなりますし流産の危険性も常に考えなくてはいけません。

精神的にも肉体的にも、時間が掛かれば掛かるほどに負担がつのる事もあります。

多嚢胞性卵巣症候群であっても、妊娠確率は低いですがあります。ただ非常に時間がかかり、簡単ではない事を頭にいれて「その確率を上げる」だけでなく、少しでも早く妊娠出来るようには何をすれば良いかを考えましょう。

多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できる?できない?!


結論から言えば「できます」。

妊娠希望する人にとっては、他人事として考えてはいけない問題で「できない」のではなく「妊娠しにくいのだ」という風に頭を切り替えて欲しいです。

この多嚢胞性卵巣症候群は、自覚症状がなく「赤ちゃんを授からない」と診察を受けて初めて自分がそうだと自覚するのが大きな問題だと思うのです。

自分では生理も毎月きちんとくるし、全然問題ないと思っていても多嚢胞性卵巣症候群である事で妊娠しにくい身体になった・・・なんて事も。

そんな事にならないない為にも、自分の身体を見つめて妊娠力を高めていきましょう。妊娠できないと諦めずに、妊娠しやすい身体にするためには、やはり生活習慣をしっかりと見直すことです。

山本モナさんは、健康にも非常に気をつかっていましたし運動習慣ももっていたそうですが、多嚢胞性卵巣症候群でした。となると、生活習慣の質にも多嚢胞性卵巣症候群が深く関係しているのではないかと思います。

自分では十分に栄養を摂取しているつもりでも、糖質や脂質、塩分が多かったり運動をしていてもストレスが多く身体が悲鳴をあげているかも知れません。

最近では、栄養バランスはもちろんですが血糖値の上昇がホルモンバランスを乱す原因となる事も指摘されています。多嚢胞性卵巣症候群は、誰もがなる可能性があるもので予防する事ができるものです。その為には、自分自身ができる事あらゆる事を試していくのが一番です。医学的な治療はもちろんですが、食生活を含む生活の質を高めることで多嚢胞性卵巣症候群を予防し、そして改善することができます。

特に肥満は、見た目の皮下脂肪だけでなく、隠れ肥満と呼ばれる内臓脂肪にも関係しています。この脂肪を減らして、代謝を高めホルモン分泌を正常にする為には今の生活を変えていく必要があるのです。

排卵チャンスを増やすためにも、生活習慣と食事、運動のバランスを含めて不足する栄養をサプリで補う事も考えるべきです。排卵誘発剤に頼るだけでなく、多嚢胞性卵巣症候群に効果的と言われるピニトールを含むサプリを利用して妊娠できる身体にする事も大切です。

サプリは薬ではないので、即効性があるものではありませんが、身体の様々な不調を改善するための基礎的な栄養となります。食事で全ての栄養がバランス良く摂取できれば誰も悩みませんし、辛い思いもしないでしょう。

ですが現実的に、それが出来ないから多嚢胞性卵巣症候群にもなってしまうのです。自身が妊娠できないのでは・・・と不安な人も、サプリに含まれる力を信じて赤ちゃんを授かる為に歩み出しましょう。

多嚢胞性卵巣症候群にサプリが良い理由とは

排卵障害は不妊の4割近い原因です。私も排卵障害で悩みましたから、その一人です。簡単に「排卵誘発剤でなんとかなるんじゃないか」と思いますが、多嚢胞性卵巣症候群の場合には卵巣に未成長のままの卵胞が残っています。

これを成長させる為には、排卵誘発剤が効果的ですが卵巣を刺激するために卵巣過剰刺激症候群リスクも考えられます。

飲み薬では、このような副作用は少ないのですが、未成熟な卵胞を成長させる為には注射で様子を見ながら排卵させていきますが、加減が非常に難しいのです。

それでも妊娠を希望する場合には、様子を見ながら治療を継続するので精神にも肉体的にもかなり負担が掛かります。不妊治療は、金銭的な問題だけでなくこの「心身の負担」のリスクが一番大きな問題だと思います。

どうしても赤ちゃんを授かりたい、そんな思いで始めた不妊治療が辛くて断念する人も少なくないのは、身体の負担も少なからずあるのではないかなと思うのです。

多嚢胞性卵巣症候群に効果的な「ベジママ葉酸サプリ」

ベジママ葉酸サプリ
初期の多嚢胞性卵巣症候群と診断され、生活習慣の見直しの指導から始まり投薬へと進みました。

やはり排卵誘発剤は、過度の使用で排卵かしにくくなるので、長期的には使用できません。

排卵チャンスも少ないので、妊娠すると本当に嬉しいのですが、やはり流産リスクも捨てきれません。

お医者さんからも「先ずは生活習慣と体質改善からゆっくり治療しましょう」と言われたので「焦らない事」を考えました。「健康でもこれだけは関係無いんですよ」と言われたことが救いでしたね。

それからは、食事や運動、冷えの改善を含めて行ってきました。

身体の色んなリスクを下げるためにも、自分で出来る事をやりたい!そこで始めたのは、葉酸サプリの摂取です。

ピニートルが含まれている、アイスプラントや大豆製品を積極的に食べてきましたが「ベジママ葉酸」にピニートルが含まれていると聞き直ぐに注文してみました。

ベジママは多嚢胞性卵巣症候群の人に勧めたいサプリ

ベジママ
婚活サプリと言えば、葉酸がメインで色んな栄養が含まれています。

タレントの利用者も多く、種類も増えてきました。葉酸は卵子の質を高くして、胎児の先天性異常リスクを軽減する効果があります。多嚢胞性卵巣症候群に効果的な、ピニートルを配合していてアイスプラント由来の天然成分です。

葉酸もしっかり400ug配合で、妊活サプリとしても優秀なものです。

ルイボスも配合で、より卵子を育て排卵しやすい強い身体作りに適してします。自社の植物工場で生産され、スクリーニングテストもしっかり行われているので安全性も高く安心して飲むことが出来ます。

数ある葉酸サプリでピニートルが配合されているのは、ベジママだけなので比較は出来ませんが、多嚢胞性卵巣症候群に悩む人なら選ぶべきサプリです!

マカや他の葉酸サプリでは改善されない辛い悩みを何とか自分で改善したいなら、サプリで体質から変えていきたいですよね。

体質は変えられる!その為にもサプリを利用しよう!

男性ホルモンが元々多い人は、女性ホルモンを上手く働かせるようにしなくてはいけません。

ピニートルは生活習慣予防の成分としても注目されています。

糖質や脂質のバランスを上手くコントロール出来ない人や血糖値が高い人も是非ベジママでサポートしてください。

治療だけでなく、自分自身も妊娠しやすい身体に向けて何かを始めなくては行き詰まってしまいます。

多嚢胞性卵巣症候群の改善だけでなく、食のサポートを同時に行い妊娠しやすい身体作りの為にもサプリの摂取は必要です。

初回価格なら半額ですし、完全返金保証もあるので試さないなんてもったいないですよ。

ベジママ葉酸の詳細

価格 5500円(税抜)
内容 1個120錠入り
1日目安量 4錠
特典・お得なコース 初回半額キャンペーン中➝2750円(税抜)
形状 タブレット
サプリの大きさ 10mm
発送 地域にもよるが早い地域で翌日にお届け
公式サイト http://vegestory.jp/
-->