低温期の過ごし方が妊娠に関わる?!

低温期
妊娠する為には、排卵がきちんとできることが重要ですが、その為には低温期の過ごし方にポイントがあります。

妊娠しやすいように身体を冷やさずに温める事と、卵子がしっかりと排卵できるように栄養を蓄えることが受精や着床確率を高くしてくれます。

この時期にどのように過ごすかで、今よりもずっと妊娠に近づく事ができるのならすぐに始めたいですね。
どんな栄養を摂取すれば良いのか、しっかりと身体を温める為にやりたいこと、そして低温期にはやってはいけないことをまとめていきます。

低温期はどうして過ごし方が大切なの?


妊娠する為には、低温期と高温期がしっかりと分かれていることが大切です。
確かに高温期は、排卵して妊娠するまでの大切な時期ですがそれを安定させる為には、低温期に妊娠しやすい身体を作っておく事が重要です。

この時期に身体を冷やしてしまっては、栄養が身体に吸収されにくく卵子の親元になる卵胞が育たなくなります。

受精する為には、健康で若々しい卵子が排卵される事は絶対条件ですから、それが作られる低温期は慎重かつゆったりと過ごすこと。この勝負の時期の過ごし方を間違えると、妊娠力が低下してしまいます。食と生活リズムが鍵を握るので、できる事から順に始めましょう。

低温期の食事を見直すことが大切

大豆イソフラボンが豊富な食材

大豆イソフラボン
女性ホルモンの構造に近く、食材で摂取できて自然で副作用もなし。

ただし摂取しすぎは、反対に女性ホルモンのバランスを崩すとされるので注意が必要です。

豆腐なら半丁、納豆は1パックで十分です。サプリで補給する人は食材を控えるなどしてコントロールしてください。
更年期以降は、できるだけ積極的に摂りたい大豆イソフラボンですが、過剰摂取は不妊の原因を作り出してしまうので注意が必要です。

良質のタンパク質

タンパク質
タンパク質にはアミノ酸が豊富で、身体のエネルギーを作る大切な働きを担います。

血行促進にも、タンパク質は重要ですしコラーゲンもタンパク質の1つですから、女性としては良質のタンパク質をしっかりと食事で摂取したいもの。だからといって食べ過ぎると脂肪になり、体重増加に繋がるので摂りすぎもよくありません。

鶏の胸肉やささみ、豚や牛はヒレをセレクト。魚なら鮭や鱈がおすすめです。運動をしっかりするとエネルギーとなり身体を元気にしてくれます。


\妊娠したい体を作るなら葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
ベビ待ち・妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

ビタミンE

ビタミンE
若返りのビタミンとも呼ばれますが、妊活にも欠かせない栄養で造血効果や、子宮内膜の強化に役立ちます。流産予防にも効果的ですから、食事だけでなくサプリにビタミンEが含まれるものも利用しましょう。葉酸サプリにも、このビタミンEがしっかり含まれているのが条件です。

低温期には冷え対策と温活を


とにかく低温期の冷えは、子宮内膜強化に影響を与えるので絶対に行うべきもの。冷えないようにするのはもちろんですが、身体の中からポカポカにする事がもっとも大切な事なのです。

運動でしっかり体温を上げる

低温期にはエストロゲンの分泌が高まるので、卵胞を育てる大切な時期です。体調や精神的な面でも、生理が終われば登り調子。だからこそ、運動にも前向きになれますし、血行もどんどん良くなります。

全身に働きかける有酸素運動だけでなく、筋肉をしなやかにする無酸素運動を加えると、じんわり身体に効いていきます。やはり歩く事が一番の運動。無理せずに、時間のある時やバス停を幾つか徒歩にするだけでも効果的。朝や寝る前のストレッチやヨガを加えると、インナーマッスルも鍛えられてより身体が強くなります。

表面的な体温を上げるだけでなく、内臓の温度を高くする為にも運動は不可欠。内臓の冷えは、不妊や流産に繋がるので、外部の冷気を遮断すると共に内部から身体を温めていきます。

良質の睡眠

睡眠中には、体温が下がり朝には上がるのが普通です。

日中の活動で、身体の奥の血液が活発になると内臓の温度も上がります。
それをキープするには、ぐっすりと身体を休めて細胞の生まれかわりを促進すること。疲れを癒す睡眠が、低温期に取れているかで妊娠しやすくなるかならないかが違いますよ。

生理中の低温期は癒しの時間を持つこと

低温期の初期は、生理期間にあたり、身体の余分なものが出ていく期間です。子宮内膜がはがれていきますから、子宮が収縮し胃腸の調子も悪くなりますし、生理痛や腰痛も現れます。骨盤も開く時期ですから、頭痛も起きやすくなりますね。

この期間は、無理に激しい運動はせずにストレッチやヨガでリラックスしましょう。

頭蓋骨も動いていますから、頭を振ったり刺激すると骨盤が歪みやすくなります。

この生理期間は、より身体を温める食事と冷やさない工夫を強化します。
動物性のタンパク質は控えて、余分なものを溜め込まないような工夫をしてください。
温かい野菜スープやルイボス、ハーブティーは排泄を促すのでおすすめです。

低温期はメンタルを強くするようにリラックス

生理が終われば、テンションも高まりますが、どうも生理が終わってもスッキリしない人はエストロゲンの減少が考えられます。食事や運動、冷え対策だけでなくメンタルケアもしっかり行いましょう。

ストレス解消

人間はストレスを感じると、身体が緊張してしまい筋肉が固くなってしまいます。

これでは温活をしても、効果が現れません。身体を解放する事で、メンタル面も安定していきます。

無理なマッサージよりアロマやお香で気持ちを軽くしたり、音楽を聞いて脳を安定させてみてください。
ストレスは誰にでもあるもの。自分に適した解消方法が必ずありますから、色んな事を試してみると良いですね。

低温期の身体を整えるなら葉酸を

妊活だけでなく、全ての人間が元気に過ごせているのも葉酸のおかげです。

野菜に多いのですが、動物性の食品にも多くバランスに優れた食事を心掛ければ摂取は可能と言われています。

妊娠期には、食品以外からも摂取が好ましいのですが、低温期は妊娠する為の大切な期間ですから特に葉酸を忘れてはいけません。

早くから葉酸を摂取することで、生理不順を解消したり基礎代謝を高くしたりと素晴らしい効能があります。
子宮内膜を強化するのも、葉酸が効果的。血行促進や、精神安定にも効果的ですから妊娠力を高める低温期には忘れずに摂取したいですね。

低温期の食事ではまかなえないものは葉酸をサプリで!

水溶性のビタミンなので、食事だけでは吸収率があまりよくありません。

だからといって、生の野菜ばかりでは身体を冷やしてしまうのでこれも考えもの。これを解決する為には、吸収率の高いモノグルタミン葉酸サプリを利用してみましょう。

妊活の為には、お酒やタバコも控えたいもの。特に葉酸は、このような嗜好品との相性がよくありませんので、低温期だけでなくやめるように努力すること。

タバコは細胞のダメージを高くしますし、アルコール分解には葉酸が多く使われます。これをやめるだけでも、葉酸の吸収率が高くなります。

また緑茶やコーヒー、ウーロン茶や紅茶に含まれるタンニンが吸収を妨げるので、低温期の飲み物も気をつけてください。低温期を元気に、そして排卵までを健やかに過ごす為にも、いつもよりももっと身体に気をつかいながら葉酸をしっかりと摂取する事が大切です。

食事だけサプリだけでなく、どちらもしっかりと摂り入れていく事が低温期をより素晴らしいものにしてくれるのです。


\妊娠したい体を作るなら葉酸は常識です/

《不妊解消・流産予防に》
平成14年から国が
ベビ待ち・妊活中の方に「葉酸」を推奨しています。

\私が妊娠できたのはベルタ葉酸サプリのおかげ

私は35歳からベビ待ちで、不妊治療もしましが、流産を2回し、
そのあと2015年の12月やっと妊娠し、元気な女の子が生まれました。

\赤ちゃんのダウン症・自閉症の予防も/
ベルタ葉酸サプリは人気があるのですぐに
月の分がすぐ完売する事だけが難点

妊娠したい

もちろん先天性奇形を予防もこんな効果を期待する人にオススメ

赤ちゃんのダウン症・無脳症の予防も
男性の精子の染色体異常のリスクを軽減
卵子の発育障害予防の効果
流産予防の効果
不妊解消の効果
貧血の予防の効果

関連ページ:
葉酸って?という方はこちら

関連ページ:
ベビ待ちの方必見!葉酸は妊娠しやすい体を作ってくれる!?

関連ページ:
ベルタ葉酸サプリに詳しく知りたい方はこちら

-->